トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

パソコンが動かなくなった・・・原因はアレ

愛用していた自作のパソコンが動かなくなりました。

先日、普通にインターネットを楽しんでいたら、あるまとめサイトを閲覧
した直後あたりから画面がフリーズ。マウスは動くものの、操作を受け
付けなくなってしまいました。Control-Alt-Deleteで再起動を試みるも
反応なし。そして、マウスすら動かなくなり、HDDランプは点灯したまま。

以前は、経年劣化による電源の不安定化とメモリの不具合が原因で、
ブルースクリーンを連発したことがありましたが、交換してから問題は
ほとんど起こっていませんでした。で、これはもしかしてウィルスでは
と不安になった次第。仕方がないので、本体のリセットボタンを押し
て再起動を実施。

ところが・・・。

今度はマシンが立ち上がりません。BIOSまでは起動して起動ドライブ
を読みに行っているのですが、肝心の起動ドライブが反応しない模様。
画面には「Missing operating system」と出ております。以後、何度繰り
返しても同じ事でした。

そこで、BIOSの方で起動ドライブの読み込み先を変えて再実験。他に
有効な起動ドライブと言えばDVDドライブぐらいしかありませんので、
そこにWindows Vistaのセットアップディスクを入れて再起動することに
しました。

再起動後はVistaのセットアップディスクを読み込みに行ったのですが、
Vistaの起動画面(バーが動くアレですね)になってから数分しても先に
進まないのです。これは三回繰り返しましたが同じでした。

キリがないので、他に何か対策はないかと思案。

順を追って考えると、そもそもの原因は本来の起動ドライブであるポート
0に接続中のSSDが動作していない事です。デバイス的には認識されて
いるが、ブートセクタをうまく読み込めない状況だと推測。つまり、BIOS
からドライブは見えているのに、ブートセクタが読めないと言う不思議な
状況なのです。

で、試しに問題のポート0をBIOS上で無効にしてみました。他のHDDや
DVDなどは生かしたままです。これで再起動をすると、ちゃんとVistaの
セットアップが開始されました。ただ、このままセットアップを続けると
設定を最初からやり直さなければならないので中断。他の解決策を
探る事にしました。

一応、原因はポート0のSSDにあることが分かりました。SSDが壊れた
のか、ポート0(B75チップセットに内包)が壊れたのかは分かりません
が、BIOSで確認する限り認識はされているのでSSDの故障を疑う事に
しました。

で、ネットで調べること数分。

あるサイトによると、「まずSATAケーブルを疑え」とありました。突然
挙動がおかしくなった時は、ケーブルの不具合を疑うのもアリなんだ
とか。今のSATAケーブルは、昔のPATA(IDE)ケーブルと比べ大変
スマートで簡易な構造になっています。ケーブルの取り回しが楽で、
ほとんどの製品がSATA規格に則って作られています。

ただ、このSATAケーブル。取り回しが楽になった反面、根元の完成
度が低い粗悪品も多い様子。高級なマザーボードに付属している物
であっても油断は出来ないらしい。根元の部分はソケットと信号線の
接続部分があります。ところがケーブルを根元で曲げ過ぎると接続
が外れて断線状態になる様です。あるいは線自体が切れてしまうの
でしょう。

信号線の細さですが、下記のサイトにある写真で確認が出来ます。
検証どうでしょう _ Page 12(SSK研究所(ほげほげSSK) )

最近は端子と信号線を半田処理している高級ケーブルもあるみたい
ですね。

さて、ケーブルがおかしいとなると、手持ちに予備はないので差し替
えるしかありません。そこで、ポート1の録画用SSDに使っているケー
ブルと入れ替えて見る事にしました。さっそくPCのカバーを外します。
念のため接続部分に緩みがないか確認はしました。しっかり接続され
ています。ラッチ付きのケーブルなので勝手に外れたりはしませんが。

ただ、いずれのケーブルも接続の都合で、どうしても90度近くに曲げら
れてしまいます。手で曲げたのではなく、重力で自然と曲がるのです。
今は最初から90度に加工されたケーブルが売られていいます。実際
HDDドライブの方はそのケーブルになっているせいか、今までノートラ
ブルです。

さあ、再接続終了であります。無事に起動しますでしょうか。

・・・

見事に起動しました!ポート0のシステムドライブ(SSD)からブート
セクタが読み込まれ、Vistaが無事に起動。今までの環境を失う事
なく復活したのです。(ただ、ディスクのエラーチェックをしたところ
ファイルシステムに問題があったので、そちらは後で修復しました。)

うーん。結局原因はSATAケーブルにあった様です。あれから元の
ケーブルに戻したのですが、問題なく動いています。どうやら90度
に曲げられているせいで、内部の信号線が外れかかっていたのかも
しれません。ケーブルの形を元に戻し、90度に曲がらないよう長さに
余裕を持たせて見ました。もともとケーブルの引きまわし方に余裕が
ないのがいけないのですね。今後の反省とします。

考えてみればSSDってそう簡単に壊れないだろうから、ケーブルを
まっさきに疑うのはアリですね。その前に、1本100円のケーブルを
使うからいけないんでしょうけどw
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]