トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

資産運用会社のMRIインターナショナルへ強制調査

MRI社、顧客資産1300億円消失か 監視委強制調査(朝日新聞)

(記事より一部引用)
資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)
が、うその広告で顧客から資産を集めていたとして、証券取引等
監視委員会は26日、金融商品取引法違反(誇大広告)の疑いで
同社などに強制調査に入った。同社は日本国内の顧客約9千人か
ら預かった約1300億円を運用していると説明しているが、
その大半が失われた可能性があるという。
(引用ここまで)

1998年に設立されたMRI社。東京都千代田区に事務所を構える
外資系の資産運用会社です。本社は米国のネバダ州にあります。

MARSと呼ばれる金融商品(保険会社に診療報酬を請求できる権利
を債券化したもの)を扱っており、年利で6~8.5%の資産運用が
可能と宣伝していました。芸能人などを登場させるなどして信用
を作り、富裕者層を中心に顧客を集めていたとか。会社の発表で
は約8700人の顧客がおり、約1365億円を預かっているとされて
います。

実はこの会社、2013年版のパンフレットを作成するなどしており
今後も勧誘を続ける方針だった事が判明。これに危機感を持った
当局が是正処置に踏み切ったと言うのが実情らしい。また金融庁
は、金融商品取引業者の登録を取り消した上で、顧客へ財産を速
やかに返還するなどの業務改善命令を出しています。

どうやら配当の支払いも遅れていたようですね。もっとヤバイの
は、出資金を他の客への配当や償還金として充当していたこと。
他にもいろんな虚偽説明や事実と異なることが監視委員会の調査
で判明しているそうです。

AIJ投資顧問の事件では、貴重な年金の掛け金が搾取されてしま
い大きな波紋を呼びました。今回のMRI社の場合、対象が富裕者
であったことから社会的な混乱には至らなさそうです。

とは言え、貴重な財産を食い潰されてしまうのは不合理。関係者
の責任追及と刑事訴追を真剣に検討すべき事案ではないでしょう
か?

日本には同業者が1000社以上もあるそうなので、他にもマズイ事
になっている運用会社があるかもしれませんね。規制当局の監視
も完全には届いていないと言うのが実情ですから、資産運用先と
してはリスクが高いと思うべし。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]