トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

訃報・歌手で司会のやしきたかじん氏が死去 64歳

長期療養中のやしきたかじん死去 64歳(日刊スポーツ)

(記事より引用)
食道がんの手術から1度復帰したものの再び休養していた歌手でタレントの、
やしきたかじん(本名・家鋪隆仁)さんが3日未明、都内の病院で亡くなっ
ていた。64歳だった。12年1月に食道がんのため休養し、同4月に手術。
13年3月21日にレギュラー番組の収録で1年2カ月ぶりに仕事復帰したが、
同5月2日夜、体調不良を訴え再び長期療養。懸命に再復帰を目指したが、
思いはかなわなかった。
(引用ここまで)

つくづく、食道がんの怖さを思い知らされます。歯に衣着せぬ物言いで独特
の雰囲気を醸しだしていた珍しいタイプのタレントさんでした。「そこまで
言って委員会」では独自の切り口と切り返しでコメンテーターを上手に扱っ
ていたのが印象的です。同番組を事実上降板してから一時復帰した時期もあ
りましたが、本格的な復帰が適わず残念に思います。

Wikipediaで見ましたが本名は家鋪隆仁さんだそうです。「やしきたかじん」
と言う変わった名前は、実は本名だったのですね。32歳の一般女性と三度目
の再婚をしたばかりだったそうですが、いろいろ思うところがあっての事だ
ったんでしょう。懸命に看護を尽くす女性に対して、籍を入れる事で最後の
けじめを付けたと言う話もあるそうですが・・・。

サングラスをかけている理由や、複雑な家族の事情、ブラックリストなども、
この人物を語る上では欠かせないエピソードになっています。Wikipediaの
記事には「読売新聞社員引き回し」事件のエピソードが書かれていますが、
中々普通の人には出来ない(相手の態度も含めて)内容であります。

(一部引用)
新曲のキャンペーンで読売新聞大阪本社を訪れた際、取材記者が挨拶も無く
アルバムを一瞥してテーブルに放り投げ開口一番「売れとるらしいな、で、
なんや?」と訊ねる。記者のあまりの横柄さに激怒したたかじんは記者の
髪の毛をつかんで引きずり回す事件を起こした。
(引用ここまで)

NHK嫌いでも知られており、共演NGの芸能人も多かったとか。それだけに
遠慮なく相手を切れる度胸の良さは、番組でも衰える事はなかった様です。
媚びたりしない芸風は、今となっては貴重なもの。それが見られなくなる
のは寂しい限りです。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2323: by カズ on 2014/01/08 at 19:09:41

関西では大騒ぎです・・・・すごく影響力ある人でしたから・・・・
ミスター大阪ですね・・・・

2325: by 管理人です on 2014/01/09 at 15:25:59

毒舌家でしたから、好き嫌いの分かれるタレント
さんですよね。

いつだったか、ダンディ坂野さんを番組内で叱り
飛ばしていることがありましたが、適当に芸を
やって金を稼げればいいみたいな事をダンディ
さんが言ったら、速攻で激怒されていました。

毒舌で身勝手な人に見えるけど、後輩芸人の
手抜きには結構手厳しいのだなあと思いました。
共演NGタレントが多いのも頷けますね。

歌がうまいのは別の意味で驚きました。ガンダム
の歌も担当してましたっけ。CD持ってますよ。

2328: by カズ on 2014/01/10 at 19:35:05

やはり関西ではすごいことになっています
テレビ番組情報系たかじんさんのことばかりでした 歌は抜群にうまいですよね

2331: by 管理人です on 2014/01/11 at 00:01:15

特に歌を歌うときの仕草が何とも。渾身の力を
こめているって感じでしたね。あの風貌からあの
美声が出てくるなんて今でも信じられません。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]