トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

中国・天津市の貯蔵倉庫で起きた壊滅的な爆発事故

天津の爆発事故、危険物質と知らず放水した可能性も(朝日新聞)

(記事より一部引用)
中国・天津市の危険化学物質の貯蔵倉庫で起きた爆発事故は、14日朝
も消火活動が慎重に続けられた。国営新華社通信によると、死者50人、
けが人701人のうち70人が重傷。数十人の行方が分かっていない。
死者のうち消防隊員が17人に上っており、一部の中国メディアは当初の
消火活動に問題があったのではないかとも指摘している。

当局の発表によると、倉庫近くで自動車が燃えているとの通報を受けて
消防隊が現場に到着したのは12日午後11時ごろ。ある消防隊員は
「水をかけてはいけない危険物質があるとは知らなかった。現場で用い
たのはすべて水だった」と中国メディアに語った。別の消防隊員は
「最初(燃えていたの)はコンテナだった。10分ほど水をかけるとバリバリ
という音がして光り出し、爆発した」とする。約30分の放水作業の後、
大きな爆発が2回起きたという。

これに対し、中国公安省幹部は中国メディアの取材に対し、消防隊員
が放水をしたことは認めつつ、そのことが爆発につながったとの見方
は否定。隊員たちは化学物質に対する消火知識を持っており、正しい
処置をしていたと主張する。

ただ倉庫には硝酸化合物などの化学物質があったとみられている。
中国誌「財経」などは、爆発の危険性が高い火災の現場に多数の消防
隊員を突入させた判断自体を疑問視する専門家の声も紹介している。
現場付近は当時、大量の有害気体も出ていたとみられている。
(引用ここまで)

中国当局の情報統制が厳しく正確な情報が出てこない中、次々に爆発
の様子を写した動画がネット上に拡散しております。中でもこの動画は、
爆発事故の凄まじさと現実の厳しさを如実に露呈しており、本当に恐ろ
しい出来事であったのだと痛感させられます。



この動画の撮影者は、最初何が起きたのか理解出来ていない様子です。
「オーマイガ」と声を発するのが精一杯な感じでしたが、その後に次の爆発
が起こります。強い衝撃波が来ることを予感したのか体制を整えようとして
いました。

部屋の中で撮影している為、爆発音以外は静寂の中にありました。その為
現実味をあまり感じないのですが、二回目の爆発はあまりにもすさまじく、
一瞬にして静寂が打ち破られます。まさに、災害の恐ろしさ、咄嗟の判断の
重要さを思い知らされます。

今後、犠牲者の数が増大する事は避けられません。当局の報道規制が
真相を闇に葬り去り、再び悲劇が繰り返されるのではないかと懸念します。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]