トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

働く事が厳しくなる時代

竹中平蔵氏が「朝まで生テレビ」で非正規雇用について熱弁
(ライブドアニュース)


(記事より一部引用)
1日放送の「朝まで生テレビ!元旦スペシャル」(テレビ朝日系)で、
竹中平蔵氏が非正規雇用について論じた。(中略)その中で竹中氏
は、労働省が実施した派遣に対する調査を例に上げ、正社員に変わ
りたい人と非正規のままでいいという人では、非正規のままでいい
という人の方が多い、という調査結果を紹介した。また竹中氏は、
派遣雇用が増加した原因について「日本の正規労働ってのが世界
の中で見て異常に保護されているからなんです」と述べ、整理解雇
の4要件について触れた。
(引用ここまで)

この人って確か、人材派遣業の会長さんでしたね。パソナグループ
では、代表権の無い取締役会長の模様。そう言う立場の人だから、
自ずから非正規と言う仕組みにも熱が入るようで、同一労働同一
賃金への実現では正社員制度が邪魔だと考えている様子。

「正社員をなくしましょうって、やっぱね言わなきゃいけない」
「全員を正社員にしようとしたから大変なことになったんですよ」

確かに、これからの時代は少子高齢化が急速に進んで行くわけ
で、今までの右肩上がりの成長を前提とした雇用形態は成り立ち
難くなります。定年までの雇用はとうの昔に幻想となり、いよいよ
実力主義が闊歩する時代へ移ってまいります。

昔は出来の悪い社員を窓際に追いやって、窓際族なんてものを
生みだしていましたが、それでも雇用は継続されているので生活
に困るわけじゃありません。追いやられた方は愚痴をこぼすけど、
だからと言って辞めるわけにもいかない。それが今では平気で
左遷や降格、挙句には整理解雇と突き進んで行くから恐ろしい。

でも、そのせいで日本の技術が海外に流れてしまい、国際的な
競争力を失ってしまいました。同じ雇われでも、正規と非正規と
では心構えも違って来ますし、会社に対する忠誠心だって変わ
ります。(雇用は正規だけど、給与は非正規並みと言う仕事も
ありますが・・・。)

何よりも、雇用制度が実力中心に偏り過ぎると安心して働く事
が出来なくなります。言わば、息つく暇が無くなるわけです。

私も自ら経験して思ったのは、派遣などの非正規業務は「先が
見えない」こと。実際、私がいた現場は数年のうちに規模を大幅
に縮小して、かつての正社員は10分の1にまで減りました。社員
ですらそうなのだから、派遣なんてまっさきにクビを切られるわけ
です。

むろん先が見えないのなら、いつでもどこでも働けるように準備を
しなければならないのですが、それだって頭と体が動く間だけ。
40代、50代を過ぎると正規職での転職はまず難しい。企業とて
年配者を雇いたくても、そのポストが空かない限り無理なんです。
そこに残っているのは、若者に使われるような立場の弱い仕事
だけ。でも、50代の人が新卒並みの扱いで、年下の言う事を聞く
はずもなく、結果的に「辞めない」人が多いので会社も悩ましい
ところ。

でも、自民党はまだ凄い事を考えているようですよ。

「残業代ゼロ」制度導入へ 国が法改正方針(日テレNEWS24)

(記事より一部引用)
2015年、労働分野で予想される大きな動きは、働いた時間ではなく、
成果で評価する新たな労働制度「残業代ゼロ」の制度だ。厚生労働
省は2015年の通常国会で「残業代ゼロ」制度を導入するため、労働
基準法の改正を目指す方針。

新たな労働制度では、労働者に原則として残業代が支払われなくなり、
成果によって報酬が決まる。この制度の対象者は全ての労働者では
なく、厚生労働省は「対象となるのは高度な専門職で年収1000万円
以上」という大枠を示しているが、年収の詳細と対象の職種をどこまで
広げるかについては経営側や労働組合の代表者らで構成する審議会
が検討中で、1月中に結論をまとめる予定。
(引用ここまで)

で、凄いでしょ。労働者を強制的に社畜化する改悪じゃないですか?

今は「高度な専門職で年収1000万円以上」が対象だそうですが、今後
なし崩し的に引き下げられて行くのは明白。派遣業だってそうだったじゃ
ないですか。この国は「なし崩し」が好きですからね。絶対に改悪が続き
ますよ。

一応、健康管理のために従業員の労働時間を把握する義務や、労働
時間の上限を設ける方針ではあるそうですが、それもどこまで守られる
ことやら。今でもサービス残業が横行してタイムカードも操作する会社
があるのに、規制が緩んだら過労死を増やすだけじゃないですかね。

まあ、「少子高齢化=企業の戦力不足」が転じて、結果的に若者の
待遇改善になるようなら良いけれど、その一方で定年前のおっさんを
傷めつける時代になりはしないか、かなり心配です。年金だって先延
ばしになるだろうから、これからは段々厳しさが増して行くのでしょうね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2847: by カズ on 2015/01/03 at 18:39:04

労働基準法が時代に合っていないのが最大の原因でしょうね 政府が社会保険など企業に多くの負担を強いる 労働条件悪いと求人できないのも現実ですからね どうなっているんでしょうね

2849: by 管理人です on 2015/01/04 at 13:44:35

保険料の負担は確かに凄いですね。実際の負担を
企業と折半している事を忘れている人も多いだろ
うけどw

ハローワークの求人は、結構ブラックな企業も
紛れ込んでいるそうなので気をつけたいところ
です。また、働き方の多様性を認めると言う事
は、裏を返せば企業の足かせを外して人の雇用
を円滑にする反面、使い捨てにされる人が続出
しないか心配であります。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]