トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

民進・蓮舫代表

民進・蓮舫代表「昔も今も、実現可能なものしか提案していない!」 自民・高村正彦副総裁に反論(産経新聞)

(記事より引用)
民進党の蓮舫代表は28日、自民党の高村正彦副総裁が民進党に実現可能な提案をするよう求めたことについて「気にしてもらえるだけで十分ありがたい」と述べた上で、「前回(の旧民主党時代)も今も、私たちは実現可能なものしか提案していない。ぜひ認識を共有させていただければと思う」と反論した。国会内で記者団の取材に答えた。
(引用ここまで)

この人の何が信用出来ないのかと言うと、過去にやらかした事を自己に都合の良い解釈をして本質を見誤っているところです。実現可能なものを提案していると言っても、継続しなければ意味がありません。民進党に言葉遊びをする余裕はないはずなのに、それが分からない代表なら残念です。早晩、人を引っ張って行けなくなると思います。高速道路の無料化は確かに実現したものの、今は元通りですよ。ガソリン税もそうだったし、政権時代は経済を混乱させた挙句に外国との交渉ルートも持ち合わせていない事が露呈したのに、相変わらずネクストキャビネットの面々は細野豪志さんなど不安になる面々。実務者がいない政党に何を期待すれば良いのでしょう。自民党には傲慢なところもありますが、民進党にはない組織量と推進力があります。そこは政策を実現する政権与党歴が長いだけあり頼もしいところでしょう。

しかし、民進党にはその頼もしさが見られず、蓮舫さんに至っては「失言」でボロを出す心配が拭えません。前代表である岡田さんの事を「本当につまらない男」と発言した時などは、「岡田氏が大好きだ。ただ1年半、一緒にいて本当につまらない男だと思った」と語った言葉の一部だけが独り歩きをしてしまいました。蓮舫さんは気心が知れている岡田さんだからこそ、ユーモアを交えて自身の舌鋒の鋭さを強調したかったのでしょうが、周囲への根回しが悪いのですぐに失言と見られてしまいます。二重国籍の問題でも説明が不十分で、ネット上で矛盾を指摘する声や証拠が出てくる始末です。

そんな人が「実現可能なものしか提案していない」と言ったところで、屁理屈を唱えているようにしか見えません。悪く言えば軽薄、良く言うなら活動的、そんなイメージが先行してしまうからです。本当に反省して出直す気があるなら、政権与党時代に何が悪かったのか徹底的に分析して公表すべきでしょう。党内で仲間割れをしたり、信用を失うような発言をしたり、国民よりも内部事情を優先していたツケはそう簡単に返せないですよ。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4008: by カズ on 2016/10/06 at 17:11:47

こんにちは
本当にバカでどうしようもない集団です
恥ずかしくないのかと・・・・・・
元グラドルのおばさん 丸出しの軽薄さで
期待を裏切らないです(笑)

4011: by 管理人です on 2016/10/07 at 18:41:47

国会では稲田防衛大臣を攻めまくって
いましたが、今は存在感を示すよりも
二枚舌の方が凄く気になります。もともと
民進党の国会質問って的外れなものが少なく
なく、時に失笑を買う時がありますが、
代表が自ら墓穴を掘らないように注意して
欲しいものです。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]