トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

女優の清水富美加さん、 千眼美子に改名して芸能界引退

千眼美子って「せんげんよしこ」と読むそうですよ。由来は千手千眼観音菩薩なんだとか。しかし、幸福の科学かあ・・・それも一家揃ってとは、うーん。

にしても、レプロエンタテインメントの所属タレントって何かと話題は作るけど、まさかの宗教絡みとは恐れ入りましたよ。突然の予告や相次ぐ番組への出演休止決定・・・、一体どうしたのだろうと思っていたらこれですか。そりゃあ、覚悟の上で引退&出家を決めたのでしょうけど、すっかり事務所の対応が後手に回っている印象です。

能年玲奈の独立騒動では週刊文春に「NHK連続テレビ小説『あまちゃん』出演時に、毎月たったの5万円しかギャラが支払われず、下着を買う現金すら持ち合わせていなかった」と書かれるなど、何かと曰くつきの事務所。社長に睨まれたら厳しい扱いが待っているらしい。スポンサーや雑誌社への対応よりも自社の都合を最優先していると言う話や、怖い顔をした人がインタビューの内容にも口を出すと言った、あまり好ましくない話が出てくる会社だとか。

中でもレプロの稼ぎ頭の一人である新垣結衣さんは、今回の騒動をどう感じているのでしょう。能年さんなんか、未だに事務所の公式サイトに掲載されているけど、干して芸能界を追い出したのではなかったのか。芸名でもある本名を使わせないと圧力を掛けたり、何かと陰湿な会社であるように見受けられます。

そんな中、今度は清水富美加の引退騒動です。会社の評判に赤信号が付き始めている証拠でしょう。既に意外なところから瓦解が始まっているのかもしれません。

(追記)
その後の情報では、給与体系や仕事の内容などに不満がたまっていたらしいですね。ある記事によれば「嫌な仕事、意に沿わない仕事の典型が、水着のDVDです。性的対象になるのが嫌で、事前に拒否していたにも関わらず、もう決まっていると入れられてしまった」「写真集でブルマーやスクール水着を着なければいけないのは、かなりのショックだったと話している」と、事務所の対応にかなり問題があったことが綴られています。

このレプロと言う会社は、人材を潰す芸能事務所なのでしょうか。女性の尊厳とか崇高な理念とか堅苦しい擁護をするつもりはありませんが、もう少し芸能人と言う商材を大切に扱う事は出来ないものか。やはり、社長の人となりが経営方針や人の扱い方に表れてくるのでしょうね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]