トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

警察による制圧死が取調室でも発生!取調室の可視化が必須か?

取調室で意識失う 逮捕の男が死亡(NHK)

(記事より一部引用)
4日夜、相模原市の飲食店で客の女性を殴ったとして暴行の疑いで逮捕さ
れた男が、警察署の取調室で突然意識を失い、5日午前、搬送先の病院で
死亡しました。男は警察官2人に机に押さえつけられている際に意識を失っ
たということで、警察は、詳しい死因や取り調べの状況を調べることにしてい
ます。

4日午後10時ごろ、相模原市緑区の飲食店で「妻が男に頭を殴られた」と
通報があり、駆けつけた警察官が住所不詳の49歳の男を暴行の疑いで
その場で逮捕しました。警察によりますと、男はその後、津久井警察署の
取調室で取り調べを受けましたが、イスを蹴るなど暴れだしたため、警察
官2人がうつぶせの状態で両肩と胸の部分を机に押さえつけたということ
です。

こうした状況が断続的に1時間近く続いたあと、男は突然、意識を失い、
救急車で病院に搬送されましたが、5日午前11時前に死亡が確認された
ということです。
(引用ここまで)

このニュース、全て「と言うことです。」で終わっているので、警察発表以外
の情報を持たないまま報道しているのでしょうね。当時の内容がビデオなど
で残されていれば検証も出来るでしょうが、取調室は密室なので口封じで
殺してしまっても、真相は誰にも分からないままです。

暴れる奴を温かい目で見守る人間なんていやしません。憎さのあまり、つい
力を入れ過ぎてしまう事は容易に想像できます。酔っ払いに罵倒されて静か
にしている人はいませんよね。憎ければそれなりの扱いをするのが人間です。

神奈川県警のことだから、きっと有耶無耶にするんでしょう。ただ、警察による
制圧死が頻発している事を考えると、神奈川県警だけの問題では済まないと
思うのです。ましてや、密室で起こった死亡事故は証明が難しいので厄介です。
最初から取り調べの様子を可視化しておけば、警察官の正当性を証明出来た
かもしれませんね。憎くて殺したのではない、職務上止むを得なかったのだと
主張出来たかもしれません。

死なせて済むのであれば警察など不要です。こんな楽な仕事はない。それが
出来ないのは、日本が法治国家であり人権が確保されているから。警察官は
殺し屋じゃありません。罵倒されて辛い思いをしても、職務に誇りを持つ崇高
な人たちです。

手錠で手を縛っても暴れていたそうですから、中々処置が難しいのは分かり
ます。凶暴化している人間を、安全に制圧出来れば誰も苦労はしませんよね。
そう言う意味でも警察官の苦労は分かるのですが、ただ人が相次いで制圧死
しているのが事実である以上、何らかの問題があるはずだと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]