トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

家族の結婚式に行くと罰金100万円

激怒の横峯さくら“罰金100万円”の是非【国内女子 JLPGA LPGA】
(GDO)


(記事より一部引用)
普段は感情を出すことの少ない横峯さくらが、“キレた”ように怒り
を露わにしていたというからただ事ではなかったのだろう。「あんな
さくらちゃんは初めてみた」というのは目撃した関係者の証言。
「伊藤園レディスゴルフトーナメント」開幕前日、夕方のクラブハウス
で事件は起きた。

プロアマ戦を終え、レジスト(出場登録)のためにLPGA(日本女子
プロゴルフ協会)ルームへ向かった横峯は、12月15日(日)に予定
されている「Hitachi 3Tours Championship」の出場意思を確認さ
れた。同大会の出場資格は11月3日(日)終了時点での賞金ランキ
ング上位3名(プラス推薦3名)で、同2位の横峯は有資格選手と
なる。

しかし、当日は横峯の姉・彩花さんの結婚式の日取りと重なっていた。
家族の晴れ舞台への出席を優先させたい横峯は、同大会の出場辞退を
申し出た。ところが、それを聞いた協会の反応は木で鼻をくくった
ようだったという。同大会への出場は義務とされており、特別な理由
でない限り欠場は許されない。それでも欠場する場合は罰金100万円
が科せられる。

即座に“規定なので罰金です”と言われ、横峯のスイッチがパチンと入
った。家族の結婚式への出席は正当な理由にならないのか?その場で
他の誰にも確認せずに判断されるほど軽いことなのか?
(引用ここまで)

優秀な競技者に課された義務と言えば誇らしくもありますが、家族の
冠婚葬祭にまで口を出す権利があるのかどうかは判断の分かれる所。

医師であれば、人の命に関わる手術予定を変更してまで、冠婚葬祭に
参加すれば批判される事はあるかもしれません。しかし、スポーツの
場面で批判される事はまずないのではないかと思います。

今回は罰金を支払ってまで断ったわけですから、協会側もよく熟慮す
べきではないかと。ブラック企業が、親の死に目にも会わせないとか、
葬儀にも参列させないと言う事が問題視される様に、今回のトラブル
も協会関係者は反省すべき問題だと感じます。

身内の喜ばしい晴れ舞台に、水を注す様な他人であっては行けないと
思うのです。冠婚葬祭には特別な思いがあって然るべきだし、当事者
が望むのであればそれを阻むべきではないと思いますよ。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]