トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

FC2がアダルトビデオ各社と和解した件

FC2とはこのブログでもお世話になっている会社です。まあ、無料なのでw
まさに、FC2様のおかげで私のブログも生きていられると言う次第。よって、この会社が潰れたら私のブログも敢え無く閉鎖となるわけです。

【会社概要】
■会社名 FC2,Inc.
■設 立 1999年7月
■所在地 4730 South Fort Apache Road Suite 300 Las Vegas, NV 89147
■URL http://fc2.com/
■Twitter http://twitter.com/fc2info
■Email fc2@fc2.us
■事業内容 ドメイン販売・ウェブホスティング・アプリケーション開発

上記でも分かるように、会社の所在地はアメリカのラスベガスと言う事になっているのですが、以前から警察沙汰になっていることで実質的な管理会社は国内にあることがバレてしまいました。最近は海外にあるのかもしれませんが、実態が今一つ分からない謎の会社でもあります。さて、そんな不思議な会社のサービスを利用している手前、こんなお知らせがFC2から届きました。既にメディアなどでも既報の通りの内容です。

(以下、引用)
動画関連会社と弊社との間の著作権侵害訴訟における和解の成立について

平素は、FC2(fc2.com)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

平成24年にAVメーカー7社がFC2に対して、FC2動画が、AVメーカーの著作権を侵害するとして、約1億円の損害賠償等を求めていた裁判について、平成28年2月12日に、AVメーカーとの間で和解が成立いたしました。この和解は、損害賠償請求が認められないことを前提に、関係者にテイクダウンツールのアカウントを付与するものであり、FC2のビジネスが米国著作権法の下で適法に行われていることについて裁判所が理解を示したものと考えております。FC2は、今までどおりコンプライアンスを重視し、ユーザー様のご要望・ご期待にに沿えるよう全力でサービスを提供して行く所存です。

今後ともFC2をよろしくお願いいたします。
(引用ここまで)

FC2には様々なネットサービスがあるのですが、動画投稿サイトの運営も行っています。最近までこの動画投稿サイトにアダルトビデオなどの著作物が無断でアップされ続けており、メーカーが損害を被ったとして裁判になっていたわけです。これについてはFC2も重い腰を上げなくてはならず、結果的には賠償を請求されない代わりに代替処置を取ると言うことで和解が成立しました。この代替処置が「テイクダウンツールのアカウントを付与する」と言うものであります。

この中で分からないのは「テイクダウンツール」の意味するところです。英語表記ではTake Downになりますが、アメリカで2000年10月に施行された連邦法「デジタルミレニアム著作権法」に沿ったものだと言えます。アメリカでは著作権の侵害について故意や過失が無くても罰せられる無過失責任制を取っている事から、サービスを提供している側はセーフハーバー条項に則して何らかの行動を取ることが求められます。つまり、権利者から著作権侵害の正式な通知を受けた際には、調査と削除の義務が生じます。この時、詳細がまだ分かっていない段階で当該コンテンツを削除したり利用出来ないように制限しても、罪には問われません。後は疑いを掛けられた投稿主に連絡を取り、反論があればデータを復活させます。訴えた側がその事に更に異議を申し立てなければ話は終わるわけです。

テイクダウンツールは、今まで複雑で面倒だった手続きを簡便化したものだと解釈出来ます。権利者は自ら違法なデータの投稿がないかを調べて行き、疑いのあるものを閲覧やダウンロードさせないように処置することが出来るのだと思われます。但し、FC2側が詳細な仕組みを開示していないので内容はハッキリとしませんが・・・。

日本国内の場合だと、2001年に成立した「プロバイダ責任制限法」に則した対応が行われます。日本では権利侵害の通知を受け取っても即座に削除はしなくても良いことになっています。まず、サービスの提供者は発信をした者に対して確認を行います。それから一定の期間を経て反論がなければデータを削除すると言う流れです。

いずれにしても、他人の権利を貪る形で収益を上げてきたFC2に取って、もっと健全な形で商売をしなければならなくなった事は間違いないと言えます。以前は、アダルトビデオやその他の動画を高画質で提供する時は有料制を取っていました。この事がメーカー側の怒りを買い訴訟に至ったのだと思われます。

個人的にはFC2以外のところでブログを続ける気がないので、この会社と運命を共にする予定。よって、ある日突然に閉鎖になるかもしれませんね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]