トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

夕方からの一律残業禁止 朗報か地獄か

10月から夜10時以降の深夜残業を禁止した伊藤忠商事。商社の様に
残業が普通のところは、元より「ノー残業デー」など無縁な話でありまし
ょう。しかし、敢えて「残業禁止」と言うノルマを課したのは、強かな戦略
があったからだと言えます。

ブラック企業は別だとしても、普通なら残業をすれば残業代の支払いが
生じます。加えて、長時間労働や無意味なお付き合い残業などを放置し
ておくと、社員の疲労が蓄積し効率を低下させる問題にも発展します。

私が過去にいた現場でも、お付き合い残業が常態化していました。で、
私もお付き合いさせられると言う、これまた迷惑な話ではあるのですが、
上司が帰らないと帰りにくいのが日本のサラリーマンです。(今の若い
人は、割り切ってさっさと帰るのかもしれませんがw)

いずれにしても、こうした経営上のリスクを「残業禁止」と言う決め付
けで解消しようと言う動きが、ここ最近各地の企業で相次いでいるそう
です。

伊藤忠商事の試みで面白いところは、深夜の残業禁止を全社的な取り
組みにしている点でしょう。通常、管理職には残業手当が出ませんが、
早朝に残業する時は新たに出すのだそうです。こうする事で、管理職を
巻き込んだ取り組みが成立すると考えた模様。

まあ、大手商社ならこうした方法があって良いのでしょうね。

でも思うのですが、残業禁止にする事のメリットとデメリットを考えたら、
会社によってかなり事情が異なると思うのです。冒頭の商社みたいに、
深夜残業のみを禁止にするならまだしも、夕方の18時以降とか微妙
な線引きだけで残業を一律に禁止すると言うやり方は、果たして上手
く行くのか疑問であります。また、実際そう言う事例を見聞きするので
すが、「取り敢えずやってみようぜ」的な見切り発車感が何とも言えま
せん。

確かに社員に強制をすれば一定の成果は得られると思います。個人の
都合を無視してトップダウンだと言い張れば、サラリーで生きている人は
逆らわずに従うからです。そして、大変な思いをして何とか答えを導き出
して行くのが組織人の務めであります。どこの企業もそうやってノルマを
課し、数々の無理難題を切り抜けて来ました。

建前はそうなんです。どこの企業も・・・。

でも、トップダウンの怖いところは、誰かが貧乏くじを引いてしまう所に
あります。そもそもトップの人はくじを引きませんし、誰かがコケるまで
無理強いをしている事にも気付かないでしょう。そして、会社の中で重要
な働きをしている人に限って、取り返しの付かないしわ寄せが行くように
なっています。

その行き着く先は過労死・・・。例え職場では死ななくても、自宅で死ぬ
かもしれないし、通勤や帰宅中に壁へと激突するかもしれません。仕事に
真面目な人ほど、不合理な部分を必死に埋めようと無理をしがちです。

もちろん、無理があると分かれば軌道修正をするのも組織人の務め。無茶
をやって貴重な人材を失う方が一大事です。

私が過去に在籍していた某部署では、サービス残業が日常風景でした。
部長は、定時+30分程度で「がんばれよ、後は頼んだよ」と帰って行く
のですが、後の者は延々と残業です。この時私が貰っていた残業手当て
は4万円だけ。驚くことに、以後は一銭も出ませんでした。

この時の残業は、新システムが稼動するまでの期間限定であり、当時は
私も新人でしたので、「残業代はこれで勘弁しろ」と言われるがままで
ありました。むろん、あの時に無理をして築いた根性は決して無駄では
なかったと思いますから、授業料を支払ったのだと思う様にしています。

でも・・・

もしあの時、一律に残業をするなと言われていたらどうでしょうか。
とてもではありませんが、プロジェクトを完遂させる事など出来なかっ
たと思います。まして、早朝の残業なら認めるとなれば、それこそ大変
です。夜明け前は確かに道も空いており空気も清清しいのですが、思わ
ぬ事故を起こすリスクが潜んでいます。ご老人の散歩は、夕方だけとは
限らないからです。お年寄りの朝は、想像している以上に早いものです。

この早朝と言うのがクセモノでして、走り易さのあまり結構スピードが
出てしまいます。そして、一番怖いのが問答無用で道路を横断する人。
痴呆症を患った人は、こうした予測困難な動きをする事がよくあります。
実際、「なぜ、こんな時間に?なぜ、こんな場所で?」と言う事故が少
なくありません。報道では事故の詳細を明らかにしませんが、老人の
徘徊が事故を誘発しているケースは確実に存在します。私の知っている
ケースだと、赤信号を歩いて来るお年寄りにヒヤッとした事があります。
点滅信号の途中で赤信号になったのではなく、赤信号を堂々と渡って行
くので正直焦りました。そして、そう言う人ほど反射材を一切身に付け
ておらず、服装も地味だったりします。夜明け前の暗闇で地味な服装を
した人が近くにいても、中々気付けるものではありません。

早朝の残業が早朝の事故とならないよう、気を付けたいものですね。
やはり、スピードは控えめに・・・これが一番でしょうか。

私は早朝の残業もよくやりましたが、確かに朝は気持ちが良いものです。
世間が寝静まった時に仕事をすると言う非日常感や、俺はがんばってい
るぞ的な優越感は悪くないものです。むろん、効率が上がるかどうかは
別の話。ただ、仕事の邪魔は入らないから慣れると爽快かもしれません。

それよりも、国は通勤ラッシュや交通渋滞の解消に力を入れて欲しい。
40分で行ける道のりも、つまらない渋滞で80分もかかるのは恐ろしく
非効率的です。時間の無駄、労力の無駄、燃料の無駄。まさに無駄の
オンパレードです。税制優遇措置と時差出勤制度をうまく組み合わせ
るとかすれば、もっと有意義な時間の使い方が出来ると確信します。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]