トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

パソコンケースと電源はこれがいいです

今までスリムタワーケースでがんばって来たのですが、搭載電源が非力
なのと80+認証ではないので、電源を交換するついでにケースも新調する
ことにしました。(市販のATX電源は、昔と違ってストレート排気式ではない
物が主流な為、スリムタワーケースには設置できないのです。トホホ。)

ちなみに愛用していたケースはコレ。→スリムタワーケースの排熱を考える

私が愛用していたスリムタワーケースは、コンパクトでありながらATXマザ
ーボードとATX電源が取り付けられると言う鬼仕様でした。冷却ファンも
複数設置出来て、内蔵ベイも豊富、表面のデザインも鏡面仕様でナイス
な作りと、とにかく手放したくなかったのです。が、最近のATX電源事情が
それを許してくれません。ストレート排気式の電源は、ニプロン製の物しか
みかけないので、事実上の選択肢は皆無。(ニプロンは高いけど良い電源。
安定性とか耐久性を思えば決して悪い選択肢ではありません。)

こんな事なら、小錻力をまとめ買いしておくべきでしたな。
奥行き118mmの小型ATX電源ユニット「小錻力4」が発売(ASCII.jp)

かつて、無理やりに剛力2(400W)を取り付けた事がありますが、結果は
悲惨なものでした。→さあ、困ったぞ 電源が焦げ臭い その1

電源にはどうしても寿命があるのと、様々な不具合の温床になるので
いずれは買い替えが必要になって来ます。そして、電源を買い換える
もう一つの理由は、グラフィックスカードを新調したかったから。今まで
使っていたのは、HD7750でした。これでバイオハザード6を遊んでいた
のですけど、最高画質(かつ、込み入ったシーン)にすると画像がカク
つきます。ゾンビがうじゃうじゃ出てくるシーンとか、激しい戦闘の場面
になると描写がもたつくのがハッキリと分かりました。

そう、HD7750では力不足の様です。

そうした事からも、グラフィックスカードの入れ替えに備え、先に見合った
電源を用意しておく必要があると考えた次第。となると、パソコンケース
も交換しなくてはならない。これはジレンマですな。

ここからが悩み所です。イザとなると、気に入ったデザインのケースが見つ
かりません。数々のショップを調べては見たものの、無骨だったり奇抜で
あったりと、中々食指の動くブツに出会えずにいました。デザインの優れた
スリムタワーケースを長く使っていたせいで、他のタワーケースには抵抗
があるようです。

そんなこんなで試行錯誤をしていましたら、やっと理想のケースに出会えま
した。それがこちらです。(注:この製品はドスパラでしか売っていません。)
ENERMAX新ケース「Fulmo Q」速攻チェック!(ドスパラ - パーツの犬)

詳細はリンク先を見て頂くとして、気に入った点を列挙して見たいと思います。

1)値段が安い!3500円(電源なし)で売っていました。(記事掲載現在)
2)オールメッシュのフロントが綺麗。冷却性に優れ違和感もありません。
3)リアに12cmファンが付属。(但し、安いスリーブファンと思われ。)
4)フロントに二個、側面に二個の12cmファンを取り付け可能。
5)USB3.0、USB2.0、電源ボタン、リセットボタン、ヘッドホン端子、マイク
 端子を各1個ずつフロントパネルに装備。
6)底面に比較的長い足が付属。床に置いてもエアフローが確保されます。
7)5インチベイが2個、内部には2.5インチ専用ベイが3個、3.5インチ専用
 ベイが3個と豊富。更に、底面は2.5インチ専用の取り付け穴まで装備。
8)ケーブルマネジメント機能付き。(裏配線が可能と言う意味です。)
9)内部に余裕があるので熱がこもらないせいか、全体的に静かです。

色は黒一色なんですが、汚れも目立たないしこれが一番無難ですね。

で、使ってみた感想なんですが・・・

ケースの側板がペラい!薄手の金属板なので、この辺は値段相応です。
ただ、シャーシは良く考えて作られています。リベット打ちの平凡な構造
なのですが、硬性を強化するべく一部の部材は端を柱状に丸めています。
また、手を怪我しないように部材の各断面は面取りがされており、値段
の割には手間を惜しんでいません。塗装も内部までしてあるので、高級
感があります。

電源は床設置で、吸気口は底面にあります。口部分には簡易的なフィル
ターが設置されているので、埃を内部に引き込まないよう工夫してあるの
がナイス。ケース内部も余裕があり、配線や接続で困ることはあまり無い
です。むしろ、裏配線をどうしようか考えるのに暇がかかりました。

