トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

少し昔の話を・・・「職場での言い方」編

俺社員(31)、バイト(46)をくん呼びしガチギレされる(2ちゃんねる)

(記事より一部引用)
 1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
 :2015/01/24(土) 10:20:08.23 ID:83hX23NP0.net[1/10]
 普段は職場では皆にさん付けで敬語なんだけど、気付かないうちに
 くん呼びしてたらしい

 仕事終わった後
 「貴方いくつでしたっけ?」「31ですけど」
 「なんで俺が15も年下のガキにくん呼びされなきゃいけねえんだよ
 どこの学校で年上を君付けしろなんて教わるんだよ
 子供だっているし貴方より人生経験積んでんです
 次呼んだらマジでキレますから
 俺間違ったこと言ってますか?」

 って言われた

 ポカーンとしちゃってたからどんどんヒートアップしてた
(引用ここまで)

これ、経験のある人が多いんじゃないでしょうか。私は基本「さん」付け
です。まず初対面の人には間違いなく「さん」付けです。ただ、年齢が
明らかに下だと分かれば「くん」の時もあります。で、一度決めてしまう
と後から変えたりはしません。

でも、相手の社歴や職級が自分よりも上であれば、年下の人でも「さん」
にしています。その方が、相手に与える印象が違いますからね。

ただ、相手の年齢が上で仕事がバイト止まりともなると、年下の社員から
したら舐められてたまるかと言う気持ちが生まれるのは当然。自然と態度
が厳しくなるのは自然の流れでありましょう。

ただ・・・

個人的な経験ですが、私が同級生の父親に擁壁の工事をお願いした時
の事が思い出されます。その人は社長ですから、従業員を使う立場です。
で、我が家の工事を担当した人は社長よりも年上か同じくらい。なのに、
私の目の前で凄い光景を描いてくれました。

「誰がそこを掘れと言ったかよ!!!!バカが!!クソがーーっ!!!」

と罵倒三昧。見かねた社長の息子さんが仲裁する始末でした。とにかく
この社長、口が悪いのです。言われた方もムスっとして仕事をしていまし
たが、まあ胸糞悪いこと。

もうね、「くん」とか「さん」の世界ではありませんでした。名前すら呼ばれ
ずバカ呼ばわりです。何でも工事関係者には、そう言う人が多いそうです
ね。そらあ、暴力団関係の人もいるでしょうし、中には出所後の人もいる
でしょうから、雇い主が従業員から舐められても良くないのでしょう。

また、以前にも書きましたが測量の人も酷かったです。隣地の方で測量
をしながら罵声が聞こえてくるのです。相手は女性でした。近くには中学
生くらいの女の子もいました。たぶん家族で仕事をしているケースなので
しょう。女の子はただの付き添いだったのか離れたところにいました。
問題は旦那と思しき人が、奥さんと思われる女性を手酷く罵倒していた
のです。要するに、女の人の要領が悪いのが凄く感に触った模様。近所
にまで響き渡る声で怒鳴り散らしていました。

・・・

でも、これって物凄くダメな仕事のやり方じゃないでしょうか。怒鳴る方は
そっちにエネルギーを使ってしまって時間を食うし、言われる方は命を削り
ながら仕事をしないといけないわけです。そこには改善も信頼も何もない
わけで、そんな人たちに良い仕事が出来るとは到底思えませんでした。

みなさんの職場にもいませんか、そう言う人。

私はある新人の人にこう言われた事があります。

「一年間無駄になりました。」

彼は私と別の部署にいたので直接の付き合いはありませんでしたが、
仕事中ずっと下を向いていたので心配になり声をかけました。その時に
言われたのがその言葉です。

要するに先輩が仕事を教えてくれず、新人の彼は途方にくれていたと
言う次第。後ろから付いていくのですが、先輩から声もかけられないし
指示もないと言うのです。で、自分から何かしようとすると怒られると
言う始末。だから、先輩から学ぶ事が何もないまま1年が過ぎてしま
ったと言うのですね。

その先輩は独りで仕事が出来る優秀な人でした。段取りもお客様との
打合せも独りで出来ます。つまり、独りで仕事をするから後輩はいらな
かったわけです。でも、仕事が忙しくなってくると、場所によっては補助
者がどうしても必要になります。会社もそこを考えて人を採用したのに、
先輩は相変わらず自分のペースを変えようとしませんでした。挙句に
確認を忘れてスイッチを切ったまま帰ったのです。私が気付かなけれ
ばそのままになるところでした。

こう言う先輩は人を育てないし、自己満足のまま仕事を進めてしまうの
で困りものです。結果的には、その人の失敗を誰かが負わねばなりま
せん。独りで仕事を続け過ぎて、人との距離の取り方が分からなくなっ
てしまったのでしょう。どうにも工事関係者にはそう言う人が多いように
感じます。良く言えば「一匹狼」ですが、悪く言えば「一緒には仕事をし
たくない人」だとも言えます。

その一方で、後輩をうまく指導し一人前に仕上げる人がいます。そう
言う人は説明にも抜けが無く、相手に時間的な猶予を与え、時には
急がせるなど実に起伏に富んだ指導をしているようです。だからか、
そう言う人に教わった人は成長の度合いが早くて、安心して仕事を
任せられるようになります。

ただ、怖い先輩が一人いると職場が締まると言うのはありますね。
昔はそう言う先輩がたくさんいました。私も頭を叩かれバカにもされ
ながら仕事を覚えました。不本意ながら、それが今となっては良い
経験になっています。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]