トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

8月のWindows Updateは要注意!

2014年8月12日に適用されたWindows Updateを実行すると、
二回目の再起動からトラブルを起こす事が判明しました。
マイクロソフトも対策に乗り出している模様。

ちなみに症状としては下記の通り。

1)Windows Updateを適用して2回目の起動からブルースクリ
 ーンが連発。
2)不具合を起こすOSは64bit版に限られ、8.1・8・7・Vistaで
 起こる模様。→不具合は32bit版でも起こる模様。
3)今回の不具合は、セキュリティソフトと無関係。
4)適用しても3回以上の再起動が無事に出来ているなら、
 特に支障なし。

Windows Updateで適用された「KB2982791」「KB2970228」
に問題があるようです。これらのアップデートは新しいバージョン
のWin32k.sysへ置き換えるものらしいですが、こちらに不具合が
あったらしく、再起動後にWin32k.sysへ触れるとブルースクリー
ンに陥る模様。

再起動しないでスリープなどを使っていれば回避出来ますが、
一度でも再起動をしちゃうともうダメ。なので、そうなる前に復元
ポイントを使って元に戻すしかないようです。または、適用済の
アップデートを削除するべき。削除の仕方はコントロールパネル
にある「プログラムと機能」などからインストールされた更新プロ
グラムを削除すればOKです。削除する対象はWindows 8 / 8.1が
「KB2982791」、Windows 7は「KB2982791」「KB2970228」
です。

既に再起動をしてしまった人は、起動時にF8キーを押してセーフ
モードに入り、削除操作をすれば良いみたい。ただ、セーフモード
に入れない人もいる模様。

詳しい情報はマイナビニュースをご覧ください。
2014年8月の月例Windows Updateでトラブル続出-Windows
 が起動しなくなったときの対処方法(マイナビニュース)


(追記)
この件でマイクロソフトも情報を発表した模様。→MS14-045

近日中に日本語版も更新されるとか。それまではこちらの内容
を参考に対処が必要。
【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の
 更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある
 (TechNet Blogs)


(8/20追記)
私はRamdiskを利用している都合上、復元ポイントを作成して
いないのですが、ブルスクに遭遇していないので様子見中。
Vistaに関する情報が少な過ぎてアレなんですが、Vistaも
一応不具合の対象になっている様です。ただ、いずれのOS
であっても、発症するかどうかは条件次第。日本では上記の
リンク先にあるような方法で削除する事を推奨していますが、
海外では問題が起こらない限り静観の構え。どっちが正しい
対処法なのか分からないけど、念のため更新プログラムは
削除しました。今はこれで様子を見たいと思います。

日本語による説明も追加されましたね。機械語訳だけど。
https://support.microsoft.com/kb/2982791/ja

具体的な対象方法は、こちらのサイトが分かりやすくて良か
ったです。→2014年8月の「Windows Updateの不具合」を回避
する方法(ぼくんちのTV別館)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]