トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

日本のメディアは外国では異端児か?

取材された難病少年も静かな怒り、日本の海外ロケの無茶
- Global Press - 朝日新聞社(WEBRONZA)


(記事より一部引用)
「ぼくは世界中のドキュメンタリー番組で人生を語ってきた。
ベルギー国内5回、フランス2回、ドイツ2回、イギリス1回、
そして日本2回。たいがい楽しくやったけど、日本の取材班
にだけはほとほと困らされた」。世界でも希な難病を患う
ベルギー人少年ミヒル君(15才)は、昨年出版した自著の
中で、日本からの取材班がいかに虚構を描こうとするか、
静かな怒りを込めて書き綴っている。

筆者も、テレビ番組取材のためのリサーチやコーディネート
を請け負うことがあるが、そのあまりに身勝手で無謀なロケ
に閉口することが少なくない。そのやり方は、他国の取材班
と比べても、極めて独特であり、現地社会で顰蹙を買う場合
も多い。何がミヒル君を困らせたのかを検証しながら、海外
各地のコーディネータ仲間、そして筆者自身の経験と照らし
合わせて、日本の海外ロケの問題性を明らかにしてみたい。

日本からのテレビ取材を受けたのは2009年のこと。取材当時、
平均寿命とされる13才にそろそろ近づこうとしていたミヒル君を
前に、カメラは『死の影に怯える悲壮な少年と家族』を描こうと必
死だった。サッカー選手になりたいという将来の夢を語らせてお
いて、「でも、君に未来はないよね」と声をかける。それでも涙を
見せないミヒル君を、とうとう祖父の墓まで連れて行き「もうすぐ、
君もここに入るんだね、大好きなおじいちゃんに会えるね」とたた
みかける。

ミヒル君はこう回想する。「ぼくの目に涙が出てきたら、彼らは
ズームアップして撮った。その顔を後で見たけれど、それは僕の
顔じゃなかった」と。ミヒル君の父親はとうとう爆発し、「もう
止めだ。偽りの姿を見せたくはない。私達家族は悲嘆に打ちのめ
されているわけではない。それが気に入らないなら、荷物をまと
めてさっさと帰ってくれ」と叫んだという。
(引用ここまで)

我が国のメディアは、今も昔の幻影を信じて生きているのかな。
だとしたら情けないし、外国人からは失笑されるだけで何も実り
がないよね。

今でも泣ければ視聴率が稼げると思っているらしい。だからか、
涙する顔をアップで撮ろうと必死なんだね。辛い思いをしている
姿を放送すれば視聴者が食い付くと信じて疑わないんだな。
確かに取材は2009年のことだから古い話ではあるけど、相手
が無骨な大人でもない限り、取材先に嫌われるような事をして
も平気なのが日本のメディアなのかもしれない。

諸外国のスタッフは前向きに姿を捉えて番組を構成しているの
で、取材に応じた人も安心して受ける事が出来たのだと思う。
ところが日本だけは、相手の気持ちを無視して特殊な撮り方
をするから問題になる。

確かに日本人は侘びや寂びを感じる民族なので、影の部分に
は特に鋭敏だろう。光の当たらない暗い部分にスポットを当て
るのは、日本人の感性にも合致している。

が、故意に人を泣かせたり感情を高ぶらせてまでして演出を
する必要はない。その人の感性や生き様を尊重し、取材に応
じてくれた事に感謝して映像を撮るべきだ。無理強いや虚構
などは無粋である。

難病と闘っている姿は感動的だが、綿密な取材がないと嘘に
なる。表面的なものにすがって数値を叩きだすよりも、ちゃんと
真面目に取材をすることに力を注いで欲しい。

と真面目に書いてしまいましたが、昔から日本の番組はお涙
頂戴が基本でしたね。笑いと涙があれば面白い作品が出来る
と信じて、日本のテレビ史は築かれております。そのこと自体
は別に悪くないのだけど、無理な演出はモラルを逸脱すると思
います。そこまでして、感動の押し売りをしなきゃいけないのか
なー?日本の寒い部分が見え隠れするお話だと思いました。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2579: by カズ on 2014/07/16 at 20:30:40

友人がドキュメントで取り上げられたことが
あるのですがその時のこと聞いていると
勝手に話を変えて やらせの連発・・・・
びっくりしたと・・・・・

2583: by 管理人です on 2014/07/17 at 22:34:03

そうですね。確かにこうしたトラブルや
クレームは少なくありませんね。取材に
応じたら違う演出をされたとか、勝手に
動きまで指定しているとか・・・。

取材先を尊重する気持ちがないから、
こうなるんでしょうね。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]