トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

太陽光発電とグリッドタイ・インバーター(GTI) その後の後

前回の続きです。

暫くブログの更新が滞っておりましたが、本日やっと更新!実は、今まで
DIYで工事をしておりました。そうです、我が家にもとうとう太陽光発電
システムが完成しました!!論より証拠という事で写真を載せておきます。

(クリックすると大きくなります。)
太陽光発電システム

詳細は写真を見て頂くとして、問題は系統連系の手続きがまだなことです。
どうやって手続きをすれば良いのか分からないので、これから調べて行こ
うと思います。故に連系ブレーカーは設置したものの、当面は切ったまま。
今のところは自立運転で運用しています。

GTIによる運用を諦めたのは、GTIが国内で認証された機器では無い事と、
パワコンを安くで入手する事が出来たからです。これで一気に計画が進み
ました。で、費用もそれなりに掛かりましたが、初期投資としては安くで
出来たかなと言う印象です。以下、部材などの費用について記します。
(消費税と送料込みで記載。1円単位の端数は省略。)

<パネル周辺>
太陽光発電パネル(単結晶200Wパネルが6枚)・・・・・・・・ 112,800円
ステンレスフック(パネル固定用として12個)・・・・・・・・・1,330円
ステンレスネジ(フック固定用他に50本)・・・・・・・・・・・・350円
MC4レセプタクルとプラグのセット(ケーブル用に1組)・・・・・・450円
難燃性ポリエチレンシースケーブル(パネル用として2SQを10m)・・760円
コルゲートチューブ(パネルケーブルの保護用として10m)・・・・ 400円
粘着性ポリエチレン絶縁テープ(パネルのコネクタ防水に)・・・・320円
直流開閉器(定格10A・DC300Vまで使用可)・・・・・・・・・・ 1,200円
小計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・117,610円

<パワーコンディショナー周辺>
ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(3.5SQの2芯を10m)・・ 2,260円
ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(5.5SQの3芯を1m)・・・・280円
アース線(アース用他として1.2mmのIV線を20m)・・・・・・・・・700円
丸型端子(ブレーカー接続用他としてR5.5-6を15個)・・・・・・・330円
パワーコンディショナー(4kW用)1台・・・・・・・・・・・・ 72,000円
連系ブレーカー(太陽光発電システム用として定格30A)・・・・ 7,310円
ウオルボックス(連系ブレーカーのケースとして)・・・・・・・・720円
小計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 83,600円

<その他>
脚立を上ったり降りたり・・・・・・・・・・・・・・・・・プライスレス
締めたり捻ったり切ったり削ったり・・・・・・・・・・・・プライスレス
感電を防ぐために家族に了解を貰っての停電操作・・・・・・プライスレス
糞重いパネルを持ち運んだり設置したり・・・・・・・・・・プライスレス
ケーブルの長さを調べたり設置場所を検討したり・・・・・・プライスレス
その他危険手当・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・プライスレス
振込みに要した手数料など・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 800円
小計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 800円

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・202,010円

20万円超えてしまった orz

設置した場所は2階の床レベルのところです。早い話が1階の天井ですね。
2階の窓を開けるとすぐ眼下に屋根があるのですが、そこに設置しました。
ちょうどパネル6枚ぐらいなら、窓から身を乗り出す程度で接続も設置も
出来ると思ったからです。実際、屋根瓦に乗るのはリスキー過ぎますから
ね。(古い瓦は脆くて割れやすいそうです。下手に乗って代えの無い瓦を
割ったら一大事ですし、転落でもしたら死亡事故になりかねません。)

場所的に200Wパネルで6枚は置けます。これなら1.2kWと1000Wの大台を
目指す事も出来ますし、これなら設置する価値があるのではないかと思
った次第。日当たり面と風の通りやすさからも好条件が揃っていました。

しかし、パネルは重いっす。1枚が15kgあるんですが、これを二人で屋根
に設置する時の緊張感と言ったらありませんなw(一人じゃ無理っす。)

落としたりぶつけたりしないよう、細心の注意を払って屋根に置いて行き
ました。その前に固定用のフックを取り付けておかないと行けないのです
が、最初はパネルの幅だけを考えて設置していたので、パネルの取り付け
時に位置が合わず苦労しました。最初から遊びになる部分を設けておけば
良かったかなと反省。

