トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

最近パソコンの調子が悪いので・・・その後の後の後の後の後の後

前回の続きです。

時代はブルーレイだと言うのに、私の家では未だにDVDが活躍中。
特に、10年ぐらい前に買い込んだCD-Rなどが未開封のまま残され
ております。DVD-RAMだけを見ても、ざっと100枚はありますね。

で、ちょっと困った事が・・・。

手元のCD-Rは年数が経過し過ぎていて色素が痛んでしまったのか、
読み書きの出来ないメディアがちらほら。まあ、これはいいんです。
重要なデータはHDDかDVD-RAMに退避済みですから。CD-RWもある
のですが、こちらは問題なく使用出来ました。意外とタフみたい。

問題はDVD-RWなのです。

手持ちの10枚(全てTDK製)が全部認識不能になっておりました。
フォーマットも受け付けません。このディスクを読み書きする時
に使っていたB's Recorder GOLDも、どこに行ったのか分から
ない始末。

何でも、DVD-RWの様な書き換え可能型メディアは結構シビアな物
らしく、書き込みソフトやドライブが違うだけで問題を起こすとか。
要するに、書き込んだ時と同じ環境でなければ満足に扱えない代物
らしい。しかし、そんな大昔に使っていたドライブやソフトなんか
もうありませんよね。だから何をしても無理で、読めないし書けな
いしちっとも先に進みません。

そこでフリーソフトのImgBurnを試してみる事にしました。
The Official ImgBurn Website

ちなみに英語版なので、使う時は日本語化しておくと便利です。
ImgBurn(日本語化工房)

ImgBurnは下記の用途に使える便利なソフトです。

1)読込・・・DVDディスクからISOファイルを作成。
2)構築・・・HDDのファイルをISOファイルに変換。
3)書込・・・イメージファイルをDVDへ書き込む。
4)ベリファイ・・・ディスクから読み込んでチェック。
5)検出・・・別の機能と連携してメディアやドライブの特性を表示。

検出の機能をフル活用するには、DVDInfoProと言うソフトが別に必要
です。→DVDInfoPro(日本語化工房)

なお、表現は「検出」となっていますが、読み書きテストを行ってい
るので中のデータは消えてしまうようです。大事なメディアは、可能
な限りバックアップを済ませてから扱うようにしてください。

さて・・・

一見すると万能に見えるImgBurnですが、実際の機能はかなり限定的。
プロテクトのかかったソフトなどはコピーする事が出来ません。まあ、
一般的なバックアップや保存には最適なツールだと言えます。何よりも
強力なメディア修復機能を持っているそうなので、使えなくなった書き
換え可能メディアをレスキュー出来るかもしれませんね。

まずは、普通に消去を試してみました。ディスクに問題がなければ無事
に済むはずです。高速と完全が選べますが、高速は後々で書き込みミス
を誘発するリスクがあるので完全を選択しました。処理に時間はかかる
けど、こちらの方がより確実みたいです。

暫し待ち (;´Д`)y─┛~~

・・・

Oh no!

(゚Д゚)ハッ!

び、びっくりしたあ。このソフト喋るぞwwwwwwwwwwwwww

どうやら失敗した模様。←おいw

うーん、最後の辺りまで来たらエラーになる。まいったなあ。

次に
ImgBurn
のリゼロを試してみました。

リゼロは、ドライブのレーザー位置をLBA0の位置に戻して初期化を行う
もので、読み書きの出来なくなったメディアを復活させる可能性があり
ます。(とは言え、この作業をすると中のデータは消えますがw)

でもまだ不完全なようです。

次に試したのがキャッシュの同期。
ImgBurn2

これの目的は、書き込みに失敗したディスクの同期を取り直すことです。
これによりメディアが復活するかもしれませんし、しないかもしれません。
(これも中のデータは消えると思います。)

・・・うーん。

ダメだ。やっぱり失敗する。メディアが悪いのかなあ。

どうもDVD-RWの場合は、その反射率の低さからDVD-R以上に気難しい
メディアらしく、特にメディアに対してファイナライズとかしてあると、
違うパソコンのドライブでは操作不能になる事があるんだそうですよ。
ファイナライズした覚えはないけど、しなかったと断言するほど確か
でもないので・・・。

うぬぬ・・・

と言うことは、DVD-RAMをバックアップ用に大量ストックしていた事は
決して無駄ではなかったと言う事か。なにせ、DVD-RAMは一枚もトラブ
ルを起こしていなかったので、光学メディアとしては優秀なんですねえ。

ああ、喜んで良いのやら、悲しんで良いのやら、はあ。

ちなみに、1枚だけ持っていたDVD+RWも使って見ましたが、コイツも
使えねえww ドライブが悪いのか、メディアが劣化しているのか、
Vistaだからダメなのか・・・・もう面倒臭いので、DVD-RAMだけを
使うようにしようかなw

(追記)
あれから色々試行錯誤をしていたら、ストップエラーが出ました!
ImgBurnを使ってDVD-RWへアクセスしている最中に発生。手持ちの
DVD-RWが全部使えなくなっているので検証をしようとしている時に
起きました。

信じたくはないですが、Intel Rapid Storage Technology(IRST)が
怪しいようです。もともとIRSTはSSDとHDDの制御に関係しているので
すが、考えてみたらDVDドライブもSATA接続なので影響を与えている
気がします。

そこでIRSTを削除し、Standard AHCI 1.0 Serial ATA Controllerに
ドライバを戻してみたところ、見事に不具合が解決。それまでの問題
が嘘のようです。

残念ですが、私の環境でIRSTの使用は鬼門だと言う事が分かりました。
これからもう少し情報を収集して検証して行きたいと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]