トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

盛大に負けた民主党、自民党の復権は確実な情勢

第23回参院選は、改選121議席を狙う激戦となりました。そして、
当初の予想通り自民党が大幅に復活。公示前の84議席が115議席
になりました。支持母体が安定している公明党は、19議席から20
議席へ上積み。対する民主党は、細野豪志幹事長の「厳しいが、
結果を受け止めたい。国民の信任を受けた与党は、しっかり結果
を出してほしい」との弁が示すとおり、86議席から59議席に減少
して大変厳しい結果となりました。

また、民主党を飛び出した小沢一派も8議席から2議席へと急落。
社民党も議席ダウンし、みどりの風に至っては壊滅状態です。

これに対して共産党は、6議席から11議席へと躍進しており、野党
の間でも大きく明暗を分ける形に。維新は3議席から9議席へ3倍増、
みんなの党は13議席から18議席へ伸ばすなど、まずまずの健闘ぶり
です。

むろん、与党だけで憲法改正に必要な勢力は維持出来そうになく、
公明党のみならず、野党の協力も得ないと難しいかもしれません。

それにしても、山本太郎さんが当選したと言うのには驚かされます。
過激な反原発運動と、ネットを駆使した戦略が結果に結びついたの
だとすれば、これも時代の流れだったのでしょう。

景気回復を始めに、脱原発を含めたエネルギー政策、逼迫する財政
事情、領土問題、アジア諸国との融和など、現在の日本には難問が
山積しています。今後は、自民党などの打ち出す政策が問われる形
となります。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]