トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

ついに来たか、がん治療の決定打!!

光でがん細胞を退治、全身転移にも効果 マウスで成功、3年後には人間にも治験(J-CASTヘルスケア)

(記事より一部引用)
人体に無害な光の近赤外線を当て、がん細胞を攻撃する免疫システムを活性化させ、がん細胞を退治する治療法の開発に米国立衛生研究所の小林久隆研究員らが成功した。まだ、マウスの実験段階だが、1か所のがんを治療すれば、遠くに転移したがんも消える画期的な効果があるという。米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」(電子版)の2016年8月17日号に発表した。
(引用ここまで)

がんの様な難治性の病を克服するには、命を削るレベルの強い薬を使うか、放射線を使ったり外科的に患部を取り除くぐらいしか手がなかったわけですが、今回の方式は人体に備わっている機能を生かす画期的なものです。ここで鍵になるのが「制御性T細胞」でして、人体に巣食ったがん細胞は制御性T細胞を身にまとい、免疫システムからの攻撃を受けずに済ませているとか。本来は健康な細胞を守る為の仕組みを、がん細胞は悪用しているわけですね。

研究チームでは、がん細胞のガード役になっている制御性T細胞を破壊することを考え付き、光を受けると発熱する特殊な化学物質を制御性T細胞に結びつかせる事にしました。これには特殊な性質を持った抗体が使われるそうです。制御性T細胞と結び付きやすい抗体に光で発熱する成分を組み込み、肺がんや大腸がん、甲状腺がんを発症させた計70匹のマウスに薬を注射して体外から近赤外線を当てたところ、約1日ですべてのがんが消えたとか。研究チームでは「全身のがんを治療できる可能性がある。3年後には人間で治験(臨床試験)を始めたい」とコメントしているそうです。

凄く理路整然とした方法で、これこそ画期的な治療法だと言えます。後は注射する手順や照射の仕方を考えなければなりませんが、治験が3年後と言うのが厳しい。もっと早くなれば良いのですが・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]