トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

「国の借金は、お札を刷り増せば返せるだろ」 会場「え?」

国の借金「刷って返せばいい」=財政ファイナンスを容認?
―麻生財務相(時事通信)


(記事より一部引用)
麻生太郎副総理兼財務・金融相は17日、横浜市内で行った講演の中で、
国の借金が膨らんでいる問題について「日本は自国通貨で国債を発行
している。(お札=日銀券を)刷って返せばいい。簡単だろ」と述べ
た。財政法が禁じている、財政赤字を日銀の貨幣発行で穴埋めする
「財政ファイナンス」を連想させる発言だけに、会場からどよめきが
起きた。
(引用ここまで)

とまあ、いつかは誰かが言い出しそうな事を堂々と言ってのける政権
与党の重鎮。ただ、麻生氏は「お金を出し過ぎて信用がなくなったら
金利は上がる」とも指摘し、際限のない通貨発行には否定的だとの事。
しっかり予防線を張っておりますね。

「日本の借金は970兆円に膨らんだが、金利は上がっていない。日本
は財政破綻の危機ということはない」と述べた麻生氏。

こうした発言は、金融市場に一定の影響を与えるので気を付けなけれ
ばなりませんが、局面で発言をしなければインパクトも得られないの
で難しいところ。今回は担当大臣として不安材料の消去案を提示した
に過ぎないと見るべきでしょうか。これによって、円安が過度に進ま
ない様に抑制する効果はあったと思われます。ただ、不安材料が減る
事で、再び円高へと戻って行く事を牽制する様な発言も見られたので、
麻生さんなりに硬軟を混ぜた発言をしている印象を受けました。

将来の心配をするなという楽観論・・・それが「財政ファイナンス」

禁術と言われる手法に手を染める日が来るのか分かりませんが、国債
による借金そのものが既に禁術に近いので、この国の借金問題は禁術
でしか解消出来ないのかもしれません。でも、国の信用を裏付ける上
でも、資本力以外に技術力も必要となります。売り物がある間は信用
も外貨も得られるでしょうが、怖いのは「売れるもの」「アピールが
出来る物」を失った時。少子高齢化の進む日本が、世界で生き残れる
かどうかは、社会構造の変革と新技術の推進が最大の肝ではないかと
思います。

そう言う意味では、民主党は何をしてくれたのだろう。そして、今の
政権与党は何をして行くのだろう。興味が尽きません。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]