トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

軽井沢でのバス転落事故、真相が見えてきた

軽井沢で事故のバス 「使用は危険な状態」と警告(NHK)

(記事より一部引用)
乗客乗員15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故で、事故を起こしたバスは床下の腐食が進んで複数の穴が開き、去年、バスのメーカーが「使用は危険な状態である」と報告書で警告していたことが分かりました。事故を起こしたバス会社は警告のあとにこの車両を購入していて、国土交通省は詳しい経緯を調べています。
(引用ここまで)

この事故では、痛ましい事に15名の尊い命が失われました。楽しかったはずのスキーツアーで、前途ある13名の大学生たちが亡くなっています。バスは事故直前に制限速度の2倍近い時速96キロで走行していた為、車体を制御出来なくなり事故へと至りました。その後の捜査で警察は、車両に大きなトラブルはなかったとして運転手の操作ミスであると判断しています。ところが、NHKの取材によって別の真相が明らかになって来ました。

事故前の去年3月、バスのメーカーが問題のバスを点検した際に車体の床下が危険な状況にあったことを報告しています。さびや腐食が進んで穴が開いており、車輪を支える部品は腐食がかなり進行していたそうです。強度が著しく低下しており「このままの使用は危険な状態である」と警告していました。

事故を起こしたバス会社のイーエスピーは、その車両を購入しています。「問題がある車両とは全く知らなかった」として、危険性を認識していなかったことを主張しているとか。その前にバスを所有していたバス会社は「メーカーからさびの広がりは聞いていたが、危険だとは認識していなかった」と言い、いずれも危険性を認識していなかったとのこと。

そんな中、2ちゃんねるのある人物が興味深い考察をしていましたので引用します。

(一部引用)
460 名無しさん@1周年 2016/01/21(木) 04:44:59.97 ID:udrzTkwC0
俺は現職運行管理者兼整備管理者だけど、この事故は劣化によるエア抜けだと思ってる車両が14年式と出てるから、もうエア漏れとか故障との戦いだろう。ミッションはMTだと過程したら、登った所でトップ近くにギア入れて惰性中にエアトラブルが起きたんじゃないかと。そこから徐々に速度上がってギアチェンジ、サイド、コントロール不能なら、排気だけでストップランプ付いててもギアが高いから速度落ちないわな。動画観た限りだとノーブレーキ無制動なら250メートルの地点でカーブ曲がれてないと思う動き方してる。センターを割りながらコーナリングしてる割にはコーナーを抜ける時もほぼ同じ位のはみ出し方してるから、多少は制動が効いてる感じ。これらから察すると、ドライヤー破裂やパイプ類、バルブやシール辺りかな。どれもこれも13年以上経ってたら交換歴やらあってもおしかしくない部分ばかりだし。

463 名無しさん@1周年 2016/01/21(木) 04:45:14.04 ID:udrzTkwC0
事故現場のタイヤ跡はロックにより引きずり跡じゃなく、グリップマークなんだから、手前右カーブで車体を当てて軽くよじれたまま慣性で走ったんだろ。左フロントのトランクションが抜けたままね。調べたらエアロクイーンはリア横置きエンジンだから、フロントが軽い挙動は左を当ててすぐ左カーブだから当然ハンドルは右に切った後に接触して左に切り直し、この時点で左フロントは完全にトランクションが抜けて右に横Gがかかる。そしてそのままガードレール突き破って横転。これが真相、と言うかこれ以外に説明つかん。
(引用ここまで)

亡くなった運転手の責任になっている本件では、会社側も法令違反が明らかになっています。加えて今回の新事実によって、事故の本当の理由が明らかになるかもしれません。事故原因が単なる運転ミスなのではなく、車両の不具合が原因だとしたら、その責めは他にも波及します。全国には老朽化の進んだ車両がまだまだ多く走っているそうです。きちんと修繕と整備をすれば安全に利用できる乗り物も、扱いを誤れば凶器になります。事故の教訓を闇に葬らずに、次へと生かせる社会でありたいです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]