3.5インチベイは下の方にあるので、重いHDDは良い配置が出来ます。
今は2TBを2台置いていますが、後で1台を増設予定。

2.5インチベイは中段にあり、SSDを2台設置しています。下段のスペース
がもったいないので、ファンコンの基板でも付けようか思案中。2.5インチ
ベイ自体は取り外しが出来るので、奥行きの長いグラフィックスボードも
取り付け可能となっています。

5インチベイは3個あるのですが、最上段はフロントパネルの端子類で使用。
二段目と三段目にDVDドライブを取り付けました。5インチベイのフロントカバ
ーは脱着可能です。メッシュになっているので、取り付けてもそのまま通気
は確保されています。(外したカバーは何かに流用出来ませんかねー。)

オプションのSCREWLESS KITSが標準装備されていますが、別に無くても
困りません。付属のネジが有り余るぐらい入っていますから、そちらを使う
手もあります。(まあ、あればそれなりに便利ですけどね。)

少し苦労したのはマザーボードの取り付け。受け用の部材が最初から装着
されていますが、マイクロATXのマザー用に位置を合わせる必要があります。
最大の難所はリアパネルの取り付け。ここが甘いとマザーボードの取り付け
に失敗します。(ネジ穴がズレてしまう。)そして注意したいのは、受け用の
部材とマザーの基板を接触させないことです。ネジ穴を合わせる際に金具
とボードが接触したままだと、配線パターンを傷つける恐れがあるからです。
最悪だと実装されている部品を損壊させる可能性もあり、これだけは細心の
注意が必要でしょう。その為にも、リアパネルの取り付けは確実に行う必要
があります。

さて、実はもう一つ気になるパソコンケースがありました。
ENERMAXの新ケース「Ostrog Q」に注目!(ドスパラ - パーツの犬)

Fulmo Qの後継機でOstrog Qと言うそうです。デザインが少し違いますね。
一番違うのは上面に排気用の穴が開いている事でしょう。ただね、上面に
穴があると物や埃が中に落ち込んだりしないか気になります。放熱には
最適なのでしょうが、個人的には気に入りません。私は天板に物を置くの
で、この作りだとNGです。天板はゲームパッドやカードリーダーなどを置く
スペースとして残して置きたいところ。ただ、フロントパネルの端子が上面
にある関係で、5インチベイが一つ増えています。ドライブ2台とベイ内蔵式
のアクセサリを併用したい人には良いかもしれません。

さて、今回買った電源についても触れておきましょう。

私が買ったのは、玄人思考の「KRPW-SS600W/85+/A」でした。
公式サイト→KRPW-SS600W/85+/A

グラサン親父が怪しさ満点の雰囲気ですが、SSが付く製品は某有名電源
メーカーのOEMらしいので、信頼性は高そうです。何よりも手ごろな値段で
買えるのが嬉しいですね。

こちらで買えます。

【送料無料】 玄人志向 KRPW-SS600W/85 /A

価格:5,886円
(2014/5/20 12:35時点)
感想(9件)


この電源は送料込み6000円以内で買うのがコツです。それを超えると割高
でしょうから、もう一ランク上の物を狙っても良いでしょうね。

なお、電源を80+ブロンズ認証の物に交換したら、待機電力(スリープ時)が
下がりました。電源交換前で待機電力が6W、通常で70Wだったのが、交換
後は待機時4W、通常時で65Wになっています。搭載メモリは8GB、グラボは
外してCPUのグラフィックス機能だけを利用中。やはり、効率の良い電源は
目に見えて分かりますね。

私が600Wの電源を選んだのは、買おうと思っているグラフィックスカードの
TDPが150W~200W程度になりそうだからです。今までAMDのHD7750を
使っていたので、今度はNVIDIAのGeForceを狙っています。登場したばか
りのGTX750Tiが気になったのですが、HD7750よりは良いと言うスペック
でした。

となると、狙うはGTX760辺りでしょうか。770は高くて手が出し難いので、
760辺りが無難かなと思っています。(バイオ6が快適に遊べればそれで
良しw)

いずれは、SSDも60GBから250GBにグレードアップしたいし、ペンタブも
更新したい。HDDもバックアップ用に4TBを追加で一台欲しいけど、マザ
ーに空き端子が無いから増設カードを買わないと行けないな。そこまで
出来たら暫くは一安心でしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]