ただ、現在はまだ上部のみの固定なんで、台風が来る前に下部の固定まで
済ませておかなければなりません。実はこれが大変なのですね。計画では
パネルの下部を物干し竿で固定する予定です。物干し竿は上と下からワイ
ヤーなどで引っ張るつもり。上は竿が落ちないようにする為で、下は竿が
パネルに引っ張られないようにする為。竿を使うのは一枚一枚のパネルを
固定する台座がなかったから。(瓦には絶対固定したくないし、それをす
るぐらいなら最初から業者に頼んでいますw)

という事で、設置は取り合えず終了。その後は、ケーブルの接続やらアウ
トレットボックスの取り付けやら、壁の補強と仕事が目白押しでした。

で、接続のチェックと最終確認も済んだので、パワコンの運転を開始。
連系は電力会社の許可を受けていないので、自立運転のみでチェック。

試しにドライヤーを送風にして使ってみたところ、2秒しか使えませんで
した。バリカンとCDラジカセは普通に使えます。夕方で天気が悪い時に
試したせいなのか、期待はずれでした。残念。

後は電力会社との手続きが待っています。ちゃんと申請が通るか不安で
すが、準備だけは万端に進めて行きたいと思います。当初は自立運転で
行こうと思っていたのですが、普段は使い道がないので連系した方が
良いとの判断に至りました。別に売電する事が目的ではないので、売電
メーターは要らないのですが、逆潮流をするなと言われたら余計な出費
が生じそうなので、今のところは連系したいと思っているところです。

さて、調達した部材について補足して置きます。何かの参考になれば
幸いです。

<太陽光発電パネル(単結晶200Wパネルが6枚)>
このパネルが一番割安でした。某ルートで入手しました。送料が痛かっ
たですが、それでもコスト的には安かった方です。

<ステンレスフック(パネル固定用として12個)>
パネルは長期間にわたって屋外に設置されるので、それを支える(引っ掛
ける)フックにはステンレスが必須。鉄製は安いけれど錆びるし、場所が
場所なだけに何度もメンテ出来るわけじゃありませんので。ただ、パネル
の枠がアルミ合金製なので、ステンレスとの電食が心配です。これについ
ては絶縁処理で防ぎたいと思います。

<ステンレスネジ(フック固定用他に50本)>
これもステンレス製が必須でしょう。少量で買うと高く付くので、50本入
りの物を買いました。

<MC4レセプタクルとプラグのセット(ケーブル用に1組)>
MC4は中国製の安いパネルなどによく装備されているコネクタの仕様です。
レセプタクルが受け側でプラグは挿す方に相当します。プラグ側にOリング
が付いているので、接続点の防水が維持される仕組みになっています。一応
パネル側にも同じ物が付属しているのですが、開閉器と接続するケーブル用
のMC4レセプタクルとプラグがありません。別途、買う必要がありました。で、
これだけ安くで入手する方法が見つからなくて、やっとメール便発送が可能
なところを発見しました。小さな部品ですが、無いと作業が進みません。

ここで買えますよ。

【メール便送料無料】ソーラーパネル MC4 コネクター【太陽光パネルコネクター/オスメスセット/MC-4】

価格:398円
(2014/4/22 20:47時点)
感想(2件)



<難燃性ポリエチレンシースケーブル(パネル用として2SQを10m)>
パネルは1枚の幅が81cmしかないので、6枚でも5mに達しません。開閉器は
パネルのすぐ近くにあるので、パネル端のマイナス側を最延端のプラス側と
一緒に並べるには5mもあれば足ります。それなのに10mも買ったのは費用の
都合があったから。パネル専用のケーブルが凄く高かったのです。ちなみに
パネルのケーブルは線のサイズが4SQでした。そこで値段の安い難燃性ポリ
エチレンシースケーブルを買う事にした次第。これを5m2本に組み合わせて、
擬似4SQにしようと考えました。(電線の許容量が足りれば良いので。)
買ったケーブルは屋外にも使える仕様で耐熱性も抜群です。目的は果たせ
ると思います。

<コルゲートチューブ(パネルケーブルの保護用として10m)>
上記のケーブルは細い線ですので、このままでは頼りがありません。屋外
に晒されるケーブルなので、何かで防護したいと考えました。コルゲート
チューブは自動車でも使われる耐熱性に優れた素材ですし、割ってあるの
でケーブルを途中から入れ込む事が出来ます。つまり、交換が可能だと言う
こと。耐久性にも優れているので、これで保護する事にしました。値段も
安くてお手ごろです。念の為、チューブは日の当たらないパネル上の影に
置いてあります。ここなら風雨に晒されないので最適です。

<粘着性ポリエチレン絶縁テープ(パネルのコネクタ防水に)>
俗に言うところの自己融着テープですね。コネクタ部は防水加工されてい
るのですが、何となく不安でしたのでテープで巻いて二重防水しています。

