トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

NHK Eテレで毎週火曜放送中の『趣味どきっ!』 8~9月は声優塾

NHK Eテレと言えば昔の教育テレビ。今では雑学や趣味にも番組枠を提供
していますね。毎週火曜日は趣味を掘り下げて紹介する『趣味どきっ!』が
人気なのですが、2015年8月4日(火)~2015年9月22日(火)の間は声優
のお仕事をクローズアップ!

「一声入魂!アニメ声優塾」と題した番組には、野沢雅子さんや神谷明
さんといった大御所が続々登場。ベテラン声優の講師が声の技に肉迫を
します。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3128:アニメ「それが声優!」が放送開始!!原作はまさかのシナリオは人気声優、作画が人気漫画家が手がける同人誌!! by NINBI on 2015/07/15 at 20:34:53

「ん? これ銀魂?」のコメント内でコメントでする予定だった話題についてのお知らせです。任天堂の岩田社長の訃報の関係で優先的に追悼コメントをしました。岩田社長の訃報は残念ではありますが、暗い話ばかりするわけにもいかないので当初予定していた今後のコメントの話題が延期してしまう問題点が発生してしまうため、話題のストックを消化しなければいけないのでその関係上、声優関連の記事でどうしても話したかった声優関連の話題をこちらの記事で書くことにしました。

その話題は「それが声優!」というアニメの話題です。

アニメ「それが声優!」という作品をどうしても紹介したかったので
その話題をお届けしたいと思います。

アニメ「それが声優!」見ましたが、これ・・・凄いアニメで絶対に観るべきアニメでした。
作画はハヤテのごとくの作者だからか、絵があんな感じではあるけど・・・内容は凄かったんですよね。

①それが声優!とは?

『それが声優!』は、あさのますみ(浅野真澄)が原案・原作を務め、畑健二郎が作画を担当している、
同人誌およびWebで公開の漫画作品。同人サークル『はじめまして。』によってコンテンツ展開がなされている。
2015年テレビアニメ化され、合わせて商業出版される。

作品概説
作者である「あさのますみ」が「声優・浅野真澄」として経験または聞いてきた出来事を、ギャグタッチにより再構成させたストーリーで描く、
声優業界のあるあるネタを扱った職業ものコメディー。主役となるのは、それぞれにタイプの違う3人の新人声優たちで「彼女らが声優ユニット『イヤホンズ』として、
互いに力を合わせ時に様々な理由で互いの反発なども引き起こしながらも、自分たちの声優活動を通して様々な困難に立ち向かっていく」という内容となっている。
その意味では声優業界を舞台にしたビルドゥングス・ストーリーの側面も持つ。

また本作には、作内でネタにされた声優業界にまつわる出来事や作内の設定に関して、
あさのますみ自らが解説したコラムコーナーも付随している。
なおweb版第92話のみ、椎名高志による作画となっており、同人誌で発行されたweb版の総集編にもそのまま収録された。
これは内容がBLにまつわる下ネタめいたものであったため、畑の側から作画拒否されたネタを、あさのが惜しんで事の
次第をツイッターに上げたところ、椎名が「自分が描きたい」と申し出て実現したものである

制作経緯
畑の原作のテレビアニメ『ハヤテのごとく!』で、浅野が朝風理沙役の声優を担当した事が双方が面識を持つきっかけであった。
浅野は声優業と並行しながら絵本ならびに児童文学の分野で作家「あさのますみ」としてデビュー・活動していたが、
声優業で知り合った知人より同人という分野での活動を知り、その体験を聞くうちに自分でもやってみたいと考えるようになっていった。
また、あさの自身、声優業界を舞台にした作品を執筆してみたい腹案があったが、その内容については自身が声優業を行っているがゆえに
リアリティの面からもアクチュアルな問題にも踏み込まざるを得ないと常々感じており、そのために当初より商用のメディアでは公表を行う事は
難しいと考えていて「どうせ業界を描くのだったら業界について一番身近に感じてくれる、小説や絵本を読まないファンの人たちのためにも、
漫画作品で発表したい。そのためには作画をしてくれる相方が必要だ」というプランを描いていた。一方の畑は『ハヤテのごとく!』でのメディア経験から
「各種会社を通さない作者側からの産地直送的なメディア展開は行えるのか実験してみたい」という思いを抱いており、そのためには「ある程度、自分自身で
(特に利権関係の)制御が可能なコンテンツが必要だ」と感じていた。

こうした思いをそれぞれに抱いていた二人だったが、ついに思い余った浅野は自身のツイッター上で同人活動の相方を募集し、
浅野の発言に畑が応じた。こうして浅野と畑の思惑が一致し、本作制作のために作者二人の手によって同人サークル『はじめまして。』が結成。
2011年年末に開催されたコミックマーケット81で第1巻を頒布以後、コミケを中心に活動を続け、後にWebでの連載もスタートし、着実に活動を続けている。
2014年年末に開催されたコミックマーケット87開催中にテレビアニメ化が発表された

