トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

AMD Ryzenが来年に登場するわけだが

AMDが新CPU「AMD Ryzen」を発表、Intel製プロセッサーのライバルになれるか?(GIGAZINE)

(記事より一部引用)
AMDは「AMD Ryzen」のリリース時期を「2017年第1四半期を予定」としており、リリース時期と同時にいくつかの詳細なスペックを発表しています。「AMD Ryzen」ブランドの最初のCPUは8コア・16スレッドのハイエンドデスクトップ向けのものとなります。なお、L2キャッシュは4MBでL3キャッシュは16MBです。このチップはAMDのマイクロアーキテクチャ「Bulldozer」のクラスタベースマルチスレッディングとは異なり、同時マルチスレッディングを採用することでベースクロック3.4GHzの最高性能を引き出すことが可能です。Intel最新のクアッドコアCPUであるCore i7-6700Kほど高速ではありませんが、IntelのBroadwell-Eプロセッサー(3.2GHz)とはかなり拮抗した数値になっています。
(引用ここまで)

Core i7 6700K BOXの価格は35,000円ほど。マザーボードやメモリまで含めたら確実に5万円を超えてしまいますね。低コストがウリのAMDだと、やっぱり総額で4万円以内に収まらないとダメでしょう。TDPが95Wであるところも気になるけど、「SenseMI」と呼ばれる人工知能的な学習機能も気になります。CPUに100個ほどのセンサーを搭載しており、空冷や水冷など様々な条件を自動判別して最大限のパフォーマンスを引き出せるのだとか。Smart Prefetchも人工知能を生かした新設計らしく、とことん人工知能にこだわっている様子。

AMDはGPU技術の分野でインテルとライセンス契約を結ぶと言う情報もあるようなので、今回は単に周回遅れを取り戻すだけではなさそうです。これで停滞気味のPC業界がより活発になれば言う事なし。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]