トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

せっかくのノーベル賞受賞会見なのだが・・・



なぜかCBCの記者が、場違いな質問をしていた。STAP細胞の
事を聞かれても、当事者ではない人に答えられるのだろうか。
仮に百歩譲って、研究の在り方と云うものを先達に尋ねたかった
のであれば、その様に聞くべきだろう。耳に届かない声量で質問
を繰り返しても、高齢の研究者は答えに苦慮する。

事前に何を聞くべきかは各社の裁量に委ねられるべきだが、貴重
な時間をSTAP細胞の質問に充てて良いのかどうかは、質問の仕方
にも寄るだろう。きっと記者は、若手研究者の失敗を通じて老成
持重な氏に、熟練研究者なりの正解を示して貰いたかったのかも
しれない。

「(明るい話題に)なれば嬉しいですね」

結局、先達の人は咄嗟に聞かれてこう答えた。記者は望んだ通り
の言葉を引き出せたのだろうか・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]