トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

目の前で離党届けを書かせる「みんなの党」

渡辺代表、純化路線に突き進む 離党届「目の前で書け」(朝日新聞)

(記事より一部引用)
柿沢氏は23日、記者会見し、「代表から出ていってくれと何度も言
われ、覚悟を決めた。愛する党を離れざるを得なくなり、はらわたが
ちぎれるほど残念だ」と絞り出すように語った。

柿沢氏によると、22日午後3時、渡辺代表に国会内の事務所に呼び
出され、再編について問われた。柿沢氏は「古い殻を脱ぎ捨て新しい
枠組みを作っていくべきだ」と主張。すると渡辺氏は「端的に言う。
何も言わないから党から出ていってくれ」と、午後5時までの返事を
迫った。

柿沢氏は23日昼に再び呼び出され、「目の前で離党届を書け」と求
められ、自室に戻ってコピー用紙に手書きで離党届を書いたという。
(引用ここまで)

元は「絆」にしたかったと言う政党名ですが、気付けば党首独裁の
「みんなの党」と言う笑えない事態に。党首にある程度のカリスマ
性や強権力は必要でしょうが、意に沿わない人を追い出すだけでは
政党再編も難しくなる気が致します。

リーダーには、リーダーシップと「まとめ役」と言う大きな役割が
課せられているはずですが、みんなの党はどこへと突き進もうとし
ているのでしょうね。

思えば渡辺代表って、他人の批判しかしていない印象があります。
この「ヒリヒリ」した雰囲気が、有権者にどう写っているのか気に
ならないものでしょうか。一緒になってやって行こうと言う人も、
1から10まで渡辺先生マンセーじゃありませんよね。志は同じでも、
地元や支持団体のしがらみと無縁ではないはず。日和見的に動く
議員がいたって不思議ではありません。

「悪貨は良貨を駆逐する」と言う言葉があります。某ドラマの言葉
ですが「腐ったミカン」と言う論理もありますね。放置しておくと
代表者の方針に従えない者が続出するかもしれないし、その座を追
われるかもしれません。だから、反旗を翻しそうな者には出て行っ
て貰うのが手っ取り早いのは確か。

後に残った者が良貨として機能すれば良いけれど、そこにも腐った
ミカンはいるかもしれませんね。そして、また追い出しにかかると。

もう、誰も残らないんじゃないでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]