トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

島根女子大学生遺棄事件の真犯人を書類送検へ

島根女子大学生遺棄事件、交通事故死の男を書類送検へ(TBS)

(記事より一部引用)
7年前、広島県の山の中で島根県の女子大学生の切断された遺体が見つかった事件で、警察は事件直後に交通事故死した男が女子大学生を殺害し遺棄したとみて調べていることが、捜査関係者への取材でわかりました。容疑が固まり次第、容疑者死亡のまま、書類送検する方針です。この事件は2009年10月、島根県立大学の1年生だった平岡都さん(当時19)が行方不明になり、翌月、広島県北広島町の臥龍山で切断された遺体の一部が見つかったものです。
(引用ここまで)

この猟奇的な事件は、状況の異様さから異常性愛者の犯行ではないかと思われていました。多くのメディアが取り上げ、連日のように報道されていた事を記憶しています。

事件は2009年11月6日に広島県北広島町の臥竜山(がりゅうざん)山頂付近で女性の頭部が発見された事で発覚します。被害者は10月26日から行方不明になっていました。当時は19歳の女子大生で、アルバイトからの帰りに消息が分からなくなっていたものです。11月7日には左大腿骨の一部が見つかり、翌8日には両手足のない胴体部分が見つかっています。その翌日に左足首が、後になって動物の糞から爪も発見されており、猟奇的な犯行に戦慄が走りました。状況から見て、失踪直後に殺されて遺棄されたものと見られます。遺体には電話帳配布用のポリ袋が付着しており、有力な遺留品として聞き込み捜査などが行われたようですが特定には至らなかったようです。また、警察が一度捜索を行った大学付近の側溝から被害者の靴が見つかるなど、不可解な出来事もありました。

被害者の顔面には殴打された形跡があり、内出血もしていました。左頬には足で踏まれた跡が見られ、胴体は焼かれており、あまりにも残忍で冷酷な犯行だったことから周辺住民の不安も大きかったと思います。しかし、犯人につながる証拠が見つからず、長らく真犯人を見つけるには至りませんでした。しかし、控訴時効が撤廃された現代社会では逃げ得を許しません。そして、犯行を裏付ける証拠がやっと見つかった事を受け、既に死亡している男を容疑者死亡のまま書類送検することになったようです。

容疑者の男は平岡さんの遺体が見つかった2日後に、山口県内の高速道路で事故死していました。死亡時は30代で会社員だったそうです。男の遺品から行方不明になった後の平岡さんを撮影した画像が見つかっており、周囲にも「大変なことをした」と漏らしていた事から、男の犯行であることを強く示唆しています。殺害した上で遺体をバラバラに切断にし、それを遺棄すると言うあまりにも痛ましい事件ではありましたが、意外な結末を迎えることになりました。

ただ、遺体の損壊の仕方があまりにも猟奇的である事、動機がまだ解明されていない事など、不可解な点がまだ残されております。事故死した男の身元は明らかにされていませんが、一説には親子で事故死をしていたとの情報もあり、情報が錯綜しています。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4162: by カズ on 2016/12/17 at 15:16:48

こんにちは
この事件当時結構大きく報道されたので
覚えています
警察も継続して捜査していたのでしょうけど
なんで今頃なのでしょうね
いろいろ謎ありますね 

4168: by 管理人です on 2016/12/18 at 17:53:55

容疑者の男はごく普通の会社員で、
特に変わった様子もなかったと言います。
実家が米屋だそうで、そこが配っていた
電話帳の袋が遺棄現場にあったものと一緒
だったみたいです。

この事件は異常過ぎたんですよね。遺体の
損壊具合がそれまでのどの事件と比べても
かなり残虐でしたし、犯人はどんな変質者
なのかずっと気になっていました。忘れた
くても忘れることが出来ないほど、恐怖と
怒りを感じた事件でもありました。

まさか、こんな幕引きになるとは思いも
しませんでしたが。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]