本作のメディア化について
コミックマーケット81の初出時よりサークル『はじめまして。』では本作について「アニメ化企画募集」を謳っており
その事もあって同人誌から直接テレビアニメ化された本作だが、作者の浅野はこうしたメディア化ついて
「それ(アニメ化)以前にもドラマCD化の話があったが、テレビアニメ化にあたって声優陣が変更されることは
避けたい思いからそのオファーは断った」と語っている。また、畑曰くテレビアニメ化にあたっては、
出版社の力を一切借りずに立ち上がったことを強調しているが、それは自身で「どのようにしてアニメが
制作されるのか?というのを経験したかった思いが強かったから」
「(上記した自身の『実験』の目的上からも)最初からアニメ化が目標のひとつだった」と語っている。

あらすじ
一ノ瀬双葉、萌咲いちご、小花鈴。3人はそれぞれに事情と夢を抱いて、業界に飛び込んできた新人女性声優。彼女らは偶然、
共演する事になった事をきっかけとして交流が始まり、友情を深めていく。彼女らは、時に声優業界の厳しい現実を目の当たりにし、
友情を壊しかけ、潰されそうになりながらも、互いを思いやり励まして少しずつではあるが成長を遂げて行く。そんな中、3人が出会うきっかけとなった
アニメを担当した海原プロデューサーが、彼女らを呼び出して声優ユニット「イヤホンズ」を結成すると叫びだした。声優としては、
ほとんど知名度の無い3人の新人たち。そんな彼女たちのユニット活動を待つのはいかなる結果か。そのあいだにも3人の日常を襲う種々の困難、
悩みや迷い、戸惑い。それでも彼女たちは「それが声優!」を合言葉に前の見えないともすれば絶望的にもなる現実をムリヤリにでも突き進んでいく。

②魅力その① 同人誌のテレビアニメ化!!

原作はなんと・・・同人誌。同人誌は18禁のアレでしょ、二次創作が多いんでしょ。という勝手なイメージを持つ人もいると思いますが、
元々、同人誌というのは同人(同好の士)が、資金を出し作成する同人雑誌(どうじんざっし)の略語。

当然、一次創作もあります。オリジナル漫画を描いて同人誌を出す人もいます。中には人気の漫画家が描く人もいるそうです。

「それが声優!」はその1つですが、驚きなのは同人誌のテレビアニメ化となる。過去に同人からアニメ化した例はあるそうですが、
中々、ないんですよね。こういうのは。。。w

③魅力その② この作品の作画は人気漫画「ハヤテのごとく」の漫画家の畑健二郎さん、シナリオは声優・浅野真澄さん

それが声優!の原作は同人誌であるが、描いている人は誰なのか。と調べました。

作画は週刊少年サンデーの人気漫画「ハヤテのごとく!」の作者の畑健二郎さんですが、さらに驚いたのは
シナリオは声優の浅野真澄さんでした。

声優がシナリオ担当なのは驚きだが、声優事情を知っているのは声優自身ですからね。
なんと・・・声優・浅野真澄さんは声優が本業ですが、副業は作家です。この同人誌はもちろんですが、絵本も描いているそうで
ちゃんとした作家業を担当していました。だから実現したわけです。

声優がシナリオの作品のアニメ化って意外に珍しいと思いました。

ミス・モノクロームという作品に関しては声優の堀江由衣がキャラクター原案を手掛け、自身が声優を務めるオリジナルキャラクター
があったが、シナリオは全然違う人ですからね。

④魅力その③ 架空の声優だけじゃなく本物の声優もキャラクターとして登場する

声優あるある漫画ですので・・・なんと!この作品には本物の声優がキャラクターとして登場する
テレビアニメの第1話には野沢雅子さんが登場しました。もちろん、声は野沢雅子さん本人です。
漫画の作品で声優の本人キャラが出るのは珍しいと思います。

原作にも本物の声優が続々と登場しますが、漫画では今時の声優が登場します。
もちろん・・・シナリオの浅野真澄さんは本人役としても出演が決定しているらしいwwww

ただし・・・野沢雅子さんはアニメ版のみの登場です。

原作に登場した実在声優

堀江由衣(ゆりえほい)
同人誌版『EX』『汗とライブとほっちゃんと』web4コマ『堀江さんの不思議なカバン』などに登場。本作の客演最多ゲスト。
メディアに出る時と普段のアフレコ時のオンオフが激しい事からオン時の堀江由衣(ほっちゃん)に対して、
オフ時は密かにゆりえほい(ほいちゃん)と呼ばれる。『EX』における、いちごとの共演をきっかけに
イヤホンズと仲良くなり、以降、彼女らに大きな影響を与えていく一人となる。

