トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

声優の大塚明夫さんが書いた本が面白い

声優魂 [ 大塚明夫 ]

価格:885円
(2015/3/29 16:18時点)
感想(0件)



声優の大塚周夫さんを父に持ち、独特の渋い声でお馴染みの大塚明夫
さんが興味深い本を出されました。帯には「声優だけはやめておけ。」
と書いてあります。まさに、これから声優業に飛び込もうとしている
若者たちへのアンチテーゼです。

「才能なき声優は、大人の玩具になって終わる」

声優業のことを「ハイリスク・ローリターン」な仕事だと言い切る大塚
さんは、若いころ実父に反発して別の職業に就いたそうです。それは
頑固な父親に対する彼なりの反抗だったのでしょうが、結局は父親
と同じ「演者」の道を歩みはじめます。その後は親子で共演をしたり、
元夫婦で仕事をするなどしています。

個人的には、ブラック・ジャックの声が大塚さんで良かったと思います。
当初は俳優の内藤剛志さんがキャスティングされていたそうですが、
急病で已む無く降板。今では、大塚さんの代表的な持ち役の一つに
なっていますね。

スティーブン・セガールの声は大塚さんがほぼ専属で担当しています
が、ゲームの『メタルギアソリッド』シリーズで主人公ソリッド・スネーク
の声としても馴染み深い方です。そして、その大御所と呼ばれる立場
の氏であってもなお、声優業の危うい現実には思う所がある様子。

大塚さんは、「夢を叶える」と言う言葉に業界の胡散臭さを感じている
みたいですし、「子供たちに夢を与えたい」と思ってこの業界に進もう
とする若者にも、何らかの警鐘を鳴らしたいと考えていた様です。

今回の本は、プロの職業声優が自ら本音を綴った価値ある一冊だと
思います。この本を読んで現実の厳しさを知り、道が一つではない事
を理解するには良い教科書だと感じました。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]