トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

職場で紙を作る時代

オフィス古紙、水なしで再生 エプソンが世界初「乾式」(朝日新聞)

(記事より一部引用)
セイコーエプソンは30日、水を使わずにオフィスの古紙をリサイクルする装置「PaperLab(ペーパーラボ)」を12月から販売すると発表した。水を使わない「乾式」は世界初という。紙を外部に出さずに処理できるため、機密性の高い書類を扱う企業や自治体向けに需要を見込む。ペーパーラボは高さ1・8メートル、幅2・8メートル、奥行き1・4メートルで、A3、A4判の使用済みコピー用紙を投入口に入れると、同サイズの再生紙や名刺用の厚紙、色紙が出てくる仕組み。A4判なら古紙10枚から7~8枚、1時間で約720枚をつくれるという。古紙を再生するのは水で溶かす方法が一般的で、A4判のコピー用紙1枚をつくるのにコップ1杯の水が必要。ペーパーラボは古紙に衝撃を与えて繊維状にしたうえで結合させる方式で、給排水設備が要らず、置き場所を選ばないのが特長だ。
(引用ここまで)

気になるお値段は、税抜き2千万円台前半也~!

上記以外にも消耗品や保守の費用が発生するので割高になりますね。機密文書を内部で処分し、かつ有効に再生させたいのであれば向いていますが、一般的なオフィスではメリットが薄そうです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]