トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

福知山花火大会の爆発事故

謝罪拒否「責任は出火した露店」一転おわび 商工会議所
花火大会事故(産経新聞)


(記事より一部引用)
「負傷者のみなさまにお見舞いを申し上げ、回復することをお祈り
する」。

京都府福知山市の由良川河川敷で起きた福知山花火大会の露店
爆発事故で、大会を主管する福知山商工会議所が16日、事故後
初めて記者会見。謝罪を拒否した後に一転おわびの言葉を口にす
るなど、主催者側の迷走ぶりが浮き彫りになった。

記者会見には谷村紘一会頭ら商工会議所の幹部5人が出席。谷村
会頭は「露天商が第一におわびすべきだ」などといったんは謝罪を
拒否し、その後、報道陣から問いただされると「変更する。負傷者に
おわび申し上げる」と訂正した。
(引用ここまで)

主催者的な立場にあるのに謝罪をしない・・・これでは安全対策に
力が入るはずもありません。各自で責任を持ってやってくれと言う
のであれば、対応も対策もバラバラになってしまいます。危険物の
知識がある露天商もいれば、今回の様に事故を起こす露天商もいる
のですから、やはり主導する立場の方々が率先して対策に乗り出す
べきだと思います。指示に従わない露天商には出て行って貰えば
良いのだし、そもそも来場者の安全を確保出来ない様なイベントは
行うべきではないと思います。

今回の事故は、稼働中の発電機に給油をしようとした露天商が引き
起こした爆発事故であり、巻き込まれた被害者の一人は意識不明の
重体が続いています。にも関わらず、「本当に予想もしない大変な
火災事故。責任はあくまでも出火した露天商にあると考えている」
として、直接的な責任は否定しました。とは言え「道義的、包括的
責任はある」と一定の責任は感じている様です。

商工会議所が事前に取った安全対策は、主に避難路の確保でした。
大勢の見物客が訪れる事から、露天商などに通路をふさがないよう
呼びかけをしていたそうです。また会場には、医師1人と看護師3人
を待機させるなどの、一般的な対応はしていた模様。これを以って
「最大限の対応はした。過去の経験から火災事故が起こるとの予測
はできなかった」と強調しています。

一方で露天商組合側は、「被害者の方々に誠意をもって謝罪したい。
責任を受け止める」と話しているなど、商工会議所側と温度差がある
のが気になりました。

個人的な責任は加害者側(事故を起こした側)が負うべきでしょうが、
賠償や事故対応は組織を上げて行うべきだと感じます。また、危険物
であるガソリンの取り扱いは、所定の資格を取得させるなど一定の条
件を設けるのが望ましいと思います。

ガソリンはとても気化し易く、自動車の給油などをする際に燃料キャ
ップを開ければ、プシューと気体が漏れる事もあります。今回の事故
は携行缶のキャップ付近から、気化したガソリンが霧状に噴き出した
結果生じたものと推測されており、付近のコンロの火が引火源になっ
た様です。

火気厳禁の燃料を火元に近い場所で無造作に扱う・・・その事の恐
ろしさを、我々一般人はあまり想像しません。私自身も、風呂を沸
かす為に燃料を混ぜようとベンジンを撒いたら、自分に向かって炎
が襲って来ました。その当時はまだ中学生で、危険性について無知
だったのですね。身近なものでも、時には危ない物があると言う事
を悟った瞬間でした。

ガソリンよりも扱いやすい灯油ですら、火事の原因となる事がある
のに、ガソリンを火の近くで扱うのは余りにも無謀過ぎます。また、
商工会議所も、危険物の扱いに関して何らかの指導をするべきだと
強く感じました。露天商も危険性を認識していれば良いのですが、
タバコを吸いながらガスボンベを扱ったりする人も、世の中には
いる様ですね。発電機の取り扱い説明書には、注意書きもあった
はずですが、慣れというのは怖いものです。

そして、その慣れに対して警鐘を促せるのは第三者しかいません。
組合や商工会議所がその役目を果たしていればと、悔やまれます。

(8/18追記)

その後の続報により、事故の全容が見えてきました。

事故の原因になったガソリンの携行缶ですが、直射日光や自家発電
機からの熱風に長時間晒されていた模様。その結果、内部の圧力が
上昇してしまい、それを知らずに蓋を開けた結果ガソリンが噴出し
た様です。目撃証言によると、この缶は事故当日の午後3時ごろから
現場に置かれていたとか。実際、携行缶には膨張などの形跡が見ら
れたそうです。

突如噴出したガソリンに驚いた店主が、慌てて向きを変えたところ、
先に置いてあったガスコンロに引火させてしまったと言うのが真相
の様です。この時、大量のガソリンを浴びてしまった女性客たちが
被害に遭っています。悲しい事に、一人の女性が大火傷を負って
亡くなってしまいました。

この店主はガソリンの怖さを知らなかったのでしょう。灯油と同じ感
覚でいたのかもしれません。ただ、市販されている発電機で入手性
の良いものはガソリン仕様に限られていますし、ガス式もあります
が、どのガスボンベでも良いと言う訳では無いようです。

その意味で言えば、蓄電池式の様な扱い易い電源が早く普及する
事を願いたいところです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]