トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

アメリカのオバマ大統領が涙

米政権、大統領令で銃規制強化へ オバマ氏が演説で涙(ロイター)

(記事より一部引用)
オバマ米大統領は5日、ホワイトハウスからのテレビ演説で、議会
の承認を必要としない大統領令による新たな銃規制強化策を発表
した。また、銃支持派の候補者に投票しないよう国民に呼び掛けた。
新たな規制では、オンラインや展示会などで銃を販売する業者にも
免許取得を義務付けるほか、銃購入希望者の身元調査を拡大する。

大統領は、任期中に現在の銃規制法が変更されるとは考えていな
いと明言した上で、11月の次期大統領選挙までの期間は銃規制
を争点とするために全力を尽くす、と誓った。

また、米憲法修正第2条に定められる武器所有の権利は、祈りを
捧げ、平和に集い、生活を営むための権利との調和を保つ必要が
あると述べた。

大統領は演説の途中、2012年にコネティカット州の小学校で起き
た銃乱射事件の犠牲者に言及し、涙を流す場面もあった。
(引用ここまで)

「銃によって命を奪われた子どもたちのことを考えるたび、怒り
がこみ上げてくる」と、オバマ大統領は涙を流しながら訴えかけ
ました。

2012年に起こった銃乱射事件では、小学校の児童が20人死亡
しました。女子児童が12名、男子児童が8名死亡したと言う悲劇
です。また、大人の女性も6名死亡しています。自殺した犯人の
アダム・ランザは、自宅で母親を殺害した後に事件を引き起こし
たものと見られています。

アダム・ランザは1992年4月22日の生まれで、高校時代は優等
生だったそうです。事件後の報道では、犯行に使用した物とは
別の銃が3丁見つかり、槍や日本刀に似せた物などを含む12本
の刃物が発見されています。この他に1600発以上の実弾も保管
されていました。恐るべきは、全米ライフル協会の認定証までも
所持していた事です。

ランザは大量殺人事件や自殺、銃乱射を描いた映画や情報に
強い関心を持っていたとされ、幼少期には自閉症の診断も受けて
います。不眠や集中力の欠如、学習困難、人と視線を合わせない
といった行動が見られ、その後の人格形成に何らかの影響を及ぼ
して行ったものと推定されます。

この事件が起こった後、オバマ大統領はテレビ演説を行いました。
「胸が張り裂ける思いだ」と涙をぬぐい、「このような惨事が二度と
繰り返されぬよう政治的立場を超えて協力し、措置を講じなくては
ならない」と語っています。

今回オバマ大統領が涙したのは、やはりその時の記憶が根強く
残っていたからなのでしょう。相変わらず共和党や全米ライフル
協会は反発を強めていますね。伝統的な銃所持の自由を主張
している彼らは、繰り返される悲劇を銃で解決しようと考えてい
るようです。対するオバマ氏は、自由に購入出来る権利を抑えて
でも銃犯罪を減らそうと、残りの任期で全力を尽くす模様です。

先日も、深夜のピンポンダッシュを疑われた少年が住民の銃で
撃たれ重傷を負う事件が起こったばかり。アメリカで今後悲劇が
繰り返されるのか否か、アメリカ国民一人一人が向き合わなけ
ればならない深刻な問題だと言えます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]