トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

ワタミグループの店よりも悲惨な店があった!

渋谷センター街飲食店の24歳「名ばかり店長」が過労自殺
月200時間残業でもパワハラ上司が休み与えず(MyNewsJapan)


(記事より一部引用)
飲食チェーン「ステーキのくいしんぼ」渋谷センター街店の店長だった
和孝さん(当時24)は、パワハラ上司による徹底的な支配の末、毎月
200時間ほどの残業にも関わらず「無駄遣いするから」と休みを貰えず、
死亡前7カ月間に取得できた休みは2日だけ。勤務後、朝まで遊びに連
れ出されることもたびたびだった。和孝さんは勤務直後の2010年11月
8日午前1時ごろ、店舗が入るビルの非常階段の踊り場で首吊り自殺し、
2012年3月、渋谷労基署が過労自殺だったと労災認定した。

◇「ソースがないから買って来い」と上司休みに
◇「なぜ休日を与えないのか」心配する執行役員も
◇店長になっても状況変わらず
◇アパートの水道使用量、1年でわずか12リットル
◇残業は月200時間、8カ月で1355時間と労基署
◇「名ばかり店長」認定、奪われた残業代など給料上回る
◇「上司が帰らないから帰れない」
◇上司からの電話で顔面蒼白 死亡直前
(引用ここまで)

ソースが無いから今から買ってこいと、休みの店長にわざわざ電話を
する糞上司。人の貴重な休みを誰でも出来る雑用でダメにすると言う
鬼畜ぶりに涙が出て来ます。

「ステーキのくいしんぼ」を展開している株式会社サン・チャレンジ
の社長は「売上げのいい誰々店長は今月1日も休んでいませんよ。
あなたは何日休んだの」と月1回の店長会議で、休むことを非難する
様な発言をしていたとか。また、売り上げが落ち込んでいる店長に
対しては「業務への取り組み方が悪い。それはあなたの人格が悪いか
らだ」と人間性にまで踏み込んで発言していたそうです。

「ごちそうさまでした。又、来ます。」と言われるような店作りや
人づくりを望む社是を掲げておきながら、実態は社長やパワハラ上司
による追い込みが際立つ超ブラック会社でした。こんなにも使用人を
生殺しにするような話は聞いた事がありません。従業員が自殺する様
な飲食店に、一体誰が喜んで食べに行くと言うのでしょう。

自殺した店長の父親もまた、この会社の社員だったそうです。その
父親は、息子が自殺してようやく異常だった事を感じ始めた様ですが、
時既に遅しです。自殺した息子はもう二度と生き返らないのですから。

上司のエリアマネージャーはまだ20代。自殺した店長に休みを与えず、
月に200時間を超える長時間労働を強制していました。また暴力を日常
的に受けていたことで過労以外の問題も抱えていた様です。

自殺した息子を会社に引き入れたのは父親でしたが、特別扱いはして
いなかったそうです。にも関わらず上田社長は「親子で働いていると
甘やかすことになる。正社員にして別々に働くべきだ」「(和孝さん
のことは)私に任せなさい」として、親子を引き離しています。結果
的にパワハラ上司のせいで息子は踏み潰される事になりました。社長
は父親と交わした約束を果たせなかった事になります。

この上司は店長に恨みでもあったのでしょうか。女性とのデートを
わざわざ邪魔する姑息な行動は、嫉妬や恨み、妬みでもなければ考
えられないことです。自分の行いを恥ずかしいと思わなかったので
しょうか。

とても恥ずかしい事をするエリアマネージャが重用される様な会社
は、とても恥ずかしい会社だと思います。そう言う会社の社長は、
顔を赤くして外を歩く事も出来ないのではないでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]