トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

緊急車両スペースに別の車を止めたらダメだって!

西新井駅西口での宣伝行動中の事実経過について(ぬかが和子の想い)

(記事より一部引用)
2015年5月11日
日本共産党足立地区委員会

5月7日に西新井駅西口での日本共産党の宣伝中の出来事について、
事実と異なる内容がネット上で流されていることから、事実経過を説明
します。

7日の朝7時から西新井駅西口での日本共産党の宣伝行動中、午前
7時40分ごろ、緊急車両が西口に到着し、車両スペースに停車しました。
西新井駅西口の緊急車両スペースには2台分の駐車スペースが確保
されています。党の宣伝カーは、すぐに移動できる態勢でしたが、緊急
車両は党宣伝カーの後方に停車した後、業務を支障なく行い、搬送しま
した。

「共産党の街頭車が停まり前に進めず」というのは、事実と異なります。
(引用ここまで)

緊急車両スペースは、日本共産党が宣伝行動をする為にある場所では
決してなく、人の命を救ったり安全を確保する為の緊急車両が利用する
大切なスペースです。決して共産党が好きに使って良い場所ではありま
せん。

結果的に支障が無かったから良いだろうと考えるのはおかしな話であり、
なぜ公党の職にある者が理解と反省を示せないのか残念でなりません。

ネット上に共産党の行動を拡散したのは他党派の運動員であっても、
緊急車両のスペースに共産党の車両が停まっていたのは事実なわけ
だし、警察官から宣伝カーを移動するよう指示を受けたことも事実なの
ですよ。その上、運転手が移動させようとしたところ、緊急車両とタクシ
ーに挟まれて身動きが取れなくなってしまっている。結果的にはすぐに
対応が出来ていないわけです。

共産党は他者の不祥事や問題をよく取り上げる稀有な政党で、その活動
には期待もしています。が、同時に自分たちのやっている事を正しく総括
出来ないのであれば、信頼を失うことになると思います。

救急活動も宣伝行動も大切な仕事に違いはありませんが、邪魔にならな
ければ良いだろう的な考え方は良くないと思います。対応が冷静である
とか、活動に支障がなかったとかは二の次の話です。私も救急車には
お世話になっている一人ですから、こうした共産党の独善的な思考には
不満を持ちます。やはり問題があったからこそ警察官にも指示をされた
わけですし、非は非で認めて今後は気を付ける旨のメッセージを表明
すべきだと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]