白石涼子
同人誌版『双葉とハ○テくん』ゲスト。
双葉が大ファンである声優さん。双葉の番レギュ担当番組の主演者。
それが縁で双葉の喉が弱い事に気付き、彼女に医者を紹介する。

たかはし智秋
web4コマおよび同人誌『web4コマまとめました-2』描き下ろしパートゲスト。
イヤホンズのラジオにゲストで呼ばれ、独自路線を突っ走るその生き様を晒し、いちごを開眼させる。

神谷浩史
同人誌版『鈴ちゃんと神谷さん』ゲスト。
鈴ちゃんが出演したアニメで、彼女の兄役を務める。
「普通ができない」と悩む鈴に、世間話的に自身の体験を話す。

劉セイラ
web4コマゲスト。中国から声優になるためにやって来た、愛すべきヲタ娘。双葉と共演し世間話をする程度に仲良くなる。

アニメ版に登場した実在声優

野沢雅子
アニメのみ登場。第1話ではナレーションも兼任。

浅野真澄
言わずと知れた作者のアバター。アニメのみ登場。

これは・・・凄いと思いました。野沢雅子さんの登場はアニメ版だけなんですよね。

⑤魅力その④ 声優の知られていない豆知識が細かいところまで解説している。
声優・浅野真澄さんがシナリオだからか、細かいところまで詳しく声優事情がわかる作品になっている。
声優目線なのでかなりわかりやすい。知られざる声優のリアルな日常描写の漫画となっている。
仕事やプライベートや家庭などなど様々な知られていない声優の日常生活がわかる。

これは・・・声優・浅野真澄が体験したことを描かれている。
当然、声優・浅野真澄さん自身が書いている解説もあるのでそれも読むと尚、面白い。

劇中では声優業界を扱う作品である事から、様々な劇中劇が登場するなど工夫もされている

⑥魅力その⑤ アニメ版のエンディングテーマはオリジナルの曲に人気アニメの主題歌をつけたした異例の曲

アニメ版のエンディングテーマはオリジナルの曲ではあるが、なんと・・・面白いことに
オリジナルの曲に人気のアニメソングをつけたすなど、斬新な感じになっている。
第1話は残酷の天使のテーゼを使用。理由としては今回の劇中がエヴァのパロディをやったからというのが理由だとか。

⑦魅力その⑥ アニメ「それが声優!」のキャストに注目すると・・・凄い話が・・・!

実はアニメ「それが声優!」のキャストも・・・声優って凄いんだな。思わせられる出来事も・・・。
元プロ野球選手の落合博満の長男で、浅野と同じ青二プロダクションに在籍する落合福嗣のアニメ声優デビュー作となることが話題になった
という話もありました。今時の芸能人声優としての参加ではなくちゃんとプロの声優を目指したそうです。

声優アニメですし、これが声優なんですよ!と思います。

⑧魅力その⑦ ラブライブ!みたいに二次元アイドル商法もやります。二次元声優ユニットwwww
ただアニメやるだけじゃ売れないだろうからラブライブ!みたいに二次元アイドル商法をするようです。
ただ、声優が題材の作品ということで・・・アイドルというよりかは最近はスフィアとか声優ユニットが多いですよね。
なので・・・二次元アイドルではなく二次元声優ユニットという新しい発想です。

劇中の声優ユニットはもともと架空だったのですが、現実にも・・・イヤホンズが誕生!?
既にファーストシングルとセカンドシングルが発売しているwwww

⑨魅力その⑧ アニメ放送後には実写による声優番組
アニメの放送後には声優が「それが声優!」のキャストがアフレコ現場を取材する企画。
声優アニメならではの本物の声優のアフレコスタジオが観れるというのがある意味、良い。
第1回は野沢雅子さんもちゃんと登場しました。アフレコやっているところも放送しました。
声優の台本も観れました。まさに声優アニメならではの工夫ですね。

⑩この作品の感想
アニメーターを題材にしたSHIROBAKOもありましたが、あれも面白かったわけですが、
声優を題材にしたそれが声優!も中々、面白かったです。アニメだけではなく原作も読みましたが、これは貴重な作品だと思いました。

NHKでやる予定の「一声入魂!アニメ声優塾」が話題になっているが、多分、この番組よりもマニアックなのではないでしょうか。
アニメや原作の同人漫画だからかわかりやすいんですけどね。

次の話題は電波教師の話題の予定でしたが、アニメ「電波教師」の話題の他、
ドラマ版のデスノートやど根性ガエルの話題もしたいと思っています。

今後の話題の予定としては・・・
・アニメ「電波教師」&ドラマ「デスノート」&「ど根性ガエル」の話題
・ドラゴンクエストの話題
・最近のゲーム情報の話題
・アイドルアニメの話題
・今期のアニメの話題
・27時間テレビの感想
をいつもどおりのブログの記事の予定です

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]