トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

3月11日は特別な日・・・確かにそうではあるけれど

3月11日に卒業祝い給食は非常識? 吉川の中学校で賛否、
市教委は困惑(埼玉新聞)


(記事より一部引用)
吉川市の中学校の給食で、「卒業お祝い献立」があす11日と重なり、
教職員から「震災のあった日にお祝いなんて非常識」という声が一部
で上がっている。市内には中学校が3校あり、3年生の卒業を祝う
最後の給食には赤飯などが並ぶ予定。学校現場からの声に市教委
は「既に献立も各校に配布しており、材料も発注している。変更は
極めて難しい」と困惑している。

吉川市の中学校では毎年、給食提供の最終日に卒業お祝い献立を
提供している。今年は15日が卒業式で、土日を挟むため11日が最後
の給食になった。献立は栄養士、市教委の職員、学校給食センター
の所長など20人以上で構成する研究協議会で決めているが、市教委
によると、3月の給食を決めた際、異論は出なかったという。

しかし、市内の中学の男性教諭は「献立は3月に学校に配布され、
市教委に日にちの変更を求めてもなしのつぶてだった。生徒に
説明できない。鎮魂の日で祝う日ではない」と問題視している。
(引用ここまで)

あの大震災から5年の月日が流れる中、こうした問題が今になって
出てくるのは残念ではありますが、例年行ってきた学校行事の一つ
である以上は中止する理由もないと感じます。卒業は喜ばしいこと
ですし、通常はお祝いの対象であるべきです。もし、配慮が足りない
と言うのであれば、お祝いの献立自体を前日に動かすのも手だった
ことでしょう。ただ・・・、喪に服すだけでなく未来を見据える事も
大切です。今はその過渡期にあるのかもしれませんね。

悲惨な記憶が忘れられない人からしたら、鎮魂の日にお祝いごとを
するのは許せないのでしょう。震災に巻き込まれ卒業出来なかった
子供たちのことを思えば、お祝いムード一色になるのは確かに違和
感があるのかもしれません。でも、「卒業」は祝いごとであると同時
に別れを伴う特別なものです。次の進学に期待と不安を持つ子供
たちをしっかりと送り出すと言う意味においても、こうした行事には
いろんな大人たちが知恵を出し合っても良いのではないでしょうか。

災害から学んだことも多かったわけだし、行事に異論を唱える考え
方も否定はしませんが、記憶や痛みを消し去ることは出来ないので
冷静になって行事を進める事も必要なんだと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3611: by カズ on 2016/03/13 at 21:01:39

こんばんは
被災地まっただ中だとわかりますが
いつまでもこだわるのもどうかと思います
この11日前後になるとマスコミも急に
震災を取り上げてそれ一色にですからね・・・・

3614: by 管理人です on 2016/03/14 at 06:53:17

節目節目に出てくるのは仕方ないにしても、
恒例行事みたいに扱うのはどうかなと思い
ます。災害は日頃からの備えが大切だし、
そればかり考えても生きにくいのは分かるし、
何事もバランスが大切ではありますね。

被災者の人からしたら、毎日が特別な日
かもしれませんが・・・。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]