トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

Windows Vista 64bitに移行したい

前回は、Vistaをアップグレードする方法について記事を書きました。
既に知り尽くされた情報ですので真新しさはありませんが、この後の
作業如何によってはOSの再インストールも覚悟しなければなりません
ので、備忘録的に書いたと言うのが真相。

では、今度は何がしたいのか?

「Windows Vista 64bitに移行したい」

表題の通りですが、手元に64bit版のVistaインストールDVD-ROM
(1000円の実費でマイクロソフトから購入済)があるので、使用中
のWindows Vista32bitに64bit版Vistaを追加する形でデュアルブート
仕様にしたいと考えた次第。その為には、まずライセンス上の問題
を検討せねばなりません。

んで、ネットで色々調べてみるのですが、どうもライセンス上はNGと
なりそうです。素人考えで「同時に使用しないのだから良いだろう」
と思いきや、インストール出来るライセンスが、32bitと64bit合わせ
て一つしかないと言う事らしい。すなわち、排他的にどちらか一つを
選べと言う事になっています。どうしても一緒にインストールしたい
のなら、別にライセンスを手に入れろと言うのが、マイクロソフトの
見解みたい。

じゃあ、64bitだけにすればいいじゃんと思うのですが、問題が・・・。
32bit環境から64bit環境に移行する場合、次のようなメリットと課題
があります。

1)メインメモリの制限が実質的に存在しない。Home Premium版は認識
 出来るメモリ容量に16GBの上限があるが、まず困らないはず。32bit
 版は、どんなにメモリを増やしても3.5GB前後しか認識しないので、
 残りの容量はRamdiskなどに割り当てるしかなかった。が、Ramdisk
 は内蔵グラフィックスデバイスとの相性がすこぶる悪く、排他的に
 使うしかなかった。64bit版なら、そうした問題を解消し易くなる。

2)動画エンコードなどを大量かつ同時に行うと、32bit版の環境では
 無理がある。(すぐにメモリ不足を引き起こす。)

3)容量が2TBを超えるHDDを使う時は、管理方法をMBR式ではなくGPT式
 にしなければいけないが、例外を除いて64bit環境が必須になる。

4)64bit版に最適化されたアプリケーションなら軽快に動く。32bit版
 のアプリケーションでもほとんどが動作する。(デバイスドライバや
 一部のローレベルアプリケーションは動作しない。)

5)使っている指紋認証デバイスが32bitにしか対応しておらず、64bit
 に移行したら使えなくなる。気に入っているので少し悲しい。他にも
 使えなくなるデバイスがあるかもしれず、情報集めに苦労しそう。

6)32bit環境を捨てて64bit環境に移行する事には、まだ不確定な要素
 もあるのだが、今から慣れておきたい。と言うか今更かもしれないw

で、・・・

移行するには、事前に必要なファイルや情報を用意しておく必要があり
ます。今まで32bit版の環境に慣れ切っていたせいで、手元には64bit版
のファイルも情報も乏しく、移行してからアレコレ探すのは苦です。OS
のセットアップ自体はインストールDVD-ROMを使うだけで済みますが、
デバイスドライバだけは全て64bit版が新たに必要となります。多くは
セットアップ時にインストールされるでしょうが、やはり最新版の物が
欲しくなります。こうした物も、事前に集めておかねばなりません。

正直苦労したのは、TVTest関係のファイルです。手に入り難い物ばかり
なので疲れました。他にもまだありそうなので、今後考えていかねばな
りません。

そしてもう一つの課題が・・・

旧環境を安全に退避(バックアップ)させておく必要性です。やはり64
bit版に移行してから、昔の32bit版に戻りたいと思う可能性がないとは
言い切れず、デュアルブートにしない代わりに、バックアップは残して
おかねばなりません。このバックアップに最適なツールを探すのに苦労
しました。

今の所、簡単に使えそうなのは「AOMEI Backupper」と言うフリーウェア
ソフトでしょうか。→スケジュールバックアップ機能の追加などで大きく
パワーアップした「AOMEI Backupper」の新バージョン(Vector)


英語版ですが、使ってみた感じではそんなに難しい操作はありません
でした。取りあえずこれでクローンを作成しておきたいと思います。
このソフトの難点は中華製だと言う事。所在地が不明と言うのも痛い。
優秀な機能を有しながら無料なので、裏で何をされているか分かった
もんじゃないと、頭ごなしに批判をするユーザーもいるようですが、
今の所トラブルは無しです。(まあ、今後出たらアレ過ぎますがw)

64bit版への移行は完全なクリーンインストール作業になります。イン
ストールDVD-ROMでパソコンを立ち上げてセットアップをしなければな
りません。だから、バックアップが必須になります。バックアップの
ツールって、意外とハードルが高いですね。有償版でも不具合がある
と聞きますし・・・。

せめて、AOMEI Backupperの素性がハッキリしていれば安心して使える
のですが・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]