トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

交通事故寸前

今日、車で買い物に出かけていたら、目の前の車が急停車した。
どうやら近所の子供が車道に飛び出したらしい。

ちょうど右折をして横断歩道を過ぎたあたりだったから、まだそんな
にスピードが出ていなかったことが幸いした。私の車も前の車両と
結構間があいていたので、何とか追突を免れている。

子供が飛び出した処には民家があった。交差点のすぐ近くに住んで
いる子供のようだ。見たところでは小学三年生ぐらいだろうか。眼鏡
をかけ帽子をかぶって、そのまま何も言わず走り去ってしまった。

事故はこうやって起こるのだなと、握るハンドルにも汗が滲む出来事
であった。

ただ、子供の飛び出しは不可抗力だとしても、その子供の挙動には
少し違和感を抱いた。飛び出すことで自分も恐怖を感じたはずなの
に、表情を一つも変えずに走り去ったからだ。例えれば、道に飛び
出してきた猫のようなものか。心ここにあらず、ただ目的に向かって
ひたすら突進している感じだった。

ここで、男の子について幾つかの推測をしてみた。

1)頭に生まれつきの障害があり、行動を抑制できない。
2)家族に叱られて、無我夢中で家を飛び出した。
3)約束か急用を思い出して、何も考えずに飛び出した。

1)だとしたら、目を離した親の責任を追及したくなる。だが同時に、
子供にばかり目をかけていられない事情があったのかもしれない。
2)ならば、子供ならあり得る話。いや、大人でも否定は出来ない。
3)だとすれば、この先が心配だ。猫じゃないんだからしっかりして
くれと言いたくなる。

1)については、別の場所で怖い場面を見かけた事がある。父親
の手を振り払って猪突猛進に走って行った子供を見た事があった。
その父親は大きく舌打ちをして叫んでいたが、子供の足は相当に
速かった。どうやらその子供は抑制が利いていない様子で、何度も
何度も車道や違う方向に飛び出そうとしていたのだが、とうとう走り
出してしまった。その後を父親が力なく追っていく姿が忘れられない。

ある医者曰く「本人が一番苦しいんだよ。」

似たような多動性のある子供を抱えている知り合いが、掛かりつけ
の医師に言われた言葉だ。親は子供の将来を心配して悩み苦しん
でいるわけだが、そのように生まれてしまった子供もワケが分からず
苦しんでいると言うのだ。好きで奇声を発するのではなく、また好んで
他人に危害を加えているわけでもない。本人にも分からないからこそ
苦しくて多動になったり他人に危害を加えたりするらしい。

その子は支援学校で先生を叩くことが多いそうだが、それも何かに
不満があって抑制が利かなくなった結果なのだろう。しかし、中には
親のエゴなのかそうした行為にも目を瞑れと言ってくるケースがある
らしい。教育論ではそうかもしれないが、人間性を無視した言い分で
はある。教師も人間だ。叩かれたら叩き返したくなる。老人介護だって
虐待が多いのは、手間がかかったり抑制の利かない人間の相手をし
ているからだろう。だからと言って、虐待をして良いわけではないが。

あの飛び出した男の子はこれから先、無事に生きていけるのだろうか。

以前なら「ああ、怖かった。気を付けろクソガキ!」と呟いて終わって
いた自分なのだが、最近は相手の頭の病気の方を心配している。

思えば昔は「気を付けろ、クソガキ!」と怒られたものだった。昔の
大人は、ダメなものはダメとかなりハッキリと相手をどやしつけた。
相手が健常者であろうが病気持ちであろうが、扱いに差はなかった
ように思う。

事故は一瞬、後悔は一生である。今回は双方無傷で済んだ話だが、
子供の飛び出しの背後に潜む「何か」を模索したくて、この記事を書
いてみた。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3261: by カズ on 2015/09/22 at 18:36:36

こんにちは
子供が飛び出したと言っても轢いてしまうと車の責任になりますからね・・・・
怖いですよね 
病気は見て明らかにわかるものと 見てもわからないものとがありますよね
正直 対応に困ることがあります
見て見ぬふりするのが正解になってきているのも
問題ですが・・・・・

3263: by 管理人です on 2015/09/22 at 19:58:30

知り合いに障害児を抱えている人がいるので
大変だと思いつつ、子供を轢いてしまうこと
の怖さを体験した一日でありました。

もう少し速度が出ていたら、前の車は確実に
轢いていたことでしょうし、私は追突して
いたことでしょう。追突すれば、間接的に
私もその子供に止めを刺すところでした。

本当に肝が冷えました。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]