トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

バイオハザード6 レオン編 クリアしました

(前置きが長いので、適当に読み飛ばしてください。ネタバレあり。)

さて、遅れて正月モードに入った私。なぜか、PC版のバイオハザード6を
やっております。本当はグロ系は嫌いなんだけど、異形系とかゾンビ系は
自分でもあまり抵抗がないのか、このシリーズだけは1~6まで全部持って
います。しかも、2~5まではまだ未開封のままと言う無意味さw

1の時は操作性について行けず途中で断念しましたが、あの怖さや不気味さ、
絶望的な非日常感がたまらずに、再び収集するようになりました。4~6は
海外版の方が安かったのでそちらを買ったのですが、字幕が英語でも別に
構いません。雰囲気さえ堪能出来れば良いので。→こちらでどうぞ。

私が非日常系を好むのは、友達の家で「エイリアン」と言う洋画を見たせ
いです。エイリアンに蹂躙され続ける恐怖感は半端無く嫌なもので、ああ
言う作品を作る人の気が知れませんでした。中でも卵から飛び出した幼生
が、犠牲者に寄生してやがて胸を突き破って飛び出してくるシーンなどは
嘔吐しそうになりました。ただ、この作品にはもう一つ恐ろしいシナリオ
が用意されていたのです。信頼していた仲間が、実は会社が派遣したアン
ドロイドだったと言うやつです。しかも、乗船中の乗組員が会社の利益に
反する行動をしていると判断した時は、それを排除すると言う機能付き。
何と恐ろしいアンドロイドだろうw 首だけ床に置かれて尋問されると言
う鬼演出までありました。機械なのに、口からゲロ吐くんですよww

あれを見て精神的にくたくたになりました。悩みながら帰路についたので
すが、道中で世間が明るい事に気付いた私は「あの世界が現実で無くて良
かった」と心底感謝したものです。当時は快晴でしたし心地よい風があの
恐怖を和らげてくれたのでしょう。それ以来、高みの見物をする様になり、
物見遊山を好むようになってしまいました。グロ耐性は低いくせに、そう
言うモノに興味を持つようになったのは、あの時の後遺症でしょう。
(日本人形とか牡丹灯篭とか四谷怪談とか、怖いのに気になるから困るw)

脱線したので話を戻しましょうか。今回は手始めにレオン編からやってます。

バイオハザードは、特定のウィルスに侵された人間がゾンビになると言う、
非常にグロテスクな設定のゲームです。初作ではジルやクリスがそうした
世界からどうやって脱出して行くのかを考えるのが醍醐味のゲームでした。
とにかく扉を開けるあの瞬間が怖いんですw 敵に遭遇するのではないか
と言う恐怖感は、言葉に表せないほど恐ろしいものですよ。

バイオシリーズには番外編みたいな作品もあるんだそうですが、2012年に
登場したバイオハザード6は完成度がかなり上がっていて驚きました。正直
な話、歴代のバイオシリーズとは何かが違います。ガンガンとアクション
しながら走るし、ミニストーリーも随所に出て来ます。中でもQTEと言う
Quick Time Event(クイックタイムイベント)は圧巻です。余りに理不尽
で、何度コントローラーを投げようかと思った事かw キツかったです。
なにせ失敗すれば即死だし、ネプリーグに出て来る様なトロッコのシーン
とか、パートナーと協力しながら仕掛けを突破するとかがあって、ミニ
ゲームの要素が満載でした。

また、さっきまで一匹もいなかったのに、いつの間にかゾンビの集団と
満員電車みたいになっていたり、普通に会話していた人が感染してゾンビ
になったりと、まあ演出が多い多い。教会なんか、お前らが疫病神じゃな
いのかと思えるほど酷い結末だった。

回復薬も自分で調合しないといけないし、照準合わせも最初はブレるので
スキルを貯めてレベルアップしたり、扱う武器も多彩で覚えるのが大変。
芸が細かすぎる。まあ、パートナーが無敵なのは頼もしいし、やられそう
になっても近くにいれば助けてもくれます。人工知能により勝手に戦って
くれるので、主人公は逃げ回りながら謎解きに専念する事もあります。

QTEに関してはネットでも余り良い評価はされていない様ですね。なにせ、
ゲームのストーリーと関係の無いボタンさばきばっかりですからw 単に
反射神経を問うているだけだし、飛行機の操縦だってのになぜボタン操作
なんよw

しかし、このゲームには「絶望」な演出が多い。教会内にゾンビを招き入
れてパニックにさせたり、せっかく仲間になった人達が次々に死んで行っ
たり、モンスターデボラに至っては元が素っ裸なんで目の毒になるぐらい
でしたw(でも、あれを見ていて切なくなった。何事もなければ仲の良い
家族だったわけだし・・・。途中から、悲鳴とか嗚咽とか憎しみとかが続
くので、ゲームと言う枠を超えてしまっている感じでした。)

