トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

フッ化水素酸で、女性の足の一部を壊死させた男を逮捕

フッ化水素酸で殺人未遂、靴に塗り足の一部壊死(読売新聞)

(記事より一部引用)
静岡県警は28日、山梨県山中湖村平野、会社員深沢辰次郎容疑者
(40)を殺人未遂の疑いで逮捕した。発表によると、深沢容疑者
は昨年12月5日頃、静岡県内の勤務先で、同僚の40歳代女性の
靴の中にフッ化水素酸を塗り、女性を殺害しようとした疑い。女性
は左足の一部が壊死(えし)し、全治3か月の重傷。
(引用ここまで)

深沢容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している模様。しかし、
容疑者は勤務先でフッ化水素酸を取り扱える立場にあったとか。動機
は深沢容疑者の恋愛感情にあったと見て追求しているそうです。

しかし、やる事がえげつない。フッ化水素酸は骨まで侵すという危険
な物質ですよ。金属だけでなく、ガラスですらも溶かせる大変危険な
物質です。とにかく人体に触れると内部に浸透して行くから恐ろしい。
フッ化水素酸のガラスの腐食~ガラス板~

仕事で扱っている人間なら恐ろしさを熟知していたはず。それだけに、
こうした手口には憤りを感じます。被害に遭った女性は、左足が壊疽
して足の指を5本とも切断しなければなりませんでした。犯行に及んだ
者は、こうなる事を予見出来ていたはずです。それだけ危険な物質な
のですから・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]