トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

女子高校生遺体損壊事件

佐世保高1殺害 加害少女の狂気を強めた父親の“素行”
(ライブドアニュース)


(記事より一部引用)
長崎・佐世保北高1年の松尾愛和さん(15)殺害事件で、逮捕
された同級生A子(16)は「中学生の頃から人を殺したい欲求が
あった」などと供述しているという。A子の心の闇は、母親の死、
父親の早すぎる再婚でさらに深まったようだ。

「父親が経営する弁護士事務所は県内最大手で、年収は1億円
近いなんて噂も。以前から夜の街では有名で、飲み代は月に数
百万円という話を聞いたこともあります」(地元タクシー運転手)

何不自由ない暮らしをしていたA子は3年前の父の日に「バカボン
のパパ」を模したケーキを父親に贈っている。ところが、昨年10月
に母親がすい臓がんで亡くなったのを機に急変。母親の死後に
中学で開かれた英語の弁論大会で「マイ・ファーザー・イズ・エイリ
アン」とスピーチ。四十九日前後から、父親を「アンタ」と呼ぶなど、
ぞんざいな物言いが目立つようになったという。今年3月ごろには、
父親を金属バットで殴り、入院させた。
(引用ここまで)

この事件、連日世間を賑わせており日々関心が高くなっています。
そんな中で、加害者生徒の実名がネット上で流布されてしまい、
父親も写真入りで公開されるなど、マスメディアとは違った視点で
内容が晒されている状況です。

テレビでは被害者の実名と顔写真が大きく取り上げられています
が、加害者の情報は限定的なものでした。しかし、ネット上では
様々な方面から情報が集約され、風評被害も含めて情報が散乱
しています。

中でも加害者の父親に対する非難が日増しに強まっております。
親の素行が悪いと子がグレると言う現実を、今回の事件を通じて
痛感しました。

事件が起こる前に、精神科医による通報や相談があったそうです。
この加害生徒の狂気を肌で感じ取った人々は、殺人を犯す事を
予期して水面下では関係機関に訴えていたようです。にも関わら
ず、提供された情報が何一つ生かされなかった事は聞き捨てなら
ぬ話だと思います。

「マイ・ファーザー・イズ・エイリアン」と言う弁論を発表したり、
父親の事を「アンタ」と呼び捨てにしていた加害生徒は、苦しい
胸の内を周囲にさらけ出していたのに、誰もそれを受け止めてく
れなかったようです。

その意味でも、父親の罪は余りにも重い。亡くなった母親の育て方
にも多少の問題はあったでしょうが、この子の憎しみは常に父親へ
と向けられていたようです。その事に真摯に向き合わなかった父親
は、異例な早さでの再婚と言う裏切り行為で子供に決定打を与えて
しまいました。

母親が死んで間もないのに、なぜすぐに再婚が出来るのか。父親
の無分別な行動が、子供を闇に追い込んでしまったのでしょう。
この事が一番理解出来ない部分です。

弁護士であれば人の痛みを知る機会も多かったはず。不倫や離婚、
養育の問題など、多くの事例を知っていることでしょう。そうした問題
を法的に解決して行く能力には長けていても、家族の問題を解決す
る力まではなかったように感じられます。

後妻は30代前半と若く、加害生徒の母親より20歳も年下でした。
胸元が大きく開いた派手な格好の後妻は、素性もあまり分からない
人物らしく、年頃の娘にして見ればもっとも遭遇したくない相手だ
ったと言えます。後妻をベンツの助手席に乗せて裁判所にやって来る
姿も目撃されており、周囲も驚いていたとか。

やはり、娘の性格や素行よりも、父親の行動に難が有り過ぎた結果
が今回の事件なのではないか。そう思えてなりません。

ミヤネ屋で森永卓郎氏が「いや、だって普通に考えてね、自分のお母
さんが亡くなってですよ、たった半年で若い女性と再婚するって言った
ら子供はどう思うかっつったら、普通だったら『ふざけるな』って思うの
が多分普通の感情だと私は思いますけどね」と述べています。

私も同感です。

司会者の宮根氏は「そういうご家族もいらっしゃると思いますが、それ
を乗り越えている人がほとんどなわけで…」と言葉を濁していますが、
この司会者は自身の隠し子騒動で過去に問題となった事があるだけ
に、実感があるのでしょう。

「父親のことは尊敬している」
「新しい母にはすぐに慣れ仲良くしていた」

接見した弁護士にこう述べたとされる加害者ですが、現実には金属
バットで父親を殴打しています。やはり、本音はそこにあると考えた方
が自然なのではないでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]