黒幕のシモンズに至っては、もう何だろうw(馬になってパッカパッカと
線路上を併走するんですぜ、列車と。C-ウィルスって何でもありかよw)

もう一つあげておきたいのは、このゲーム独特のシステムです。ストーリ
ーがプレイヤーの選択するキャラクターによって変わる方式を採用してい
ます。レオン、クリス、ジェイク、エイダの4ストーリーがあり、それぞれ
組む事の出来るパートナーが異なります。また、パートナーと主役を入れ
替わる事も出来ます。各キャラクターが様々な場面で競演する事になるの
も特徴で、オンラインでパートナーを組む事も可能と言う、至れり尽くせ
りの仕様になっています。

難を言うなら、このゲームはSteamのアカウントが無いと遊べません。パッ
ケージ版とダウンロード版があるんですが、どちらもSteamと言うプラット
ホームの管制下に置かれているので、オンラインの環境がないと遊べない
んです。(一度アカウントを取って、コードを認証すればオフラインでも
遊べます。)この辺がちょっと煩わしいんですよね。→Steam

久々に遊んで見て、自分の衰えていた反射神経や感覚を取り戻した気がし
ます。残酷で年齢制限のあるゲームですが、敵をゾンビ化させる事である
程度の免罪符を打っている感じがします。(普通なら殺人ゲームですから。)

個人的にはグロ満載よりもミステリアスな方が嬉しい。そう言う意味では、
下記の幻のゲームが世に出てこなかった事はとても残念です。いや、こうな
って来るとバイオでも何でもないけれどw(幽霊だしw)

BIO4_シークレットDVD_幻の「バイオハザード4」


同じグロ系のゲームでも、OutlastとかCry of Fearなんかは内臓がぐちゃ
ぐちゃ過ぎて自分には無理です。Youtubeで弟者と言う方がやっている動画
を見るのが精一杯でした。動画の主が良い声をしてらっしゃるので、雰囲気
があるんですね。ついつい見入ってしまいますが、まあ病気になりますw
(本当に怖いですから。見て後悔する怖さです。)

そう思うと、バイオシリーズはまだ可愛い方なのかもしれない・・・。

それでも怖いという方は、こちらで笑ってください。
【バイオ6プレ記】レオン編(1)(AHO-酔狂)

(追記)
やっとレオン編が終わりましたよ。アマチュアの設定なのにクタクタです。
もうね、シモンズがしつこいの!やられてもやられても出て来る。幾ら強化
ウィルスを注射されたからと言って、馬になったり恐竜になったり、挙句に
ハエにまでなるもんなのかねw

途中、酔いそうになるカメラワークに苛立つこと数度。敵を見失うし操作は
し難いし、一息ついたかと思うと次のイベントが始まっているし。そして、
エンドロールの長いこと長いこと。一体どれだけのスタッフがいるんだよと
思うほどです。そのながーーいロールが過ぎると、エンディングムービーが
やっと現れます。

妹デボラの墓の前で決意を新たにするヘレナ。乙女心をレオンに見せつつも、
純愛に生きる男の尻を叩くヘレナ。パートナーとしては無敵の強さを誇った
彼女も、これからは新しい任務へと就いて行くのでしょう。

で、この後クリス、ジェイク、エイダ編をやって行く事になるのですが、真
のエンディングはエイダ編で分かるらしく、クリス編とジェイク編を済ませ
ないとエイダ編には行けないようです。

このエイダ、赤いエイダと青いエイダがいるらしい。ゲーム中に勝手に合流
して勝手に去っていくのは赤い方のエイダ。一方で青い方のエイダは何やら
謎めいた行動をする・・・。彼女らは双子なのか、何者なのか。

うーん。ネタバレサイトを見てしまったので、結末は分かっているけどww

しかし、シモンズはしつこかった。ゲームバランス的にもおかしいでしょw
物理的法則や生物学的進化を全て度外視しているし、これなら死なない方が
より自然だと思うけどw(あ、実は死んでいないのかもね。次回作で復活す
るのか?)

