トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

コナミの追い出し部屋

「追い出し部屋へ配転」提訴 コナミ社員、命令無効求め(朝日新聞)

(記事より一部引用)
社員を自主退職に追い込む「追い出し部屋」に配属され賃金を下げられたと
して、ゲームソフト大手「コナミデジタルエンタテインメント」の50代の
男性社員が11日、配転命令の無効と賃金の支払いを求める訴訟を東京地裁
に起こした。訴状によると、男性は20年間、ゲームソフト開発に携わった
が、2011年5月に「キャリア開発課」に配属。「異動先を見つけること」
を業務として指示された。入館カードやパソコンは取り上げられ自宅待機に。
その後、パチスロ製造工場の応援業務に就き、床磨きや組み立てなど単純作
業に従事した。
(引用ここまで)

会社からは期限付きの契約社員になる事を薦められたそうです。これに従えば
転進支援制度と呼ばれる一時金が支払われる仕組みだとか。既に多くの社員が
この制度で退職しているそうです。

興味深いのはこの男性の元の年収。何と780万円だったとか。その後、3回の
減給を経て546万円になったそうですが、それでも高給ですね。うらやますw

今、無理して年に500万円以上の賃金を支払いどれだけの生産性が期待出来る
のか分かりませんが、50代の人に年500万円払うぐらいだったら、年収250万
円の若者を二人雇った方が色んな可能性がありそうです。そうでなくても若い
人の就職が難しい上に、一度規定路線からドロップすると這い上がるのは至難
の業でありましょう。だいたい、今の若者が入社して将来的に年収500万円の
50代になれるかも怪しい。加えて、年金の受給年齢も引き上げられる事は確実
なのに、今もって会社は若者に厳しいと言うから切なくなる。

50代の人に価値が無いと言うのではなく、ある程度の年齢に達したのなら収入
の頭打ちをすべきだと思うのです。実際、定年前になると役職停止と言うのが
あります。これは後任を養成する上で必要な措置です。上が抜けなければいつ
まで立っても下が活躍出来ないし、昇進も昇給もないから当然の仕組みですね。

ワークシェアリングと言う考え方は大事だと思いますよ。会社の売り上げから
得られる儲けには限りがあるし、富の分配だって年齢や役職に関係なく必要で
しょう。やる気の問題もあるし、年齢が上の人は経験と実績はあっても若い人
の牽引役になれるとは限らない。本来会社は、定期的に若い人を雇用して世代
交代の要員を確保しておかなければなりません。そうしないといずれ困るのは
会社なのです。

さすがに追い出し部屋と言うのは下品過ぎますが、ワークシェアリングによっ
て世代間の密度を高める事は決して無駄ではないはず。終身雇用や年功序列は
夢の話になったけど、せめて若者の働ける場所だけは守って行って欲しい。

50代なら、よほどの事がない限り貯蓄はしているでしょうし、子供への学資も
ある程度目処がついて来るはず。体力も気力も落ちてくるわけだから、仕事を
セーブして行けば余生の事を考える余裕も生まれるでしょう。セーブして不足
した労働力は若者で確保し、仕事を抑えた分の賃金は若者に還元するべきです。

その前に、50代の人が気持ちよく次を考えられる様に会社も考えるべきですね。
追い出し部屋を作って自主的な退職を促す前に、余暇や第二の人生について考え
る機会を作るべきでしょう。名目は「濡れ落ち葉にならない余生の過ごし方」で
ありつつも、実際は積極的な自主退職を目指す様に仕向けるわけです。もちろん、
生活の面で困らない様に一定の支援も必要でしょう。

何の為に退職金制度があり、若者が育たないとどうなるのか、その事を経営者は
ベテラン社員と一緒に考えるべきだと感じます。まあ、その結果が追い出し部屋
なのかもしれませんが・・・それでは露骨過ぎますよね。少なくとも、長年貢献
して来た人を厄介払いする様な方法は取らない方が今後の為になると思うのです。

無理やり追い出そうとするから裁判になるのだし、相手のプライドや立場を無視
して格下げをするから騒ぎになる。それよりは、明示的にワークシェアリングの
考え方を示しておいて、有無を言わせないやり方の方がまだマシです。年配者の
仕事量を減らした分はきっちりと若者の雇用確保に充当すれば良いし、50代にな
ったら会社のノルマから解放してあげて良いと思います。本当に有能な人は従来
通りの待遇で良いのだし、無能だからと追い出し部屋みたいなところに追い込む
のは恨みを買うだけであり、決してスマートではありません。

「異動先を見つけること」と言うノルマは、定年までしがみつきたい年配者には
辛い足かせです。残り時間が少ないからこそ居残りたいのに、次の展望も行く末
も示さないで「さあがんばれ」とは切ない話。そもそも支援制度を利用して辞め
る人は、もともと「辞められる人」でしょう。自分自身で将来の設計図を描ける
有能な人だろうし、あるいは早期退職しても困らない環境の人かもしれません。
逆にそうじゃない人は、会社に仕事を奪われても残るのでしょう。

いつかは誰しもが辿る道・・・これって結局は他人事ではないのですよね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]