トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

珍しいエスカレーターの事故

「秋葉原駅エスカレーター事故、木材持った男性を書類送検」(News i)

(記事より一部引用)
東京のJR秋葉原駅のエスカレーターで、利用客の9人が手すりに指を挟ま
れ重軽傷を負った事故で、警視庁は手すりを破損させたとして71歳の男性
を書類送検しました。この事故は去年4月、JR秋葉原駅のエスカレーター
で利用客の9人が手すりと破損してめくれ上がった金属製のレールの間に指
を挟まれ、重軽傷を負ったものです。

その後の警視庁の調べで、事故の直前にエスカレーターに乗った自営業の男性
(71)が長さ90センチほどの木材を足元に置いたところ、その木材が踏み
板に持ち上げられて金属製レールとの間に引っかかったことが原因で手すりが
破損していたことがわかりました。
(引用ここまで)

このニュースを聞いた時、最初は意味が分かりませんでした。しかし、画像で
見るとよく分かります。(以下、引用)
秋葉原駅エスカレーター
(引用ここまで)

世の中、こんな偶然があるんですね。そもそも、手すり部分の構造がこれで良
いのか気になるところではありますが・・・。しかし、工場の機械に指を挟ま
れるのと大差ない事故ですよ、これ。こんな事が日常の世界で起こるなんて、
誰も思わないのではないでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]