トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

気になる次期Windowsなどの情報

無料版の「Windows 8.1 with Bing」が登場!-阿久津良和のWindows Weekly
Report(マイナビニュース)


(記事より一部引用)
月に入ってから、次期Windows OSの「Threshold」に関する話題は沈黙気味
だが、「Windows 8.1 Update 1」に関しては、さまざまな噂が駆けめぐって
いる。
(一部引用)

と言う事で、気になる情報を拾い読みして見ます。

1)Windows 8.1 Update1の登場が間近に・・・。
 記事によると、既にRTM(release to manufacturing version)の段階とか。
 アルファ版(起草版)→ベータ版(試供版)→RC版(release candidate)
 →RTM版(製造工程版)と長い過程を経て登場するわけですから、期待して
 いる人も多いはず。記事では、情報のリーク元としてロシアの「WZor.Net」
 などを上げております。これによると、ロシア時間の3月4日のツイートで
 「Windows 8.1 Spring Update 2014がサインオフ(開発終了)し、RTMに達し
 た」との記述を確認している模様。最終ビルド番号は2014年2月21日にビル
 ディングした「6.3.9600.17031」となるそうです。

 で、これに関連する情報としてNGOHQ.comサイトが明らかにしたものがあり
 まして、何と米Microsoftが現地時間の7日未明に「Windows 8.1 Update 1」
 をダウンロード可能な状態にしていたらしいのです。(但し、真偽は不明)

 で、同サイトが公開中のアップデート版なのですが「Windows 8.1 Spring
 2014 Update」となっているとか。ビルドナンバーも分かっており6.3.9600
 .17031.WINBLUE_GDR.140221-1952となっている模様。ただ、マイクロ
 ソフトが正式にリリースしたものではないはずなので、間違っても手に入
 れて導入する事はしない様にしましょう。何を仕込まれているか分かりま
 せんものね。

 ただ、実際に試した人の情報がネットに掲載されているのも事実なようで、
 Metroアプリをタスクバーに固定出来る様になったとか、非デスクトップの
 アプリに「×」ボタンがついて閉じられるようになった事を確認しているら
 しいです。私もWindows8.1に触れる機会があったのですが、デスクトップ
 以外のアプリを止める?方法が無いのには驚きました。音楽を鳴らすとデス
 クトップに戻っても止まらないのでアレと思いましたが・・・まあ、慣れの
 問題でしょうかね。正直、Vistaや7と違い過ぎて違和感ありまくりでした。

 正式版のリリースがいつになるのか判然としませんが、4月8日頃からWindows
 Update経由で提供されるのではないかと見られています。と言う事は、ISOの
 形式ではなく、拡張子が「.msu」のスタンドアロン型パッケージになるので
 しょうね。中国のithome.comの記事に正式名称が「Windows Feature Pack」
 となるかもしれないと示唆されているそうです。気になるその中身ですが、
 KB2932046とKB2937592とで構成され、さほど大きなアップデートではなさ
 そうな雰囲気です。

2)無料版の「Windows 8.1 with Bing」が出るかもしれない・・・。
 まあ本当に無料かは怪しいけど、メーカーPC専用に低価格でリリースされる
 可能性はあるかもしれませんね。このバージョンは、検索エンジンをBingに
 固定する制約があるものの、機能的には他のWindows8.1と大差ないらしいで
 すよ。まあ、実際に出るかどうかはハッキリしませんが・・・。

3)次のWindows(メジャーリリース版)は・・・。
 コードネームが「Threshold」(スレッショルド)なのは周知の事実ですが、
 「敷居」「閾」と言う意味を持つメジャーバージョンが、一体いつ頃に登場
 するのか気になります。個人的にはWindows 8.1が使い難いので、それらを
 改善したメジャーリリース版が出る事を待ちわびているのですが、2015年に
 は登場するかもしれません。
 
 この記事によると、次のWindowsでは3つのタイプが出るかもしれないとか。
 →http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1401/06/news081.html

 Modern Consumerと呼ばれるタッチ操作を重視した作りのもの、Windows7
 に近いTraditional Consumer、企業向けのTraditional Enterpriseなどが
 想定されている様です。Modern Consumerはタッチ操作好きな方には良いで
 しょうが、旧来のOSが馴染んでいる人には不人気かもしれません。だから
 こそ、Traditional Consumerが必要なのでしょうね。

 Windows8.1のスタートボタンは、デスクトップとタイル画面の切替えに使わ
 れるわけですが、やはり使い辛いし検索も分かり難い。広告に相当するもの
 が表示され続けるのも気になります。反面、よりグラフィカルになっており、
 かつてのメディアセンターを彷彿させるものがあるので、好きな人は好きな
 んでしょう。

4)DirectX 12が登場する予定
 DirectX 12の公開が告知され、実に5年ぶりに新バージョンがリリースされ
 る見込み(GIGAZINE)


 記事によれば、実現すると5年ぶりのリリースになるらしいですね。DirectX
 はApplication Programming Interfaceと呼ばれるもので、3Dグラフィックを
 高速にレンダリングする事などが出来ます。Windowsの3Dゲームでは馴染みの
 あるAPIです。

 2009年に出されたのがDirectX 11で、2013年にはDirectX 11.2が登場しま
 した。11.2の方はWindows 8.1とXbox Oneに対応しています。今度の12に
 ついては、詳細が3月20日に発表される見込みです。今更、Vistaには対応
 しないでしょうねえ。(して欲しいけど。)

・・・

Windows XPのサポートがもうすぐ終了します。私はVistaを使っていますが、
こちらも2017年が期限ですからそう長くは使えません。使ってもいいけど
ネットには繋ぎたくたいですね。その頃にはWindows9に相当するOSが出て
いるかもしれませんので、ハードウェアと共に買い換える予定。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]