トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

TBSが出演者を無断で消去して放送!

TBS捏造否定も「ピラミッド・ダービー」“不適切な演出”認めた(スポニチアネックス)

(記事より一部引用)
問題があったのは、19日に放送されたクイズバラエティーの「ピラミッド・ダービー」。出演した顔相鑑定士の池袋絵意知氏が、放送後に収録時と内容が違うことを指摘。TBSなどによると、池袋氏は双子を見極める対決に解答者として参加。最終問題まで解答したにもかかわらず、放送では池袋氏が途中で「脱落」し、参加したはずの問題の放送部分ではCG処理で姿を消された。

TBSは「演出の一環のつもりでしたが、池袋氏への説明や了解を得ることなく、脱落として姿を消すなど、行き過ぎた編集がありました」と不適切な演出を認めた。最終的な対決の結果は変えていないことから、「捏造ではない」とした。
(引用ここまで)

その後の説明では、問題の映像を制作したのは株式会社ザ・ワークスとの話だそうですが、制作協力は「Zプラス・No.b」となっており、ザ・ワークスの名前は出てこないようです。実際、制作番組一覧にも「ピラミッド・ダービー」が出てきません。事実関係が有耶無耶な印象を受けます。

ことの発端は顔相鑑定士・池袋絵意知さんが自身のブログ内で暴露したことです。6月19日に放送されたTBS系バラエティー番組「珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー」に出演した池袋さんは「CGによって自身の姿が消された」と憤慨。主張によると、クイズでは最後まで回答していたのに、実際に放送された内容では途中で脱落して退場扱いになっていたとか。結局、優勝者はメンタリストのDaiGoさんでしたが、池袋さんも最終問題までは残って回答していたとか。

映像を見ても確かに消去されていますね。
TBS番組

池袋さんはブログで次のように主張しています。

顔相鑑定士&顔研究家&顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

(記事より一部引用)
6月19日(日)『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』(TBSテレビ)に出演しました。オンエアを見て唖然、そして怒り、悔しさ。あまりのことに食べ物も喉を通らない。嘔吐きが止まらない。4月15日(金)に収録した内容の順番入れ替えられ、3回戦で脱落したことにさせられ、4回戦目(本当は3回戦目で収録で私も答えている)の部分では私の姿がCGで消されていたのです。
(中略)
たとえ「途中で脱落者が出たほうがテレビ的には面白くなる」とテレビ脳で思ったとしてもやっちゃいけないことでしょう。テレビに出る以上、番組の駒は駒だけど、収録した内容の順番を変えて、オンエアでは収録時とルールを変えて、脱落ってされて、CGで消されて、こんな作為的に私の信用を貶めるやり方は、もはや編集ではないですよ。当日ルールを変えるのはいいけど、出た人がいないところで後から順番もルールも変えて存在さえも消して放送するのは編集とは言わないです。
(引用ここまで)

番組への出演者は以下の4名。司会はウエンツとバナナマンの設楽さんでした。

元刑事 小川泰平(犯罪ジャーナリスト)
顔相鑑定士 池袋絵意知
IQ148芸人 藤本敦史
メンタリスト DaiGo

出演者が局や番組への批判を行うと、間違いなく次からは呼ばれません。面倒な奴との烙印を押されて声を掛けられなくなります。ただ、今回の加工は出演者の仕事に対する評価を暗に貶めており、一種の営業妨害とも受け取れます。黙ってはいられなかったのでしょうね。TBSも協力会社のやったことだからといつまでも静観をするのではなく、社長が定例の会見で必ず謝罪をすべきだと思います。こう言う事のケジメは、組織のトップが早々に付けないとスッキリしませんよね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]