このゲーム、精巧に作られていてモーションキャプチャーの技術も進んでい
る事を感じさせる良作です。謎解きあり、アクションあり、シューティング
あり、敵はグロいし毒も吐いてくる、軽めの恋愛要素(ヘレナが意味ありげ
な質問を繰り返すとかw)もあり、これで2000円とは安過ぎる。ネットでは
QTEの連発とカメラワークの悪さで酷評されていますが、確かにボタン操作
で強制イベントを片付ける作業はアホらしくもあります。やっているのでは
なく、やらされている感じが酷くて面白みに欠けるんですね。でも、それを
終わらせないと先には進めません。

もう一つの不満点はカメラ。どうしても人物に寄り過ぎるし、この辺は調整
してもたいして変わらない。もう少し全体像が見える格好だと良かったかな。
画面が暗い件はアップデートで少し改善されてはいる様ですが、アイテムや
武器の使い方は面倒臭いまま。(リモコン爆弾とかどう使えば良いのかw)

アマチュア設定でないとクリア出来る自信がありません。達成感よりも疲労
感が漂うゲームです。もう少し単純明快なゲームだったら良かったな。映画
を見ているような壮大感はあるけど、参加していると言う感じが少し弱い。
追う・逃げる・解く と言った要素はふんだんにあるけど、操作性が悪くて
イライラ感が募ります。常に自分視点で見えるモードが用意してあれば良か
ったかもしれません。しかし、初回出荷だけで450万本売れたと言うから凄い
と思います。映像や音楽、モーション、ムービーは文句なしの出来栄えです。

途中、サーペントエンブレムと呼ばれる青い紋章のパーツが出現するのです
が、あれを撃つ事が出来るとは全然知らなくて、徹底的にスルーしておりま
したw(ずっと通過ポイントを示す目印だと思ってたw)

(追記)
取りあえず、レオン編のレオンは終わったんだけど、パートナーのヘレナで
はクリアがまだだったので、制覇して見ました。疲れた・・・。

何だろうね、このゲーム。ハラハラドキドキはさせてくれるけど、こちらの
操作権限を完全に無視するイベントが織り込まれているのが気に入らないw

勝手にイベントに突入して、ワケも分からないうちに何かが終わっていると
言うのは、ゲームをしている感覚とは程遠いね。やっていると言うよりは、
作業をやらされている感じだ。恐らく、この点が不評なんでしょう。

延々とボタンを押させたり、酷なタイミングで操作を要求したり、何かこう
イライラさせる要素が多過ぎますね。一息つく暇も与えないし、シモンズが
何であんなに不死身なのかw

スケール感は確かにあって面白いんだけど、決められたルートや手順通りに
進まないとダメって言うのは、便利な様でいて少したいくつだった。ただ、
ルートを指示してくれるのは良かったと思う。パートナーが完全無欠の不死
ではない事も分かったし、お互いのストーリーがうまく絡み合っていて楽し
めるのは素晴らしいと思う。攻撃のバリエーションも豊富だし、無限に増え
てくるゾンビをひたすら倒すのは面白い。

やっぱりダメなのは、遊んでいる人の手を勝手に離れてしまうシステムです。
セーブポイントのみでそうすれば良いものを、随所に入れているからよろし
くない。セーブも自由にはさせて貰えないけど、それはまだ我慢出来ます。

本作は間違いなく傑作なんだけど、改善すべき点も多々あるので次回作に
期待したい。

と言う事で、まだ他のシナリオが終わっていないのでがんばります。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2307: by カズ on 2014/01/04 at 10:05:56

ゲームってえげつないのが多いですよね
殺し屋が人殺しまくったり・・・・
結構現実的で恐ろしいんですよね(笑)

2310: by 管理人です on 2014/01/04 at 15:29:14

私も殺人ゲームはあまり好きではないけど、
相手がゾンビだと言う事を言い訳にして遊ん
でますねー。(結局、好きなんだな。)

正直、あそこまでグロくする必要は無いと思う
けど、生死をリアルに描くとああなるのでしょ
うね。規制のある日本語版ではなく、残酷描写
のある海外版で遊んでいますが、確かにリアル。)

本当はイースの新作で遊びたいんだけど、もう
PC版ではやってくれないらしく、残念です。

2311: by カズ on 2014/01/04 at 16:55:48

なるほどですよね 相手がゾンビや怪物だと
罪悪感あまり無いですよね(笑)
殺人ゲームだとターゲットは極悪人でも
任務遂行のために無関係な人を何人も始末してターゲットに近づくみたいな展開多いですから・・・攻略方法見てるとピザ屋の配達員殺害服奪って変装とか かなり過激(笑)

2313: by 管理人です on 2014/01/04 at 17:09:20

そうですね。ドンパチやっている間に無関係の人
を巻き添えにするのは現実世界でも同じですけど、
ゲームは際立ってますね。バイオ6は無関係の人に
は銃弾が当たらないようになっているけど、小動物
にはヒットします。プレイヤーはウィルスに感染し
ないとか、いろいろ突っ込みたくなる部分はありま
すね。まあ、ゲームですけどw

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]