トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

被害妄想の果てに・・・警察に突入した男を逮捕

滋賀県警本部に車突っ込む 容疑者を現行犯逮捕(テレビ朝日)

(記事より一部引用)
午後11時ごろ、大津市にある滋賀県警察本部の正面玄関に乗用車が
突っ込み、入り口のガラス扉を突き破り、1階のロビーで停止しまし
た。けが人はいませんでした。警察は、車を運転していた無職の森口
晃宏容疑者(35)を建造物損壊の疑いで現行犯逮捕しました。警察に
よりますと、事故当時、警察本部のロビーの床が燃えていて、警察官
が消火器で消し止めたということです。森口容疑者がガソリンのよう
なものをまいて火をつけたとみられていますが、取り調べに対し、黙
秘しているということです。
(引用ここまで)

ちなみに、犯行の動機はこちらに書いてありました。
http://grandiosebg.hatenablog.com/entry/2013/04/16/112704

(告訴状から一部引用)
1. 告訴人は以前からインターネットの利用履歴が流出しているのでは
ないかと疑いを抱きつつも確証は得られず、2010年10月頃よりインタ
ーネット上で趣味の翻訳小説を公開し、通信履歴、利用ウェブメール等
のパスワードが流出し騒ぎになる。

2. 告訴人は Mac の基本ソフトの再インストールを行うものの、状況
は変わらず。Windows でも同様であり、被告人宅の全てのパソコン機
器からの通信履歴が流出していたように思われる。

3. 利用していた携帯電話(スマートフォン)でのインターネット通信
履歴も流出していることが判明する。

4. SIM カードを別の携帯電話へ差し替えても履歴の流出は止まらず、
携帯電話の契約を解除する。

5. ネットカフェの通信履歴、図書館の貸出し履歴等も流出したように
思われる。

6. 2011年秋頃、インターネットプロバイダの契約を、一旦解除し、
2012年3月、再契約を行い、再インストールした Mac でインターネット
へ接続するも、履歴流出(Windows でも同様)。その後、自分の発言の
正当性をインターネット上で訴えながら、政治家、警察への調査等を依
頼する。

7. おそらく 2012年7月頃、告訴人宅へカメラが仕掛けられ、その映像、
画像がインターネット上に公開される。自らカメラの存在を捜索するも、
見つからず。

8. おそらく告訴人宅の自動車、原動機付き自転車への探知機を使って
GPSによる行動履歴および、行動先への盗撮カメラの設置も行っていた
と思われる。

9. 度重なる警察への調査依頼の結果、告訴人宅への調査をおこなって
もらうも、カメラは見つからず。インターネット上での画像流出は確認
できないとの返事をもらう。

10. 被告訴人はインターネット上の犯罪の発見が困難なことから、告訴
人を貶め自作自演を演じているように思わせ、警察の捜査を行わせない
ようにしていたように思われ、また精神的に追い詰め自殺へと向かわせ
ようとしていたと思われる。また、インターネットプロバイダとの再契
約直後、クリーンインストールした Macでの通信履歴が流出したこと、
及び家庭外でのネットワーク上の閲覧履歴の流出、目視、市販の電波探
知機でカメラが発見できないことから、非常に強力な国家権力級の組織
が関係した犯罪に思われる。このような犯罪が放置される限り、個人が
被害を防止する手だてはない。また、警察の簡単な捜査によって発見で
きず、警察のインターネット上の証拠が発見できないという報告では、
捜査の進展が見られそうにない。よってより大規模で公正な捜査の上、
被告訴人を厳重に処罰して頂きたく、本告訴に及んだ。

11. 尚、カメラが発見できないことから証拠が得られていないが、イン
ターネット上で情報提供の呼びかけを行い、直接の証言は得られていな
いものの、多くの証人がいることと思われる。また、現在でも盗撮は行
われていると思われるため、出来るだけ早期の捜査を期待する。
(引用ここまで)

で、この容疑者が示す証拠がこちら。
• 告訴人寝室、カメラ捜索のため壁をはがした写真 2枚
• トイレの便器の写真 2枚

それでも納得が行かないのか、「証拠の4枚は警察にも捜査していただき、
カメラが見つからないことを確認しましたが、実際にはカメラが存在して
いる模様。」と勝手に結論付けております。そして、警察が動かないと見
るや、この他にも活動を計画していました。

参院選に向けての供託金300万円の貸与、寄付のお願い(Togetter)

(記事より一部引用)
わたしの名前は森口晃宏です。なぜ参院選に立候補する必要があるのか
意味がわからない人もあるだろうということで説明します。わたしは数
年前からどうやら政府か米国かに監視されているようで、フリーター生
活から好きだったパソコン関係の職に就いたのですが、監視情報を職場
に流されたして、職、住所を転々としてきました。今現在は無職になっ
て数年になります。

自宅で無職になってからは、パソコン関係の職は諦め、翻訳でアルバイ
トでもして資格の勉強でもできないかと考えておりました。翻訳は趣味
と練習のようなものでしたので、ウェブ上に公開し、そこそこ話題を呼
んだようですが、監視されていた閲覧履歴などをウェブ上に公開されて
炎上したようです。

自殺も考えましたが踏みきれず、その後、それでも働かなくてはと思い、
近くの事務職なども応募しました。田舎で語学が必要な職ということで
見込みは高かったのですが、採用されませんでした。閲覧履歴などが流
出していたと思われるので、裏から嫌がらせなどがあったのかもしれま
せん。

