トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

絶叫議員 出るわ出るわの疑問点

前回の続きです。呆れた議員に、票を投じてしまった有権者も
頭を抱え込んでいるのではないでしょうか。ほんと、情けない
議員もいたものです。

野々村・兵庫県議、議会事務局の指摘を4度無視(朝日新聞)

(記事より一部引用)
野々村竜太郎・兵庫県議(47)=西宮市選出、無所属=の
政務活動費をめぐる問題で、県議会事務局が2011年度から
の3年間で少なくとも4回、多数の日帰り出張など支出報告書
の不自然な点を野々村氏に指摘し、修正を求めていたことが
わかった。野々村氏は全く応じなかったという。

野々村氏は3年間で計345回、日帰りで遠距離出張したとして
交通費計約800万円を領収証なしに政活費から支出。切手を
買ったとする計約250万円は、宛名も内訳もない金券ショップの
領収証などが添付されているだけだった。

議会事務局は野々村氏の11年の初当選以降、年度が終わって
支出報告書が提出されると、「具体的な行き先や活動内容を書
いて下さい」「(こうした請求は)普通考えられない」などと文書で
修正などを求めてきた。野々村氏からは文書の確認欄にチェック
が入って戻ってきたが、修正に応じたことはなかった。
(引用ここまで)

あの号泣会見で世間を騒がせた野々村県議。しかし、当選して
からはかなり問題視される行動が続いていた模様。それにしても、
罪に問われなければ何をしても良いと言う考えなのか、それとも
罪の意識すらなかったのだろうか・・・。

数回の落選を経験している人だからこそ、行動次第で次の選挙
に響くと言う事は想像出来ていたはず。にも関わらず、事務局の
修正にも応じないとは呆れた議員さんですね。

ご当人のブログには「7月1日記者会見を行い、出席された全て
の記者の質問に対して、3時間以上にも及ぶ時間のなかで全て
お答えし、質問が出尽くしたのを確認しましたので、以後の取材
は一切受けない旨表明した」と書かれてありました。

あの会見で満足できた有権者は一人もいなかったはず。泣いて
喚いて、肝心の疑問点は何一つ解消せず、それで「出尽くした」
と言える神経が私には理解出来ません。

取材に応じないのは有権者に対する裏切り行為でしょう。あんな
会見で誰も納得なんか出来ていないのに、精神的な苦痛を理由
に取材を拒否するなんて、11,291名の投票者に対する裏切りだと
思います。こう言う人は当選なんかさせちゃいけないんですよね。

少なくとも、事務方の要請に応じられない人が職責を全う出来る
とは到底思えません。この先生は、アポ無し突撃取材がとても
苦痛なんだそうで、自身のブログにも「日常生活にも支障があり、
心身ともに疲れ果てて不安で一杯」などと書いています。

辞職も考えているそうですが、ほとぼりが冷めるのを待っている
のかもしれませんね。あり得ないお金の使い方をしている時点
で、次回の当選はもう無理でしょうが・・・。

(追記)
ついに絶叫議員が辞職しましたね。当たり前と言えばそうですが、
細かい部分になると記憶にないとか、謝罪したばかりのブログを
削除してしまうとか、そう言う意味ではずる賢い人でしたね。

もともと公職に就いてはいけない人だったのでしょう。それが何か
の間違いで当選したからおかしくなった。説明の出来ない支出に
ついては全額返金するそうですが、議会が刑事告訴に踏み切っ
ているので、もう少し幕引きが長引きそうです。

でも、自分を守る術と言うか逃げ方だけはうまいなあと感心します。
きっと、この人を支えてくれる人が何人もいるんでしょうね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]