トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

NTT謹製のスパイウェア、やはり問題になって中止!!

NTT、ネット調査中止…カード情報取得に批判(livedoorニュース
・読売新聞)


(記事より一部引用)
NTTグループが顧客を対象に予定していたインターネット利用
調査で、クレジットカード情報やメールの内容がNTT側に送信
される仕組みになっていたことが批判され、1日、調査を見送る
ことを決めたことが分かった。

同グループは「説明が不十分だった」と謝罪している。
(引用ここまで)

今回の調査は、パソコンやスマートフォン利用者を対象にして行わ
れるもので、今月8日から7月31日までを実施期間としていました。
調査に協力する人は、NTT側から提供されたアプリを入れる必要が
あり、閲覧したサイトの画面や位置情報、通話日時などがNTTに送
られる仕組みとなっていました。

調査内容の性格上、個人情報の収集になる事からそれなりのリスク
があるせいか、協力者には最大9000円相当のポイントが贈呈される
予定でした。NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモの三社には、既に
3万件近い応募が集まったとか。

ところが、ここで大問題が発生。

提供されたアプリを初期設定のままで使うと、金融機関のサイトで
キャッシュカードを使ったり、他のサイトでクレジットカードを利用
した場合に、暗証番号や口座残高も送信されるようになっていた
ことが判明!また、本来は権限がないと閲覧の出来ない情報までも
NTT側に送信されるようになっていました。

暗証番号や機密情報を入手してどうするつもりだったのでしょうか?

別の記事によると「モニター参加者のプライバシーが守られない可能性
があるなどの意見がSNS上で多数掲載され、安心して参加いただくため
に見直すべき点があると判断した」と弁明。ネットで散々叩かれた事を
認めています。

調査目的は「多様な端末環境におけるネットワークのご利用状況の客観
的把握および、多様な端末環境における情報収集技術の開発と検証」で
した。今回はその中の「情報収集技術の開発と検証」でつまずいた格好
です。

当初の説明は、HTMLのデータを取得する時はネットバンク・SNS・Web
メールなどの情報を取得しないように設定してあるというものでした。
ところが、クレジットカード番号などの情報収集については、ユーザー
側で拒否設定をする必要があり、この事が問題視され始めます。NTTは
カード情報を取得しても活用することはないと説明してありましたが、
やや配慮に欠けていたと言わざるを得ません。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]