トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

朝日新聞は言論機関ではなかった模様

池上彰氏が原稿掲載拒否で朝日新聞の連載中止を申し入れ
スクープ速報(週刊文春WEB)


(記事より一部引用)
「月に一度の連載『新聞ななめ読み』は、池上氏が一つのニュース
について各紙を読み比べ、その内容を自由に論評するもの。8月末
の予定稿では、慰安婦報道検証を取り上げており、『朝日は謝罪
すべきだ』という記述があった。朝日幹部が『これでは掲載できない』
と通告したところ、池上氏から『では連載を打ち切ってください』と
申し出があり、その予定稿はボツになったのです。

これまでも同連載は、『朝日の記事は分かりにくい』、『天声人語は
時事ネタへの反応が鈍い』などの批評を掲載しており、今回の反応
は異常ですね」

池上氏本人に確認したところ、事実関係を認めた。

「連載を打ち切らせて下さいと申し出たのは事実です。掲載を拒否
されたので、これまで何を書いてもいいと言われていた信頼関係が
崩れたと感じました」
(引用ここまで)

新聞社には昔から独自の執筆文化があり、特定のイデオロギーに
支配されているものではありますが、両側面から冷静に分析して
評論をするのが望ましい事は言うまでもありません。謝罪するか
否かを問われたとしても、それは一人の論客が述べた一私見で
あって、それを敢えて掲載しないと言うのは言論機関として我が
首を絞めるような行為でしょう。

載せる載せないの編集権は新聞社側にありますが、正面から迎え
撃つだけの気概を見せて欲しかったと残念に思います。池上さんは
私論を展開することで朝日に猛省を促しているのに、それを封殺す
るやり方はアンフェアです。大手で名のある言論機関が採るべき
態度ではありません。

今、朝日新聞の部数は低落の傾向を示しているとされ、かつてここ
の新聞配達少年だった自分としては、複雑な心境です。朝日新聞
の配達先は地元の新聞社に比べても飛び地になっている事が多く、
苦労をしながら配り走った事を覚えています。夏になれば高校野球
の記事が誇らしげに載っておりましたね。号外を配って回ったのも
良い思い出です。

朝日新聞はペンを取ることの責任を放棄したのでしょうか。反論が
あれば紙上で堂々とすれば良いのだし、池上さんの意見を載せる
事に何の戸惑いがあると言うのでしょう。やましい事がなければ、
きちんと社説で反論すれば良いのに・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]