トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

怖ぇーよ、証券会社 って話

(某2ちゃんねるより一部引用)
78 名前:バックドロップホールド(埼玉県):2013/07/29(月)
00:38:23.17 ID:V2FkBdON0

【証券リテール営業マンの1日】
 6:30 出社
 7:20 日経・株式新聞等に目を通し、客先に持っていく資料を作る。
      と言っても新聞の切り抜き。PowerPointなどでもっとちゃん
      と資料を作ろうものなら、上司から「無駄なことするな、ボケ
      ッ!」と殴られる。
 7:30 朝の会議。「今日は○○を○○(万円)まで死んでも詰めろ!!」
      等の脅迫めいた指示が支店長からだされる。昨日分の成績が発
      表され、課長が殴られる。
 9:00 前場スタート。客へ電話をかけまくる。手が止まると、いきなり
      ガラス製灰皿が投げつけられるから要注意。177番でもいいか
      ら客先に電話をかけてるふりをすること。もしくは自分の家の
      留守電にしゃべる。
10:00 1回目の手数料チェック。1人1人ずつ、「今いくらなんだよ!!」
      と聞かれる。大体3年目の社員で1日30万円が目安(つまり約
      3000万近くの売買をしなければならない)。このチェックで
      「ゼロです・・・」と言おうものなら、「テメェ!!どうすんだ
      よ?やれよ!!」とと恫喝されます。
11:00 2回目の手数料チェック。内容は同上。前場終了。数字が行って
      ない者は昼飯ぬきで、引き続き客先へ電話をかけまくる。
12:30 後場スタート。
14:00 3回目の手数料チェック。
15:00 後場終了。
      申請した手数料と実際の手数料に乖離がある場合・・・、
      「おい、お前10万って言ったんじゃねーのかよー!!この落と
      し前どうつけるんだよー!!・・・、黙っててもわかんねーんだ
      よっ!!」と集計ボードを床に叩きつけられます。
15:30 客先へ。投信の資料をしこたまかばんに詰め込み、売り歩く。
17:00 会社に戻る気にもならないので、本屋・喫茶店・ゲームセンター
      で時間をつぶす。
19:00 適当に会社へ戻ると、「今から投信2億出せやぁコラァァ!!」
      という支店長の罵声の下で営業マンが必死に電話中。
20:00 「夕食時に何を考えているんだ!!」という客のもっともな罵声
      を聞きながら電話をこなす。
21:00 「いくらできたんだ!!」という声に「1000万円・・・」と
      答えると「ふざけてんのか!キサマァ~!!」という怒声と共に
      胸倉をつかまれる。「○○○のような素晴らしい商品が何故売れん
      のだ?!!殺すぞ、てめぇ!!」と恫喝される。
22:00 「投信を売れない奴は気合と根性が足りないんだ!!叩きなおし
      てやる!」と言われ、何故か居酒屋に連れて行かれる。そして
      延々と気合が足りない、根性がない、と言われ続ける。
01:00 ようやく解放される。
(長い1日が終わりました・・・)
(引用ここまで)

これって、どこのノルマ証券なんですか?

幾ら貰える給料が良くても、これじゃあ精神も崩壊するってもんですぜ。
私なんかとても勤まりませんねえ。(一時期目指していた時もあったけど。)

職場での事情聴取と言えば、私にも覚えがございます。担当役員との面談で
夜の9時過ぎに「今日の成果は?」「いつまでに達成出来るの?」「他の人も
がんばってるんだからね。」etc・・・と言う会話をやり過ごし、ひたすら
ノルマ達成の事ばかり考えておりましたね。(必ず戻って来て報告しろと言
う方式でしたので、適当な言い訳も難しいと言うw 人前で嘘を吐けるほど
まだ人間が病んでいなかった若造だったんで、本当に苦痛でした。)

金融業って取り立ても含めて本当に厳しい世界なんですよね。投資もノルマ、
回収もノルマなんでしょうけど、目の前で担当者と債務者が掴みあっている
のを見てから少しだけ人間不信になりましたっけ。あの姿を見て、連帯保証
人にだけは絶対になるまいと誓ったものです。

私は直接の担当ではありませんでしたが、督促の電話を受けた顧客が電話で
私に罵声を浴びせて来た事もありました。もうね、恨み辛みの篭った憎しみ
の声でひたすら罵倒するんですよ。それはもう、金を借りている立場も忘れ
て吼えること、吼えること。

そう言えば話は変わりますが、先物取引の勧誘がしつこくて困った事があり
ましたね。まだ若いお姉ちゃんでしたが、職場にまで押しかけて来ましたよ。
あの娘もノルマがあったんでしょうね。電話でアポを取って、少しでも可能
性があるとなれば必死に食い付いて来ます。

私は営業の苦しさを知っているので、物見遊山で話を聞くような事はしませ
んが、職場のオッサンたちは若い娘さんと話が出来るのが嬉しいもんだから、
保険屋でも何でも「話だけ」なら聞こうとします。だけど、実際に設計書を
作ってやって来るのはベテランのおばちゃんなんですねえ。その辺は相手も
良く心得ている様です。結局、根負けして契約しているオッサンを見たりし
ていると、世の中うまく回転しているもんだなと感心したものでした。まあ、
保険屋もしつこいもんでしたがw

金融業が、人でなし(キチガイと言う人もいましたね)にならないと勤まら
ない世界だと悟ったのは25歳の頃。今では全く無縁の世界で仕事をしていま
すが、技術者として飯を食える事の有り難味を痛感しております。とは言え、
最近は雲行きが怪しいんですけどね・・・。

世の中に必要な物を作って売り込むなら、それは幸せな仕事だと思います。
製造業でも策士でも何でも良いから、世の中に役立つ事が何よりです。でも、
お金でお金を呼び込む様な仕事は、往々にして精神を病みますね。こうした
仕事を虚業だと言う人もいますけど、ローンもクレジットも生活に欠かせな
いツールであります。この辺は、上手に付き合って行きたいところ。

しかし、証券会社って過酷なところなんですねえ。上には上があるもんだ。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]