インターネットを使うたびに、遠回しな嫌がらせとも取れるツイートを
目にしておりましたので、履歴、盗撮等が公開され続けました。警察へ
もメール、電話、直接捜査依頼もおこないましたが相手にされません。

そこで話題になるということは影響力にもなるのだろうと、政治的な発
言をしてなんとか、捜査をしてもらえるように方針を展開しました。
野田元首相、安倍総理、橋下市長にもツイートで捜査依頼をお願いして
おりますが、同様です。このことが政府あるいは米国による監視なので
はないかと疑っている理由です。

選挙に立候補するということは、衆院選の頃にもツイートしていたこと
ですが、衆院選の時はどの政党も相手にしてくれないだろうと、半ば諦
めていました。そうしている内にも監視は厳しくなったようで、ウェブ
履歴の解析とリアルタイムに近い盗撮、盗聴され、風呂場もトイレも監
視から逃れる場所はなく、さらにそのデータがウェブ上で公開されてい
るようです。

話が逸れたようにも思われますが、わたしが参院選に立候補したい理由
は、政治的な発言も多々おこなってきましたが、基本的には自分の犯罪
被害を正当に認め捜査してもらうことと、そのために公的な身分が必要
だからです。

経験と資金不足におそらく参院選には当選しないとも思われますが、
参院選に立候補することで、現状の問題を明らかにする一端になるので
はないかと考えていまし、この監視が続く限り仕事もなく、家族との関
係も悪くなる一方で、いずれ自殺しなければならなくなるだろうと考え
ています。
(引用ここまで)

・・・

一口に異常者と言ってしまうのは簡単ですが、NSAの活動を告発した
エドワード・スノーデン氏のケースもあるので、まったく的外れだと
言い難い面もあります。ただ、いささか思考が飛躍し過ぎている感じは
残りますね。

さて、米国に国家安全保障局と言う名のスパイ機関が存在する事は、
もはや公然の秘密であります。テロ抑止と言う大義名分のもと、様々
な通信記録を傍受していたわけですから、自分も監視されているので
はないかと不安になる人がいても不思議ではありません。

不思議なのは、日本国内に住む35歳の男が、なぜ盗撮や監視をされて
いると思い込んでしまったのかであります。少なくとも、無職の男に
アメリカ政府が接触を試みたり、行動を監視する事は皆無に等しいと
思うのですが・・・。

ところで、米国のアップル・コンピュータ社は、スノーデン氏の告発
を受けて声明を発表していますね。声明によれば、政府から情報提供
要請を受けている事は事実だと認めています。その数は直近の半年間
だけでも5000件程度に上るそうです。多くは失踪した子供や認知症者
の捜索、盗難事件の捜査や自殺防止などに主眼が置かれている様です。
従って、目的を逸脱していると判断すれば情報提供を拒絶する事もあ
ったとか。

振り返って日本ではどうでしょうか。

日本の場合は、米国ほどの情報収集は行われていないかもしれません。
むしろ、企業のポカミスで個人情報が勝手に流出しているケースの方
が多い印象を持ちます。そう言う意味でも、情報漏えいの結果が監視
社会の一翼を担っているのは間違いなさそうです。

問題はそうした問題があったとしても、普通の人はその事で選挙戦に
挑んだり供託金を集める事に精は出しません。日々の生活に手一杯で
そんな余力がないからです。

容疑者の場合は、盗撮や監視が原因で就職がうまく行かないと思い込
んでいた様ですから、真面目に問題提起をしようとしたのかもしれま
せん。気になるのは、そこに至るまでの詳細な証拠が見つからない事
であります。

被害妄想に至るのであれば、何らかの経緯があって然るべきでしょう。
そこに至る何かを示す事が出来なければ、例え警察と言えども相手に
はしてくれません。「なんとなく、そろそろアカウントが乗っ取られ
るかもしれません。」と不安を感じても、じゃあ証拠を出せと言われ
るのが関の山でしょう。

例えば、この容疑者は「電話の調子がおかしいので、公衆電話から
選管に連絡して、申請書等を明日とりにいく予約をした。」と書いて
いますが、電話は使用する環境次第でノイズが入ります。特にADSLで
ネット契約をしていると問題を起こしがちです。しかし、被害妄想を
抱く人は、そこに何らかの陰謀を感じ取ってしまうのでしょう。

一番よろしくないのは、本人もおかしい事をしていると認識している
ことです。過去のツイートからも、その様子が見て取れます。

「最初は誰が犯人なのかわからず、ただ現状を打開するために助けを
求めたり、結果として、事件を広めてがむしゃらに当てをつけて、政
府やらオバマやら、恨みがないと言ったら嘘だと思う。最終的には人
を人とも思わない金持ち連中だとわかって逆に安心してしまっている
所がないこともないと思っています。」

「こんなことを言うと本当に無責任と思われるかもしれませんが、本当
のところ、自分が大それたことをしているという実感がないことも確か
で、だから恐怖心も少ないのだと思います。今話していることも、状況
判断から察してもらうしかなく、頭がおかしいとしか思われないのを理
解しているくらいです。」

「あまりにも非現実的で説明不可能なうえ、なぜ誰も助けてくれないの
かという恨みもあり、それこそ疑う人たちですら、さっさと警察にでも
連絡してくれればという所が本音です。」

結局、証拠がなく証明も出来ない事を、本人が一番自覚をしているわけ
ですね。だから逮捕をされても黙秘を続けているのでしょう。

世の中、誰かを恨まないとやっていられない時があるものですが、説明
の付かない恨みほど厄介なものはありません。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]