トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

東電の原発事故は起こるべくして起きた事が確実に!

東電、津波対応を拒否 福島第1原発事故の2年前、事故調書で
判明(SankeiBiz)


(記事より一部引用)
東京電力福島第1原発事故をめぐり、事故発生の2年前に原子力
安全・保安院(当時)の審査官が、東電に津波対応の検討を求めた
が、東電側が「(原子)炉を(保安院が)止めることができるのか」
などと拒否していたことが25日、政府が公開した事故調査・検証委
員会の「聴取結果書(調書)」で分かった。

調書によると、保安院は平成18年9月に原発の耐震性の調査を
全国の事業者に指示。審査官が21年に2回、東電の担当者を呼ん
で津波対策の検討状況を聞いたところ、担当者は「土木学会の検討
を待つ」と返答した。

審査官は「それでは少し遅い」と感じ、重要設備を建屋内に入れ、
設備に水が入らないように防水化を提案したが、担当者は「会社と
して判断できない」「炉を止めることができるのか」と反発したという。
(引用ここまで)

で、その結果がアレですか。酷い話だ。

完全な人災じゃないですか。提案を拒否した連中はどうやって詫び
るのか?

「炉を止めることができるのか」と言った人は、地獄の炎の業火に焼か
れてしまうほどの大罪を犯しましたね。原発の事故後、自殺した人や
寿命を縮めた人、仕事を失った人、対策に追われて疲弊した人たちに
どうやって詫びるんでしょう。本当に、罪作りな事をしましたね。

当時の経営陣は、現世では寿命が尽きて逃げきれるかもしれません
が、人の持つ恨みは凄いですよ。昔から末代まで祟ると言うじゃあり
ませんか。そのツケを今後誰が払い続ける事になるのか、今からでも
私財を投げ売って出来ることをしてくださいよ。

「炉を止めることができるのか」

当時は津波対策を後回しにする経営判断をした結果、上記のような
拒否回答になっています。つまり、私的な判断ではなく会社としての
決定です。であれば、当時の経営陣が責任を負うのは当然だと思い
ます。責任を負うから役員なのであって、経営の根幹に関わる事に
決定権も判断の権限も与えられていない社員には手が打てません。

責任は判断を下した権限者が担わなければ、得ている報酬とのバラ
ンスが取れませんよね。ちゃんと責任を追及し、経営の舵を握ること
の重大さをしっかりと認識させるべきだと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3276: by カズ on 2015/09/30 at 22:25:41

こんばんは
50年近く前の原子炉だったとか 考えられない事が多いように思います 
よりによってですよね・・・・
一説によると911テロの時に ハイジャックされた飛行機のうちの一機がニューヨーク近くの原発に突っ込もうとしていてそれが福島と同じ原子炉だったと
その時のこの原子炉の弱いところを検証していて
注意事項として予備電源の確保ということが重要であるとGEから日本政府に注意が伝えられていたと・・・・

3279: by 管理人です on 2015/10/01 at 19:44:38

予備電源や冷却水系に脆弱性があることは
昔から指摘があり、共産党も国会で津波対策
に関する質問を当時の大臣にしていたわけです。
で、一笑に付した結果がこれなんですよね。

盲目的と言うか人の意見を信用しないと言うか、
あまりにもコスト優先でやり過ぎた結果なんだ
と言えます。だからこそ、検証と処罰が重要
なんですけど・・・今頃、東電の元会長とか
元社長は何を考えて息をしているのやら・・・。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]