同じ物ではありませんが、同等品ならこちら。

古河電工 自己融着性絶縁テープ F-COTAPE NO.2 エフコテープ2号

価格:410円
(2014/4/22 20:49時点)
感想(0件)



<直流開閉器(定格10A・DC300Vまで使用可)>
直流の面倒なところは遮断が難しいところ。交流ブレーカーでも直流の
開閉は可能ですが、直流で使用出来る電圧があまり高くはありません。
私の場合はパネルを6枚直列でつなぐので、250Vほどの直流電圧が発生し
ています。これを安全に開閉出来る開閉器が、意外と売っていないのです
ね。おそらく需要がないのでしょう。入手したこの製品も「太陽光発電
システム用」と書かれていました。値段も手ごろで助かりました。

<ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(3.5SQの2芯を10m)>
このケーブルは直流開閉器とパワコンの接続に使いました。3.5SQなのは
余裕を持たせたからです。ケーブルの径が大きくなれば電圧降下を起こし
にくく、流せる電流値も高く出来ます。実際、パワコンの施工説明書には
8SQか5.5SQを使う様に指示されていますが、1.2kWのシステムでは3.5SQ
で十分だと思います。(但し、使用電圧にもよる。)我が家では8mで足り
ましたが、10m単位の方が割安なのでこちらを購入。

1m単位で販売してくれるお店もあります。

住電日立ケーブル ★切売販売★ 600V 架橋ポリエチレン絶縁ビニルシース電力ケーブル 3.5㎟ 2心 1m単位切り売り 黒 600V-CV3.5SQ×2C

価格:172円
(2014/4/22 20:53時点)
感想(0件)



<ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(5.5SQの3芯を1m)>
これはパワコン~連系ブレーカー~分電盤までの接続で使いました。この
ルートは電圧が100/200Vの単相三線式になるので比較的高めの電流が流れ
ます。最大で12A(100V換算)は流れるはずなので、余裕を見て決めました。
実際は3.5SQでも行けるとは思います。1mで切り売りしてくれる所を見つけ
て買いました。

こちらでどうぞ。

住電日立ケーブル ★切売販売★ 600V 架橋ポリエチレン絶縁ビニルシース電力ケーブル 5.5㎟ 3心 1m単位切り売り 黒 CV5.5SQ×3C

価格:280円
(2014/4/22 20:53時点)
感想(0件)



<アース線(アース用他として1.2mmのIV線を20m)>
本来は太目の線を買いたいのですが高いので普及品を買いました。これを
多重化して使いたいと思います。接続個所はパワコンとパネルです。それ
ぞれ独立して接地棒に接続する必要があります。接地棒は以前買っていた
物があったので、それを適当な場所(ガス管とか水道管の通っていない
ところ)に打ち込む予定。本当は接地抵抗も測定しないといけないのです
が・・・。)

色もいろいろ選べます。

住電日立ケーブル ★切売販売★ 600V ビニル絶縁電線 アース線 単線 1.2mm 1m単位切り売り 緑 IV1.2ミドリ

価格:32円
(2014/4/22 20:55時点)
感想(0件)



<丸型端子(ブレーカー接続用他としてR5.5-6を15個)>
丸型端子とチューブはパワコンに付属していたのですが、それだけでは足
りなかったので追加購入。端子チューブは買い損ねたので絶縁テープにて
対応。端子はビスのサイズなどもあるので、分電盤の説明書を見たりと少
し手間でした。

私は少量だったのでホームセンターで買いました。まとめ買いならこちら。

ニチフ 銅線用 裸圧着端子 (R形)丸形 100個入り R5.5-6

価格:1,144円
(2014/4/22 20:57時点)
感想(0件)



<パワーコンディショナー(4kW用)>
太陽光発電システムの要です。これが手に入らないと何も出来ません。
某ルートで格安にゲット出来ました。正直、メーカーはどこでも良かった
し、JETなどの認証が付いている国内メーカー品なら特にこだわりはあり
ませんでした。良い品物が入手できて良かったです。

ちなみに1.8kWタイプもあります。

【カード払いOK】三菱PV-PS18GAパワーコンディショナ(パワーコンディショナー)(パワコン) 1.8kwタイプ 【太陽光発電】

価格:133,770円
(2014/4/22 20:59時点)
感想(0件)



3kWタイプだとこちら。

【カード払いOK】三菱PV-PN30Gパワーコンディショナ(パワーコンディショナー)(パワコン) 3.0kwタイプ 【太陽光発電】

価格:150,820円
(2014/4/22 20:59時点)
感想(0件)



