トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

買い物で思う事

ここ数年の話だと思うのですが、買い物をする時にレジで聞かれることがあります。

「お箸は何本お付けしますか?」
「アイスのスプーンを入れておきますねー。」
「一緒にお入れしますねー。」

食品と洗剤を同じ袋に入れるのは論外だとしても、この箸とスプーンの呼びかけは何だろうと毎回思うわけです。そりゃあ特に不満はないし、こちらも事務的に「一つでお願いします。」と返答するんですが、こんなこと毎回聞かなくても良いのにと思ったりします。だって弁当を買えば箸が必要になるわけだし、その時は不要でも持ち帰って保管しておけば役に立つ日が来ます。忙しいコンビニなどは勝手に入れてくれるし、それで困ることもないのにスーパーやドラッグチェーンは必ず聞いてきます。「お入れしますねー。」と言われてわざわざ「要りません。」と答えるのも面倒なので、いつも「はい。」と言っているわけです。

きっと経費節減の一貫なんだと思いますが、カップアイスのスプーンはデフォルトで付属すべきものだと思っています。昔は売り場に置いてあって、必要な分を客が持ち帰るようにしていたと思うのですが、今では見かけません。たぶん、勝手に持ち帰る人が多いからなのでしょうね。

それと気になるのが挨拶。

客とすれ違うたびに「いらっしゃいませー。」と、店員が声掛けをしています。特に万引きの多い店や対策に厳しい処ほど、この傾向は強いようです。某パソコンショップでは狂ったように「いらっしゃいませえっ!!」と連呼しており、威圧感すら感じました。某店では露骨に「万引きは警察に通報します。」と放送を流しており、万引きによる被害が甚大な損害を招いている事に気付かされます。

どの店も「無駄を減らす」、「損失を極力減らす」と言った意識で経営に取り組んでいます。当たり前の事ですが、それを実践すると上記のような事に繋がって行くのでしょうね。昔の個人商店では期限切れの品物が普通に置かれていたし、定価販売が日常的でした。たまにサービスをしてくれますが、今みたいに24時間の営業ではないので不便な時も多かったです。今では店舗の集約や大型化が進んで年中無休が当たり前になって来ました。中でもドラッグチェーンなどはコンビニ顔負けの品揃えになっていますね。営業時間も深夜12時までの所もあり、価格だってコンビニよりずっと安い。冷凍食品や加工食品が置いてあるので、弁当屋が閉まっていても困りません。

ところで、私が一番気になっているのは某ドラッグチェーン店の防犯カメラです。その数がもの凄くて、入り口周辺だけでも5台。ヤクザの事務所かと思うほどです。店内はレーンごとや通路ごとに必ずあって、死角になりそうなところは一つもありません。高価な薬や品物には防犯タグが付いており、非常に徹底しております。放送では「万引きは犯罪です。」と繰り返し流れ、それもかなりのボリューム。ここまでやれば抑止力も抜群でしょう。

個人的には、自動販売方式やネット予約式に特化した店が出てくれば有り難いところ。日常的な行為とは言え、買い物は意外と疲労します。仕事帰りに寄ってもお目当ての物が売っているとは限らないし、休みの日にまとめ買いをしてもレジが混雑していれば待たされます。最近は袋詰めや会計を客に任せている店も見かけますね。

私の理想は、ネットで予約及び決済して現物を受け取る、あるいは宅配してもらう方式です。宅配も専用のボックスを用意する事でいつでも持ってきて貰える。特売品をネット上のチラシで見られるお店も増えましたし、これからの超高齢化社会においては移動手段の問題も出てきます。最近の市報で知りましたが、地元のバスは赤字が深刻で自治体がバス会社に委託する今の運行方式には限界が来ているのだとか。車を運転出来ない人にはバスやタクシーが唯一の移動手段ですが、バスが廃止になると割高なタクシーだけとなり、自力では買い物に行けなくなる可能性が出てきます。また、移動販売式では欲しいものが限定されてしまうし、定刻通りにしかやって来ないので不便。

リアルに手に取って品物が選べる喜びは別としても、現物販売や対面販売にこだわる必要もないのかなと感じます。コンビニや大手のスーパーでは食料品や雑貨の宅配も行っているようです。こうしたサービスがもっと日常的になり、実店舗で買い物をすると言う姿が変わって行けば、もっと便利になるのかなと思うこの頃です。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]