トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

感情的に物を言うと、こうなるんですねえ

住友生命、元社員に4千万円支払い パワハラ訴訟で和解(朝日新聞)

(記事より一部引用)
住友生命保険(大阪市)の元社員の女性が「上司のパワハラでうつ病
になり、退職に追い込まれた」として、会社と元上司に計約6300
万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(阪本勝裁判長)で和解した。
会社側が行きすぎた言動を認めて謝罪し、解決金4千万円を支払う内
容で合意した。和解は11月13日付。

原告の女性は保険外交員を束ねる出張所の元所長。訴状によると、
女性は2006年ごろから、会議の席上などで出張所を所管する支部
長に「成績がよくないのは所長のせい」「所長が致命傷や」と怒られ
たと主張した。

女性は07年7月から体調不良で休職し、09年6月に退職。国の労働
保険審査会は10年6月、「感情的な叱責(しっせき)が長期間行われ
た。指導の範囲を超えている」と指摘した上で労災認定した。
(引用ここまで)

住友生命に限った話ではないでしょうが、ノルマ解消の為に売春まがい
の行為(枕営業)をやっていると言われている保険業界。TBSがその手
の話を番組にしたら、すぐさま番組中止へ追い込まれるから恐ろしい。

生命保険会社って、いろんな所の株主だったりするから厄介ですよね。
そして、売れない商品・売りにくい商品を扱っているから、営業担当へ
の締め付けも厳しくなりがちです。(だって、結果を出せなければタダ
飯食らいになってしまうでしょ?収入が無いのに支出だけは止まらない
と言う、どの業界にもある話。)

でも、感情任せに罵倒したり人間性を否定すれば、誰だって従わなくな
ります。締め付けと嫌がらせを分けて考えないと、こうして多額の賠償
を求められる事になるわけです。

生命保険も損害保険も、社会に無くてはならない存在です。なのに売る
方はいつでも必死。自然と売れる商品なら営業で苦労しないと思うので
すが、苦労をすると言うことは売れない商品だからでしょうね。昔みた
いに金利が6%もある頃(=バブル景気)なら分の良かった保険商品も、
今では単なるコスト的存在。万一の時に助かるとは言え、その万一の時
を嫌うのは誰でも一緒です。

例えば身内が契約している終身払いの医療保険などは、契約した翌年に
リストから消えました。あるのは色々制限のある保険ばかり。リスクが
高いと、永続的な商品にはなり得ないのでしょう。端的に言えば損が多
く儲からない商品は廃盤になるわけです。

個人年金だってそうですね。身内が私の勧めで加入してくれた個人年金
は、終身貰える商品でありながら15年以上掛けると中途解約しても元が
取れる計算でした。今時、そんな商品はもうないでしょう。

思うのですが、現金支給にこだわった今の保険商品はセールスポイントに
ならないと感じます。困った時に欲しいのは確かにお金ですが、引越しの
サポートや医療機関の紹介などで、もっと頼れる保険会社になって欲しい
と思うのです。それは付加価値と言うのではなく、保険として当たり前の
標準機能であって欲しいと思います。葬儀の手配や出産のサポート、生活
支援を受けられるサービスなど、現金の見えないサービスの方が有難い時
もあるのです。

保険金の請求と葬儀の手配が一緒に行えれば便利じゃないですか。面倒な
価格の交渉も含め、保険会社の人が24時間365日寄り添ってくれるサービ
スなんて最高です。葬儀屋とタイアップすれば割安にもなるでしょうし、
面倒な書類手続きもワンストップで可能になる。保険金を貰えるだけの
サービスは何かが不足していると思います。

保険会社は加入者を支援する為に、医療アドバイザーと提携したり各種
割引のサービスなどを展開しています。でも、それは机上でのサービス
でしかありません。やはり、実務を伴ってこそ価値があると思うのです。

自宅で孤独死した時に、契約が自動的に発動する仕組みなら良いですね。
定期的にメールで安否確認する方法や、警備会社と提携して急行する保険
なども、もっと標準化して欲しい。本当はそう言う日常に寄り添ったサー
ビスの方が助かるし、まだまだ改善の余地もあろうかと思います。かつて、
保険と言う謎な商品を売り歩いていた私の愚痴も含んでおりますw

求められているのはお金じゃない、サービスなんだと何度も思いました。
リフォームの時にお金が必要になるけど、今の火災保険はフォローして
くれるだろうか。せっかく掛け捨ての火災保険に入っていても、補償が
火災限定だなんて侘しい。保険には何かが不足しているとずっと思って
いました。個人が会社に相談するのは敷居が高くて荷が重いときもある
んです。そこに保険会社が仲介に入るだけで、どれだけ心強いか。高額
な物を買う時だってそうですね。

売れないのは、商品を理解して貰えないから。そしてニーズがないから。
社員を罵倒している暇があるなら、もっと魅力的で興味を惹きつける保険
の常識を覆す様な商売を始めるべきです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]