一般的な4kW用だとこちら。

【カード払いOK】三菱PV-PN40Gパワーコンディショナ(パワーコンディショナー)(パワコン) 4.0kwタイプ 【太陽光発電】

価格:185,220円
(2014/4/22 21:00時点)
感想(0件)



参考までに10kW用だとこんな感じ。ちょっと手が出ませんねえw

【送料無料】新電元 太陽光発電向けパワーコンディショナー PVS010T200 [力率一定制御機能]付!【太陽光発電用 三相 10KW SHINDENGEN】

価格:648,000円
(2014/4/22 21:01時点)
感想(0件)



<連系ブレーカー(太陽光発電システム用として定格30A)>
これの安い物を探すのに苦労しました。テンパール製が一番安かったです。
「GB-3MECS 30A 30MA」と言う製品ですが、念の為「太陽光発電」で使え
る物なのか確認した方が良いでしょう。連系ブレーカーとは、パワコンと
分電盤を接続する中継地点として機能します。電圧の大きさがパワコンと
分電盤とで逆転をしても壊れない特殊なブレーカーです。漏電と過電圧、
過電流を検出する機能を有しています。この製品は「太陽光発電システム
用」と注記が書かれていました。注意点としては、分電盤の主幹側に一次
側を接続するタイプですので、システムの構成や電力会社の制約によって
は使用出来ない事があります。また、一般的な漏電遮断機では代用が出来
ないので要注意です。(太陽光発電で使える物は「逆接続可能」と書かれ
ていて、特殊な作りになっています。)

今回私が買ったのはこちらです。

テンパール工業 漏電遮断器(太陽光発電システム用) OC付GB-3MECS 30A 30MA 3MECS-30030 1個

価格:7,314円
(2014/4/22 21:03時点)
感想(0件)



<ウオルボックス(連系ブレーカーのケースとして)>
連系ブレーカーを裸で設置するわけにも行かないので、何がしかのケース
に入れようと思い購入。思いのほか良い仕上がりに満足です。買う時は、
遮断器の寸法と合うもの(出来たら余裕を見た方が良い)を選びます。

上記の漏電遮断器を使うのなら、こちらのウオルボックスが良いでしょう。

未来工業 ウオルボックス (プラスチック製防雨スイッチボックス) 〈タテ型〉 (WB-1J)

価格:562円
(2014/4/22 21:05時点)
感想(0件)



品物はほぼ全てを通販で揃えました。その為、まとめて買って送料が無料に
なるよう調整しましたが、後から買い足すはめになったりと順調ではありま
せんでした。全てが手探りの状況で行ったので、この辺は苦労しましたね。
純正品や正規品を買うのが楽なんでしょうけど、太陽光発電用のケーブルは
まだ高いです。開閉器も遮断器も簡単に見つかるものは高いけど、よーく探
せばちゃんと安い物も見つかりますよ。

私は、ヤフオクとモノタロウと楽天で上記の品々を集めています。それでも
不足する物、買いそびれた物は地元のホームセンターで買いました。工具類
は持っているもので間に合いましたが、DIYでは多くの部材や道具を使うので、
今回も不足する分は事前に買い足しておきました。

モノタロウは確かに品数は豊富なんですが、事業者向け(個人事業者可)の
サイトと、個人・法人を問わないサイトの二種類がある事に注意しましょう。
品数が豊富なのは事業者向けの方です。一般向けのサイトは希望する品物が
無かったり割高だったりします。

ヤフオクなどは太陽光パネルの入手先としては最適ですが、いかんせん保証
がありません。また、保証がある物は高いです。それでも、楽天で太陽光発
電パネルを買うのはオススメしません。やはりヤフオクに特攻した方が安く
なります。パワーコンディショナーは、ヤフオクか楽天で特価品を狙うのが
早いでしょう。ただ、ヤフオクはまさに運次第ですので買える保証がありま
せん。楽天は高いですが、いつでも入手が可能です。

楽天ショップでは電材堂さんがオススメです。モノタロウには負けますが、
こちらも電気部材が豊富でほとんどの物が買えます。ホームセンターで悩
みながら買うよりも、こちらで悩んで買った方が正解かもしれません。

私も仕事柄電気関係をよく扱うので、日頃の鍛錬も兼ねてDIYをやってい
ます。ただ、損をするだけのDIYでは面白くないので、何か身に付く様な
DIYでありたいと常に思っております。安く仕上げるのも腕の一つだと思
いますが、時には思い切って高額な品物を買うのも手です。DIYは日々の
訓練と勉強が全てですね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]